865件中 91 - 100件表示
  • ウィルヘルム・ヴォリンガー

    ウィルヘルム・ヴォリンガーから見た古代エジプト古代エジプト

    ヴォリンガーはそこから進んでヨーロッパの美学がその範例をギリシア・ローマ古典芸術やルネサンス以降の芸術に求めていたために、古代エジプトや、中世のビザンチン美術・ゴシック芸術や東洋美術を正当に評価できなかったことを明らかにした。ウィルヘルム・ヴォリンガー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ペティグルー

    トーマス・ペティグルーから見た古代エジプト古代エジプト

    トーマス・ペティグルー(Thomas Joseph Pettigrew、1791年 - 1865年)は、イギリスの外科医・古物収集家であり、古代エジプトミイラの専門家となった人物。"Mummy" Pettigrew(マミー・ペティグルー、「ミイラ野郎ペティグルー」の意?)の異名を持つ。彼は、私的なパーティーを開いては発掘され検死されたミイラを展示して来客を楽しませたことで、ロンドンの社交界では有名だった。トーマス・ペティグルー フレッシュアイペディアより)

  • 比較神話学

    比較神話学から見た古代エジプト古代エジプト

    ローラシア神話とは、インドから東に向かって東南アジア、中国、日本、シベリア、 北米、中米、南米に向かう流れや、インドからユーラシア内陸に向かう流 れ、そしてインドから西に向かってレバント、ヨーロッパそして一部は北アフリカにも向かった流れに共通する神話群を指す 。ローラシア神話の特徴としては、宇宙と世界の起源、神々の系譜、半神的英雄の時代、人類の出現、王の系譜の起源、世界の暴力的な終末(または復活)などが共通しており、またこの神話グループにおいては、宇宙は人体に似た生物と捉えられており、原初の近親相姦から誕生し、成長し、滅亡するパターンが認められる。このローラシア神話に属するものは、ウラル、アルタイ、日本、インド・ヨーロッパ、オース トリック(東南アジアとポリネシア)、古代エジプト、メソポタミア、中国、アメリカ先住民(アタバスカン、ナバホ、アルゴンキン、アステカ、 マヤ、インカ、アマゾン、ティエラデルフエゴ)の神話がある。比較神話学 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教の年表

    宗教の年表から見た古代エジプト古代エジプト

    前1367 :古代エジプトの王イクナートンは宗教に一神教と言う概念を導入したと考えられている。宗教の年表 フレッシュアイペディアより)

  • サー・ジョン・ソーンズ美術館

    サー・ジョン・ソーンズ美術館から見た古代エジプト古代エジプト

    ソーンのコレクションの大部分を占めるのは、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマの建築物の破片や装飾品などである。石細工、石彫をはじめとして、ブロンズ作品、テラコッタや陶磁器、宝石、中世のステンドグラスなどがコレクションに並ぶ。サー・ジョン・ソーンズ美術館 フレッシュアイペディアより)

  • シリング酸

    シリング酸から見た古代エジプト古代エジプト

    シリング酸は赤ワインに含まれるマルビジンの分解産物でもあり、古代エジプトの飲料shedehにシリング酸が存在していたことから、この飲料がブドウから作られていたことが明らかとなった。シリング酸 フレッシュアイペディアより)

  • ラプソディ・オブ・ザ・シーズ

    ラプソディ・オブ・ザ・シーズから見た古代エジプト古代エジプト

    就航は1997年。開閉式天井のガラス張りソラリウム、4層吹き抜けのアトリウム「セントラム」、2階建てのメインダイニング、船尾のロッククライミングウォール、古代エジプトをテーマにしたスパ&プールなど、ユニークな施設が多数あるクルーズ客船である。ラプソディ・オブ・ザ・シーズ フレッシュアイペディアより)

  • 臼

    から見た古代エジプト文明古代エジプト

    古代エジプト文明においてはこの方法で小麦を製粉し、パンを焼いた。そのありさまは多くの土偶や壁画に残されている。新石器時代の中国や朝鮮の遺跡からもこのサドルカーンは出土しているが、この方法での製粉は長時間の不自然な姿勢による重労働を強いられ、腰痛の原因ともなった。そのため後述されるロータリーカーンが発明されるや、たちまち衰退した。しかしロータリーカーンが伝来しなかったサハラ砂漠以南の「ブラックアフリカ」では、20世紀後半になってもこのサドルカーンでの製粉作業が連綿と行われていた。 フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た古代エジプト古代エジプト

    もともと足で球やボールを蹴る行為はサッカーもフットサルも起源や歴史は一緒であり、人類は歴史が始まった頃からこの行為は始まったとされる。例えば、新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見されたこと(中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない)。南米の熱帯雨林で古くから早く生産して作った天然ゴムのボール(これにより南米では早くからボールを蹴るが行われていた)。パタゴニアやアンディスのインディオ文明にて描かれているボールを蹴る人々(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。他にも足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • 像

    から見た古代エジプト古代エジプト

    ファイル:Great Sphinx of Giza - 20080716a.jpg|石像、彫像、坐像、神像(神的動物の像)、動物形象の像、巨像の例/古代エジプト文明のギザの大スフィンクス。 フレッシュアイペディアより)

865件中 91 - 100件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード