1152件中 111 - 120件表示
  • プタハ (小惑星)

    プタハ (小惑星)から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの都市メンフィスで信仰された創造神プタハから命名された。プタハ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • エジプト第2中間期

    エジプト第2中間期から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプト第2中間期(紀元前1782年頃 - 紀元前1570年頃)は、古代エジプト史における時代区分の1つ。第13王朝から第17王朝までをこの時代に区分するのが一般的である。ただし、第13王朝や第14王朝を中王国に含める見解もある。概ね中王国時代の統一が崩れ、下エジプト(ナイル川三角州地帯)にヒクソス(ヘカ・カスウト 異国の支配者達の意)と呼ばれる異民族が第15王朝を築いて支配を確立していた時代が第2中間期に分類される。第17王朝の王達による対ヒクソス戦争の結果、第15王朝は滅ぼされヒクソスの政権は瓦解。第2中間期の分裂は収拾され再びエジプトが統一、古代エジプト史上最も繁栄した新王国時代が始まる。エジプト第2中間期 フレッシュアイペディアより)

  • レナード・コットレル

    レナード・コットレルから見た古代エジプト古代エジプト

    コットレルの著作の大半は、古代エジプト考古学の大衆化に費やされている。カルタゴのハンニバル将軍に関する著作『Hannibal: Enemy of Rome』は、コットレルがポエニ戦争当時におけるハンニバルの行軍進路と同じく、アルプス越えからポー川を辿り、新たな発見をしたことにより著名な作品となっている。レナード・コットレル フレッシュアイペディアより)

  • 鍛金

    鍛金から見た古代エジプト古代エジプト

    鍛金は紀元前4000年より古い時代に歴史を持つといわれ、メソポタミア文明、古代エジプト文明にその歴史をみることができる。当時は金・銀・銅など自然界から産出される金属を加工し、武器や装飾品が作られたとされる。鍛金 フレッシュアイペディアより)

  • ファイアンス焼き

    ファイアンス焼きから見た古代エジプト古代エジプト

    「ファイアンス焼き」という言葉は拡大解釈され、紀元前4000年の古代エジプトやインダス文明で見られる釉薬を使った陶製のビーズにも使われることがある。他にもクレタ島のミノア文明にも同様の出土品があり、クノッソス遺跡でも見つかっている。ファイアンス焼き フレッシュアイペディアより)

  • アメン大司祭国家

    アメン大司祭国家から見た古代エジプト古代エジプト

    アメン大司祭国家(紀元前1080年頃 - 紀元前945年頃)は、古代エジプトの新王国末期頃に成立したテーベ(現在のルクソール)のアメン大司祭を中心とした国家。日本語表記は一定せず「アメンの神権国家」などとも呼ばれる。アメン大司祭国家 フレッシュアイペディアより)

  • ゼルダの伝説 時のオカリナ

    ゼルダの伝説 時のオカリナから見た古代エジプト古代エジプト

    砂漠の果ての巨大邪神像内にある神殿。左右対称の構造で、古代エジプトのような雰囲気を有する。子供・大人両方の時代で入る必要があるが、子供時代は総合的なテクニックが要求され、大人時代はそれに加えて光を利用した謎解きに挑むこととなる。ゼルダの伝説 時のオカリナ フレッシュアイペディアより)

  • 焼き絵

    焼き絵から見た古代エジプト古代エジプト

    焼き絵は古代エジプトやアフリカの部族などを含め、有史以来広い世界の範囲で例が見られる。焼き絵作家のロバート・ボイヤーは、焼き絵の歴史は有史以前、人類が焚火から得た燃えさしを使って装飾を行ったころにまでさかのぼることができると仮定している。中国では漢王朝時代から、焼いた針を用いた装飾が知られていた。ヴィクトリア朝イギリスでは焼き絵用の器具が開発され、これによって焼き絵に対する興味が社会に広まった。それまで焼き絵を表現する言葉として使われていた"pokerwork"(鏝の作品)に代わり"pyrography"(パイログラフィー)という語が使われはじめたのもこの頃である。19世紀の終わりには、アルフレッド・スマートという名のメルボルンの建築家が、中に空洞を設けた白金の鉛筆を通し、ベンジンの蒸気を噴出させることによって、木材に水性塗料を焼き付ける方法を開発し、これによって色を用いた微妙な表現が可能になった 。20世紀には電気で熱する針金を用いた専用の器具が開発されて作業が簡易になり、アール・ヌーヴォーの作家は木箱などの装飾にしばしば焼き絵を用いた。焼き絵はまたルーマニア、ハンガリー、フランドルを含むヨーロッパの広い範囲における伝統工芸に見られるほか、アルゼンチンなど南アメリカでも伝統工芸として扱われている。焼き絵 フレッシュアイペディアより)

  • トンガ大首長国

    トンガ大首長国から見た古代エジプト古代エジプト

    初代トンガ大首長は、サモアの高貴な一族出身者を母に持つアホエイトゥ(‘Aho'eitu)であった。彼の父親であるタンガロア・エイトゥマトゥプア(Tangaloa ‘Eitumatupu'a)は、神格を備えるサモアの大祭司であった。この故に、王朝は、世俗的位階と宗教的位階の両方において権能を有すると見なされた。古代エジプトのファラオの役割が、これに類似した権能を有していた。アホエイトゥは首都をトロア(Toloa)に置いたが、第9代トンガ大首長のもとで、首都はヘケタ(Heketa)に遷都された。トンガ大首長国 フレッシュアイペディアより)

  • カノプス壺

    カノプス壺から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトにおいてミイラを作る際、魂が宿るとされていた心臓を除き、特に重要と考えられていた臓器を取り出し、保存するために使われていたと考えられている。外装にはオシリス神像やその子供たちなどが彫られており、特に主要なものは以下の4つ(ホルスの4人の息子)である。カノプス壺 フレッシュアイペディアより)

1152件中 111 - 120件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード