前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1152件中 1 - 10件表示
  • オンム・セティ

    オンム・セティから見た古代エジプト古代エジプト

    7歳になると、雑誌に掲載された古代エジプトの写真にアビュドスにあるセティ1世の神殿を見つけたドロシーは「ここが私の家よ!ここに住んでいたの!」と叫び「でも、どうしてみんな壊れているの?庭はどこ?」と不思議そうに尋ねた。オンム・セティ フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト建築

    古代エジプト建築から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプト建築(こだいエジプトけんちく)は、古代エジプトにおける建築である。歴史上最も他の文明に影響を与えた文明である古代エジプトは、ナイル川の川岸に多様な建築物と巨大な記念碑を極めて多数建造した。それらの中で最も巨大で有名なものはギザのピラミッドとギザのスフィンクスである。古代エジプト建築 フレッシュアイペディアより)

  • ヘビ

    ヘビから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの歴代ファラオは、主権、王権、神性の象徴として蛇形記章を王冠に戴いた。ヘビ フレッシュアイペディアより)

  • 外交官

    外交官から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前1370年頃生。バビロニア(:en:Babylonia)の王(紀元前1359年-紀元前1333年)。アマルナ文書(:en:Amarna letters)に含まれる外交書簡を、古代エジプトのアメンホテプ4世(イクナートン、 :en:Akhenaten)に送る。この書簡の内容は、アッシリアのアッシュール・ウバリト1世 がアメンホテプ4世に書簡を送ったことについて、アッシリアは自らの臣下に過ぎないとして、相手にしないよう忠告するものである。外交官 フレッシュアイペディアより)

  • 音素文字の歴史

    音素文字の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    音素文字の歴史(おんそもじのれきし)は、文字の歴史のはじまりから千年以上も下った古代エジプトに始まる。紀元前2000年頃に、初めて独立した音素文字が出現した。これは、エジプトのセム人労働者が言語を表現するのに使ったもので、エジプトヒエログリフの表音的な部分から派生したものだった(ワディ・エル・ホル文字と原シナイ文字参照)。今日の音素文字のほとんどは、この文字体系の直系の末裔(たとえばギリシア文字、ラテン文字など)であるか、少なくともそれらのアルファベットに影響を受けて生まれて変化したものである。音素文字の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オリエント学

    オリエント学から見た古代エジプト古代エジプト

    1799年 - エジプトでロゼッタ・ストーンが発見される。オリエント学 フレッシュアイペディアより)

  • シュッピルリウマ1世

    シュッピルリウマ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ヒッタイト王の即位期間や年代を確定することは、史料に年代を窺わせる言及が少ないため至難の業である。シュッピルリウマ1世の場合、息子ムルシリ2世の治世9/10年目に日食が発生したことが記録されている。編年研究の進んでいるエジプトやメソポタミアの諸王との書簡のやり取りの分析に基づく同時代性を考慮しながら、この皆既日食の可能性を計算すると、紀元前1335年2月28日と、紀元前1312年6月12日という数字が得られる。それにムルシリとその父シュッピルリウマの年齢や在位期間を勘案して計算すると、シュッピルリウマの在位期間は中位年代編年で紀元前1355年頃 - 紀元前1320年頃、高位年代編年で紀元前1370年頃 - 紀元前1336年頃という数字が導き出される。しかしいずれも推定に過ぎないことに留意しなくてはならない。シュッピルリウマ1世 フレッシュアイペディアより)

  • アナログ計算機

    アナログ計算機から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前3500年頃 - バビロニア、エジプトで日時計が利用される。アナログ計算機 フレッシュアイペディアより)

  • シリウス

    シリウスから見た古代エジプト古代エジプト

    シリウスはまた、おおいぬ座にあることから、Dog Starとも呼ばれている。なお、古代エジプトでは、ナイル川の氾濫時期を知らせてくれる星として、非常に重要な働きをしていた(エジプト神話・ナイル川およびソプデトも参照)。また、南半球のポリネシア人は太平洋上の航海において、冬の到来を示す重要な役目を果たした。シリウス フレッシュアイペディアより)

  • 王家の紋章

    王家の紋章から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプトに留学中の主人公―キャロル・リードは、日々熱心に考古学を学ぶ16歳のアメリカ人。ある日、リード家が貢献する事業の一環として若くして暗殺された古代エジプト王(ファラオ)―メンフィスの墓を暴いたため、彼女は神殿の祭祀であったメンフィスの姉―アイシスの呪術により、古代エジプトにタイムスリップしてしまう。王家の紋章 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1152件中 1 - 10件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード