エジプト文明 ニュース&Wiki etc.

古代エジプト(こだいエジプト)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的には紀元前3000年に始まった第1王朝から紀元前30年にプトレマイオス朝が滅亡しローマ帝国の支配下に入るまでの時代を指す。 (出典:Wikipedia)

「エジプト文明」Q&A

  • Q&A

    【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給され…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年11月24日 00:59

  • Q&A

    テレビ朝日新人シナリオ大賞が〆切2週間に迫る。映画部門。 ここ2週間ほど冒頭のシナリ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 22:27

  • Q&A

    幾何学って日常生活ではそう使いませんよね。 よく参考書なんかでは古代バビロニアやエジ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月19日 21:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「古代エジプト」のつながり調べ

  • オーロックス

    オーロックスから見た古代エジプト

    かつてはユーラシア全体および北アフリカで見られたが、生息していた各地で開発による生息地の減少や食用などとしての乱獲、家畜化などによってオーロックスは消滅していった。南アジアでは歴史時代の比較的早期に姿を消し、また、メソポタミアでもペルシア帝国が成立する時代には絶滅していたと見られる。北アフリカでも古代エジプトの終焉と同時期にやはり姿を消している。中世にはすでに現在のフランス・ドイツ・ポーランドなどの森林にしか見られなくなっていた。16世紀には各地にオーロックスの禁猟区ができたが、それは単に諸侯が自らが狩猟する分を確保するために設けたものでしかなかったため、獲物を獲り尽くすとともに閉鎖された。最後に残ったのはポーランドのヤクトルフ(Jaktorów)にある保護区であったが、そこでも密猟によってオーロックスの数は減り続け、1620年には最後の1頭となってしまった。その1頭も1627年に死亡が確認され、オーロックスは絶滅した。(オーロックス フレッシュアイペディアより)

  • アッシュール・ウバリト2世

    アッシュール・ウバリト2世から見た古代エジプト

    彼はエジプト王ネコ2世と同盟を結び、新バビロニアのネブカドネザル2世と戦った。エジプト軍は新バビロニアと縁戚関係を結んでいたユダ王国を攻略し、アッシリアの救援に向かったがでエジプト軍が敗走するとアッシリアの置かれた状況も悪化した。(アッシュール・ウバリト2世 フレッシュアイペディアより)

「古代エジプト」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「エジプト文明」のニューストピックワード