前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
865件中 1 - 10件表示
  • ヘビ

    ヘビから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの歴代ファラオは、主権、王権、神性の象徴として蛇形記章を王冠に戴いた。ヘビ フレッシュアイペディアより)

  • オリエント学

    オリエント学から見た古代エジプト古代エジプト

    1799年 - エジプトでロゼッタ・ストーンが発見される。オリエント学 フレッシュアイペディアより)

  • 音素文字の歴史

    音素文字の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    音素文字の歴史(おんそもじのれきし)は、文字の歴史のはじまりから千年以上も下った古代エジプトに始まる。紀元前2000年頃に、初めて独立した音素文字が出現した。これは、エジプトのセム人労働者が言語を表現するのに使ったもので、エジプトヒエログリフの表音的な部分から派生したものだった (ワディ・エル・ホル文字と原シナイ文字参照)。今日の音素文字のほとんどは、この文字体系の直系の末裔 (たとえばギリシア文字、ラテン文字など) であるか、少なくともそれらのアルファベットに影響を受けて生まれて変化したものである。音素文字の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アナログ計算機

    アナログ計算機から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前3500年頃 - バビロニア、エジプトで日時計が利用される。アナログ計算機 フレッシュアイペディアより)

  • シュッピルリウマ1世

    シュッピルリウマ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ヒッタイト王の即位期間や年代を確定することは、史料に年代を窺わせる言及が少ないため至難の業である。シュッピルリウマ1世の場合、息子ムルシリ2世の治世9/10年目に日食が発生したことが記録されている。編年研究の進んでいるエジプトやメソポタミアの諸王との書簡のやり取りの分析に基づく同時代性を考慮しながら、この皆既日食の可能性を計算すると、紀元前1335年2月28日と、紀元前1312年6月12日という数字が得られる。それにムルシリとその父シュッピルリウマの年齢や在位期間を勘案して計算すると、シュッピルリウマの在位期間は中位年代編年で紀元前1355年頃‐紀元前1320年頃、高位年代編年で紀元前1370年頃‐紀元前1336年頃という数字が導き出される。しかしいずれも推定に過ぎないことに留意しなくてはならない。シュッピルリウマ1世 フレッシュアイペディアより)

  • トランプ

    トランプから見た古代エジプト古代エジプト

    起源は諸説あり、はっきりとはわかっていない。古くは古代エジプトに由来するとする説などが存在していたが、現在中国説が最も有力であり、また、全て東方に発生したものが欧州に移入されたとする点では一致している。これら東方に発生したものを西アジア方面から復員した十字軍やサラセン人などの手によって欧州に伝えられた可能性が高い。トランプ フレッシュアイペディアより)

  • 旅芸人

    旅芸人から見た古代エジプト古代エジプト

    動物の芸、人間の曲芸を見世物とするサーカスの原型は古代エジプト時代であり、円形の劇場において実施するようになったのは古代ローマ時代からとされている。旅芸人 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見た古代エジプト古代エジプト

    次に、メソポタミア、地中海世界(古代エジプト、古代ギリシャ、ヨーロッパ)、そしてアジアでの薬用植物の歴史を辿ることにする。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 箕

    から見た古代エジプト古代エジプト

    箕という農具を持たない文化圏において、唐箕など機械式の脱穀道具(脱穀機)がもたらされる以前の時代に、つまり先史の時代より、どのように脱穀していたのかと言えば、それらの多くは、園芸用スコップ型(柄の短いショベル型)あるいはそれに長い柄を付けたショペル型とも言える形状の道具、もしくは、英語で "winnowing fork" と呼ばれるフォーク状の道具あるいはフォーク状の道具に長い柄が付いたものが用いられてきた(大昔から使われており、今も地域によっては使われ続けている)。使い方で箕との違いはほとんど無く、すくって宙に舞わせ、風で小片を吹き飛ばすというものである。古代エジプトでは、英語で "winnowing fork" に分類されるフォーク状の道具を手に持って叩くようにして脱穀を行っていたことが知られている。 フレッシュアイペディアより)

  • 時計の歴史

    時計の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    何千年にもわたって時計は時間を計り、その経過を追うために用いられてきた。現在使われている六十進法の時間単位は紀元前約2000年にシュメールで考えられたものである。1日を12時間2組に分けたのは古代エジプト人で、巨大なオベリスクの影を日時計に見立てたことが起源である。彼らはルクソール近郊にあるアメン=ラーの地でおそらく最初に使われたとされる水時計も作っている。水時計は後にエジプト以外でも用いられるようになり、古代ギリシアではこれをクレプシドラの名で呼んでいた。同じころ、古代中国の殷では、水があふれる仕組みを利用した水時計が発明された。この水時計の技術はメソポタミアから紀元前2000年ごろにもたらされたものと考えられている。その他、中国、日本、イギリス、イラクではロウソク時計も使われており、インド、チベット、一部ヨーロッパでは日時計が広く使われていた。砂時計も使われていた。初期の時計は日時計が多く、曇りや夜には使うことができなかった。よく使われたのはグノモン と呼ばれる形のものであったが、あくまで日時計なので、緯度で値が変化した。時計の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
865件中 1 - 10件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード