1152件中 91 - 100件表示
  • ミレトスのヘカタイオス

    ミレトスのヘカタイオスから見た古代エジプト古代エジプト

    ところで、同じように散文で歴史を書いたヘロドトスは、古代エジプトのテーベの神殿を訪ねた時、エジプトの祭司たちから、神殿内の広間にあった歴代の祭司長の木像を見せられた。ヘロドトスは、ヘカタイオスが自分の系譜を調べたら16代目で神に辿り着いたと言ったことを思いだし、エジプトの祭司たちにそう話すと、エジプト人たちはそんなことはありえないと否定する。なぜなら自分たちは神から数えて345世代目だからと言う。この話はヘカタイオスの懐疑主義とは関係ないが、ギリシア人の神話化された歴史が、ミケーネ誕生前(紀元前2000年頃)からあった文明の歴史を途方もなく短く縮めていることを示すものである。ミレトスのヘカタイオス フレッシュアイペディアより)

  • エジプト末期王朝

    エジプト末期王朝から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの末期王朝は、第26代サイス朝からペルシアの征服に至るエジプト第3中間期後のエジプト人による支配が最後に花開いた時代を言い、アレクサンドロス3世の支配と共に終わった。紀元前664年から紀元前332年まで続いた。エジプト末期王朝 フレッシュアイペディアより)

  • コイレ・シリア

    コイレ・シリアから見た古代エジプト古代エジプト

    この地方はかねてから東のメソポタミアやペルシアの勢力と、南のエジプトの勢力の争う地であった。アレクサンドロス3世(大王)は紀元前333年から332年にかけてアケメネス朝などからシリアを奪いエジプトに入った。アレクサンドロス大王没後、彼の後継者(ディアドコイ)の間でディアドコイ戦争が起こり、マケドニア本国・エジプト・メソポタミアの間にあるこの地は多くの戦いの舞台となった。コイレ・シリア フレッシュアイペディアより)

  • トリパラディソスの軍会

    トリパラディソスの軍会から見た古代エジプト古代エジプト

    実質的な帝国のナンバーワンとなったペルディッカスに対して彼を警戒したアンティパトロス、プトレマイオス、クラテロスらの諸将は対立し、やがて戦争状態に入った。紀元前321年にペルディッカスはプトレマイオスの拠るエジプトに攻め込んだが、その途上部下の将軍達(ペイトン、アンティゲネス、セレウコス)により暗殺された。そして、ペルディッカス死後の帝国の体制を決めるべく同年シリアのトリパラディソスにディアドコイが召集され、会議が開かれた。トリパラディソスの軍会 フレッシュアイペディアより)

  • スメンクカーラー

    スメンクカーラーから見た古代エジプト古代エジプト

    スメンクカーラー(スメンク・カ・ラー、SmenkhKaRa)は、古代エジプト第18王朝のファラオ(王)。名は「生あるものはラー神の出現」の意。スメンクカーラー フレッシュアイペディアより)

  • ユバ1世

    ユバ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前48年8月9日のファルサルスの戦いで元老院派が敗北して、ポンペイウスがエジプトで暗殺された後も元老院派と協力して、北アフリカ・ウティカへ侵攻したカエサル軍へ対抗した。しかし、本国ヌミディアにカエサルと手を結んだマウレタニア王ボックス2世(en)やイタリア人のプブリウス・シッティウス(fr)らによる領国侵犯が相次いだ為、総軍の半数をヌミディアへ送り、もう半分の軍で元老院派に加勢したものの、タプススの戦いで敗北を喫した。再起を図るべく逃亡したがカエサル軍の掃討作戦は厳しく、ザマ近郊でマルクス・ペトレイウスと刺し違えて自殺した。これにより、マシニッサ以来の伝統を有するヌミディア王国は断絶して、ヌミディアはローマ属州となった。ユバ1世 フレッシュアイペディアより)

  • 銀楯隊

    銀楯隊から見た古代エジプト古代エジプト

    セレウコス朝シリアの王もまた同名の部隊を持っていたようであり、王国全土から選抜された彼らはマケドニア式の装備をしていたという。リウィウスは彼らをアンティオコス3世の親衛歩兵隊として言及している。彼らは紀元前217年のラフィアの戦いにてプトレマイオス朝エジプト軍と戦い(ただし人数は10000名と多い)、紀元前190年のマグネシアの戦いにも参加して王のそばで戦った。しかし、紀元前166年のダフネでのパレードの時の人数はかつての半分の5000名で、しかもポリュビオスによるとローマ式に武装していたようである。銀楯隊 フレッシュアイペディアより)

  • テバイス

    テバイスから見た古代エジプト古代エジプト

    テバイス(テーバイス、ギリシャ語:')またはテバイド(テーバイド、ギリシア語:')とは、アビドスからアスワンまでの上エジプトの最も南にある13のノモスから成る古代エジプトの地方のこと。テバイス フレッシュアイペディアより)

  • ナイロメーター

    ナイロメーターから見た古代エジプト古代エジプト

    6月から9月の間、エジプトを流れるナイル川は、堤防からあふれ出て、隣接する氾濫原を浸水させていた。9月から10月にかけて、水量が減少するとき、川は耕地に肥沃な黒い沈泥である沖積層を残していった。氾濫期 – エジプト語ではakhet – は、古代エジプト人が一年を3つに分けた季節の1つだった。(を参照)ナイロメーター フレッシュアイペディアより)

  • ラムセス1世

    ラムセス1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ラムセス1世(在位紀元前1295年-紀元前1294年)は古代エジプト第19王朝の初代ファラオ。下エジプト出身。ホルエムヘブの忠実な腹心で親友であり、ホルエムエブの在位中は軍司令官、宰相の地位にあった。ホルエムヘブの信任は非常に篤く、息子がなかったホルエムヘブは在世中から彼を後継者に指名していた。即位したときすでに老年であったため在位期間は短く、死後は息子のセティ1世が王位を継承した。ラムセス1世 フレッシュアイペディアより)

1152件中 91 - 100件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード