190件中 31 - 40件表示
  • エクアドル

    エクアドルから見たアマゾン川

    中央のアンデス山脈が縦断している地域をシエラ(La Sierra)、太平洋岸の亜熱帯低地をコスタ(La Costa)、東部のアマゾン川上流熱帯雨林が広がる地域をオリエンテ(El Oriente)と呼ぶ。また、太平洋上にガラパゴス諸島を領有している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たコパ・リベルタドーレス

    多くのラテンアメリカ諸国と同様に、エクアドルでもサッカーが大変盛んである。1957年にプロリーグが創設された。主なプロクラブとしては2008年のFIFAクラブワールドカップで準優勝に輝いたLDUキト、エル・ナシオナル、CSエメレク、コパ・リベルタドーレスで2度の準優勝経験があるバルセロナSCなどが挙げられる。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たマグロ

    また、エクアドル沖は好漁場であり、コスタではエビ、マングローブガニが水揚げ、ガラパゴス沖ではマグロなどが漁獲されている。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たコーヒー

    主食となる作物は、米(138万トン、以下2005年)、トウモロコシ(75万トン)、ばれいしょ(42万トン)、キャッサバ(12万トン)が主力。商品作物では、世界第4位のバナナ(588万トン、世界シェア8.1%)、同7位のカカオ(14万トン、3.6%)、コーヒー(10万トン、1.3%)。世界シェアは低いもののサトウキビの生産量は566万トンに達し、単一の作物としてはバナナに次ぐ。畜産業は馬に集中している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たワイナ・カパック

    このような諸文化は最終的に、15世紀半ばにクスコを拠点に急速に拡大していたタワンティンスーユ(インカ帝国)の皇帝トゥパク・インカ・ユパンキの遠征によって征服され、キトはクスコに次ぐ帝国第二の都市として栄えた。1527年に皇帝ワイナ・カパックがスペイン人によってパナマからもたらされたヨーロッパの疫病で病死すると、キトで育った皇帝アタワルパは皇位継承権などを巡ってクスコのワスカルと戦い、勝利したが、疲弊した帝国にまもなく上陸するスペイン人との戦いを余儀なくされた。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た世界遺産

    エクアドル国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が2件存在する。詳細は、エクアドルの世界遺産を参照。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たナポレオン1世

    1789年に勃発したフランス革命以降のヨーロッパでの政変、そして1808年にフランス皇帝ナポレオン1世が兄のジョゼフ・ボナパルトをスペイン王ホセ1世として即位させると、それに反発する住民蜂起を契機にスペイン独立戦争が勃発した。インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たジョゼフ・ボナパルト

    1789年に勃発したフランス革命以降のヨーロッパでの政変、そして1808年にフランス皇帝ナポレオン1世が兄のジョゼフ・ボナパルトをスペイン王ホセ1世として即位させると、それに反発する住民蜂起を契機にスペイン独立戦争が勃発した。インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たエビ

    コスタでは主にコメ、バナナ、ユカイモ、魚、エビ、貝類などを主食としている。中でも有名なのがセビッチェといわれる、冷たいエビや貝などのスープであり、ペルーのそれとは名前が同じだけで味は異なる。その他にもアロス・コン・ポジョやアロス・コン・マリネーロなど、周辺国と似た料理が食べられている。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たコメ

    コスタでは主にコメ、バナナ、ユカイモ、魚、エビ、貝類などを主食としている。中でも有名なのがセビッチェといわれる、冷たいエビや貝などのスープであり、ペルーのそれとは名前が同じだけで味は異なる。その他にもアロス・コン・ポジョやアロス・コン・マリネーロなど、周辺国と似た料理が食べられている。エクアドル フレッシュアイペディアより)

190件中 31 - 40件表示

「エクアドル」のニューストピックワード