204件中 101 - 110件表示
  • エクアドル

    エクアドルから見たスペイン料理

    地形の多様性に伴い、食文化も地域によって異なる。さらに、先住民の食文化と中華料理やスペイン料理、イタリア料理、フランス料理、ファストフードなどの世界各国からの移民や黒人の食文化が融合し、エクアドルの食文化は非常に地方色豊かとなっている。ただし、エクアドルはケチュア系の人々が多く暮らす国ではあるが、ペルー、ボリビアとは違ってエクアドルではコカ栽培は非合法であるため、コカ茶は飲めない。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たサルサ (音楽)

    エクアドルの音楽は、シエラの先住民系音楽、メスティーソ音楽、アフリカ系音楽に三大別される。また、ニューヨーク生まれのサルサや、コロンビア生まれのクンビア、バジェナート、ベネズエラ経由でもたらされたメレンゲなども広く愛好されている。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たアンデス共同体

    2013年のエクアドルのGDPは約937億ドルであり、広島県よりやや小さい経済規模である。同年の一人当たりのGDPは5,943ドルである。アンデス共同体の加盟国、メルコスールの準加盟国であり、南米連合の加盟国でもあり、南米連合の事務局がキトに置かれている。2000年からエクアドルは自国の通貨をスクレからUSドルに切り替えた。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た熱帯雨林

    中央のアンデス山脈が縦断している地域をシエラ (La Sierra)、太平洋岸の亜熱帯低地をコスタ (La Costa)、東部のアマゾン川上流熱帯雨林が広がる地域をオリエンテ (El Oriente) と呼ぶ。また、太平洋上にガラパゴス諸島を領有している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たセリエA (エクアドル)

    多くのラテンアメリカ諸国と同様に、エクアドルでもサッカーが大変盛んである。1957年にプロリーグが創設された。主なプロクラブとしては2008年のFIFAクラブワールドカップで準優勝に輝いたLDUキト、エル・ナシオナル、CSエメレク、コパ・リベルタドーレスで2度の準優勝経験があるバルセロナSCなどが挙げられる。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た魔術的リアリズム

    キューバ革命後のラテンアメリカでは魔術的リアリズムが影響力を持ったが、エクアドルもその例外ではなかった。1970年代以降の現代小説においては、『マルクスと裸の女の間に』(1976)でフリオ・コルタサルに勝るとまでの反響を得たホルヘ・エンリケ・アドウムや、ベラスコ・マッケンジー、アリシア・ヤネス・コシーオ、『鷲はなぜ飛び去ってしまったのか』(1979)でアメリカ留学帰りのインディオエリート知識人のアイデンティティの葛藤を描いたグスタボ・アルフレド・ハコメ、『塵と灰』(1979)でピカレスクを義賊として描いたエリエセル・カルデナスなどが有名である。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たサッカー

    多くのラテンアメリカ諸国と同様に、エクアドルでもサッカーが大変盛んである。1957年にプロリーグが創設された。主なプロクラブとしては2008年のFIFAクラブワールドカップで準優勝に輝いたLDUキト、エル・ナシオナル、CSエメレク、コパ・リベルタドーレスで2度の準優勝経験があるバルセロナSCなどが挙げられる。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た大統領

    大統領を元首とする共和制国家であり、行政権は大統領に属し、大統領の任期は4年、今まで再選は禁止されていたが2008年の憲法改正で再選が可能となった。現行憲法は2008年憲法である。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たカナダ

    エクアドルは非常に多様性に富んだ国である。2007年の時点では、国内で最も多い民族集団は国民の67%を占めるメスティーソであり、2番目に多いのは22%を占めるインディヘナとなり、白人が12%を、ムラートやサンボを含んだアフリカ系エクアドル人が8%を占める。また、特にイタリア、スペイン、アメリカ合衆国、カナダ、日本には出稼ぎエクアドル人のコミュニティがあり、2007年の時点で約250万人のエクアドル人が海外で暮らしていると推測されている。国民の多くはコスタやシエラに住み、オリエンテには国民の3-5%ほどしか居住していない。エクアドルの移民の出身地としてはスペイン、フランス、ドイツ、レバノン(レバノン系エクアドル人)、イタリアなどが挙げられる。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たドイツ

    エクアドルは非常に多様性に富んだ国である。2007年の時点では、国内で最も多い民族集団は国民の67%を占めるメスティーソであり、2番目に多いのは22%を占めるインディヘナとなり、白人が12%を、ムラートやサンボを含んだアフリカ系エクアドル人が8%を占める。また、特にイタリア、スペイン、アメリカ合衆国、カナダ、日本には出稼ぎエクアドル人のコミュニティがあり、2007年の時点で約250万人のエクアドル人が海外で暮らしていると推測されている。国民の多くはコスタやシエラに住み、オリエンテには国民の3-5%ほどしか居住していない。エクアドルの移民の出身地としてはスペイン、フランス、ドイツ、レバノン(レバノン系エクアドル人)、イタリアなどが挙げられる。エクアドル フレッシュアイペディアより)

204件中 101 - 110件表示

「エクアドル」のニューストピックワード