190件中 61 - 70件表示
  • エクアドル

    エクアドルから見たカカオ

    この頃からエクアドルはカカオを中心としたプランテーション経済により、世界経済に従属的な立場で組み込まれていったが、このことがコスタでのプランテーションの発達は自由主義を求めるグアヤキルの資本家層の権力の拡大をもたらした。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たグアヤキル

    エクアドル共和国(エクアドルきょうわこく)、通称エクアドルは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、東と南にペルーと国境を接し、西は太平洋に面する。本土から西に1,000km程離れたところにガラパゴス諸島(スペイン語ではコロン諸島:Archipiélago de Colón)を領有する。首都はキト。最大の都市はグアヤキル。なお、国名のエクアドルはスペイン語で赤道を意味する。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たインカ帝国

    このような諸文化は最終的に、15世紀半ばにクスコを拠点に急速に拡大していたタワンティンスーユ(インカ帝国)の皇帝トゥパク・インカ・ユパンキの遠征によって征服され、キトはクスコに次ぐ帝国第二の都市として栄えた。1527年に皇帝ワイナ・カパックがスペイン人によってパナマからもたらされたヨーロッパの疫病で病死すると、キトで育った皇帝アタワルパは皇位継承権などを巡ってクスコのワスカルと戦い、勝利したが、疲弊した帝国にまもなく上陸するスペイン人との戦いを余儀なくされた。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たイタリア

    EUとの関係も重要であり、スペイン、イタリアに多くのエクアドル人が出稼ぎに出ている。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た親米

    1979年にキリスト教民主主義の人民勢力結集党からハイメ・ロルドス・アギレーラが当選し、軍事政権から民政移管したが、エクアドルの民主政治は前途多難だった。1984年の大統領選挙ではレオン・フェブレス・コルデーロが当選した。フェブレスは親米政権を推進した。1987年には大地震によって多数の犠牲者を出し、また、石油パイプラインも破壊された。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たアンデス危機

    2006年11月の大統領選挙で、ポプリスモ的な政策に訴えたラファエル・コレアが国民から圧倒的な支持を得て勝利し、2007年に大統領に就任した。コレアは反米を旗印に自主外交を進め、ベネスエラのチャベス政権をはじめとする世界の反米政権との友好的関係の構築や、石油出国機構(OPEC)への再加盟などに尽力した。2008年3月3日、コロンビアのウリベ親米政権が3月1日にコロンビア革命軍(FARC,反政府武装組織)征討作戦をエクアドル領内で行ったことに反発し、コロンビアに対し両国の外交関係を断絶することを通告し、公式発表した(アンデス危機)。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たレバノン

    1996年にはレバノン系のアブダラ・ブカラムが大統領に就任した。しかし、エクアドルにおける初のアラブ系大統領は奇行を繰り返したために失脚し、1998年に同じくレバノン系のハミル・マワが大統領に就任した。マワは10月26日にブラジリア議定書でアマゾン地域を放棄することを認め、1942年以来続いたペルーとのアマゾン地域を巡る国境紛争はエクアドルの敗北という形で幕を閉じた。2000年1月5日、マワは非常事態宣言を行い、1月9日にそれまでの通貨だったスクレからUSドルに通貨を変更するドル化政策発表した。同年9月にマワは失脚し、アルバロ・ノボアが大統領に就任した。政治は安定せず、2003年には軍と先住民組織の支持により、ルシオ・グティエレスが大統領に就任したが、2005年に失脚した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た枯葉剤

    太平洋岸の港湾都市マンタにはアメリカ空軍の基地(マンタ空軍基地)が存在し、コロンビアへの枯葉剤散布作戦などを行っていたが2009年9月、賃貸期限が切れ、政府も更新を認めなかったことから撤退した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た石油

    この状況を打破するために、ギジェルモ・ロドリゲス・ララ将軍が決起し、軍事評議会による革命的国民主義政権が樹立された。ロドリゲス将軍は外国資本、特に開発が進められていたアマゾン地域の石油の国有化を通してエクアドル経済の自立的発展や、農地改革を行い、キューバや東側諸国との友好関係を築き、1973年には石油輸出国機構(OPEC)に加盟するなど自主外交が行われたが、こうした政策により自らの政治的な立場が危うくなる寡頭支配層と結んだ軍保守派が1976年にクーデターを起こすと、ロドリゲス将軍は失脚した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たコロンビア

    エクアドル共和国(エクアドルきょうわこく)、通称エクアドルは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、東と南にペルーと国境を接し、西は太平洋に面する。本土から西に1,000km程離れたところにガラパゴス諸島(スペイン語ではコロン諸島:Archipiélago de Colón)を領有する。首都はキト。最大の都市はグアヤキル。なお、国名のエクアドルはスペイン語で赤道を意味する。エクアドル フレッシュアイペディアより)

190件中 61 - 70件表示

「エクアドル」のニューストピックワード