577件中 51 - 60件表示
  • スカ・コリュ

    スカ・コリュから見たエクアドルエクアドル

    似たような構造を持つ畑に、メキシコのチナンパがある。また、ボリビアのアマゾン地域、ベニ県のモホスでも、壮大な盛り畑農耕や堤道を見ることができる。スカ・コリュと同じような堀を備えた盛り畑農耕は、アメリカ大陸だけでも、北米南部から中米、南米ではコロンビアやエクアドル、スリナムなどの湿地帯に多く広がっている。スカ・コリュ フレッシュアイペディアより)

  • ピラミッド・アイ・タブレット

    ピラミッド・アイ・タブレットから見たエクアドルエクアドル

    ピラミッド・アイ・タブレットとは、エクアドルのラ・マナで発見されたとされる石造のオーパーツである。個人の所有物であり、2001年にウィーンで行われたオーパーツの展覧会「未解明の謎展」で初めて一般に公開された。ピラミッド・アイ・タブレットやピラミッド・ストーン、ラ・マナの光のピラミッド(La piramide di luce di La Mana)など、各媒体ごとに異なった名称で紹介されている。ピラミッド・アイ・タブレット フレッシュアイペディアより)

  • アマゾナス

    アマゾナスから見たエクアドルエクアドル

    エクアドルのアマゾナス地区。現在はエクアドルの県であるが、隣接国であるペルーが領有を主張している。アマゾナス フレッシュアイペディアより)

  • 軍事国家

    軍事国家から見たエクアドルエクアドル

    エクアドル(1876-1883、1937-1938、1963-1966、1972-1979)軍事国家 フレッシュアイペディアより)

  • ロンダドール

    ロンダドールから見たエクアドルエクアドル

    ロンダドール()とはエクアドルで用いられるパンパイプである。ロンダドール フレッシュアイペディアより)

  • 古代道路

    古代道路から見たエクアドルエクアドル

    アメリカ大陸では、南アメリカのインカ帝国が大規模な道路網を建設していた。これをインカ道(Inca road systems)という。インカ道は、標高0メートルの海岸部と標高5000メートルのアンデス山脈に沿って整備され、北は現在のキト(エクアドル)付近から南は現在のサンチャアゴ(チリ)付近までを網の目のように結び、総延長は4万キロメートルにも及ぶ。古代道路 フレッシュアイペディアより)

  • ペルー地震 (2007年)

    ペルー地震 (2007年)から見たエクアドルエクアドル

    この地震でペルー、エクアドル、チリ、コロンビア、さらに遠くハワイにまで津波警報(tsunami warning)が発せられた。警報はのちに解除されたが、ペルー中部の港湾都市カヤオの一部住民は避難を行った。津波警報は中米のパナマ、コスタリカでも発令され、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドル、メキシコ、ホンジュラスなどでも津波注意報(tsunami watch)が出された。警報・注意報は25cmほどの津波が去った後解除された。ペルー地震 (2007年) フレッシュアイペディアより)

  • イボン・ペトラ

    イボン・ペトラから見たエクアドルエクアドル

    1939年に第2次世界大戦が勃発し、ペトラはフランス陸軍の兵士となった。戦闘中に足に大怪我を負い、戦争捕虜となる。足の切断もあり得るほどの怪我だったが、ドイツ人の医師の手当てが功を奏し、彼の足は無事に回復した。世界大戦が1945年に終結した後、1946年からテニス4大大会も再開され、ペトラはテニス界に復帰する。終戦後最初の全仏選手権で、ペトラはマルセル・ベルナールとペアを組み、8年ぶり2度目の男子ダブルス優勝を果たした。決勝の相手はパンチョ・セグラ(エクアドル)&エンリケ・モレア(アルゼンチン)組であった。シングルスでも初の準決勝に進み、ダブルス・パートナーのベルナールに 7-5, 2-6, 3-6, 7-5, 2-6 で敗れる。続くウィンブルドン選手権で、イボン・ペトラは終戦後最初のウィンブルドン男子シングルス優勝者になった。第5シードから勝ち上がったペトラは、決勝で第3シードのジェフ・ブラウン(オーストラリア)を 6-2, 6-4, 7-9, 5-7, 6-4 で破り、生涯最高の栄冠を獲得した。イボン・ペトラ フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ジャンプ・デー

    ワールド・ジャンプ・デーから見たエクアドルエクアドル

    アメリカ・カナダ東部、キューバ、バハマ、ジャマイカ、ハイチ、コロンビア、エクアドル、ペルーなどワールド・ジャンプ・デー フレッシュアイペディアより)

  • エル=オペーニョ文化

    エル=オペーニョ文化から見たエクアドルエクアドル

    エル=オペーニョ文化は、コリマ州からハリスコ州南端部のアルメリア川流域のカパチャ(Capacha)やメキシコ中央高原のトラティルコともつながりがあったと考えられている。また、土器のタイプや独特な竪坑墓(shaft tomb)などの類似点が見られるため、エル=オペーニョとカパチャの人々は当時のエクアドルとの文化的な接触があったのではと考える研究者もいる。エル=オペーニョ文化の墓と葬送儀礼に用いられた副葬品は、いわゆるカパチャ相(Capacha Phase)ないしカパチャ土器複合(-Ceramic Complex)に属する時期、紀元前1500年?同1300年前後のもので、場所は特定されていないもののエル=オペーニョの人々が住んだ場所からそれほど遠くない場所で起こった火山活動の年代に一致しており、竪坑墓もその時期に噴出した火山灰を用いて埋められていた。後述するようにエル=オペーニョ文化の竪坑墓については、年代に関する論争があったが、現在はメキシコ西部の典型的な墓の形態である竪坑墓のもっとも初期の形態と位置づけられている。エル=オペーニョ文化 フレッシュアイペディアより)

577件中 51 - 60件表示

「エクアドル」のニューストピックワード