1152件中 121 - 130件表示
  • フィンランド文学

    フィンランド文学から見た古代エジプト古代エジプト

    他に世界的に知られているものにミカ・ワルタリによるMichael the Finn と The Sultan's Renegadeがある。ワルタリの作品『エジプト人』(1945年)は、舞台が古代エジプトでありながらも、部分的に第二次世界大戦の寓話となっている。そして『エジプト人』はワルタリの最もよく知られている作品である。800ページ近く含まれているにも関わらず、フィランドで一番早く売れた本である。そして短い英語版はアメリカの多くのベストセラーのリストの頂点にあった。それらの国際的な成功の有力な理由の一つは、彼らの焦点が戦後の幻滅、すなわち当時の多くの人によって共有されていた感覚に合っていたからである。フィンランド文学 フレッシュアイペディアより)

  • ウアジェト

    ウアジェトから見た古代エジプト古代エジプト

    ウアジェト(Wadjet、ウジャトとも)は古代エジプト神話の女神。名前は、コブラの皮のように彩色されたパピルスを意味し、コブラの姿、あるいは、頭上にコブラをつけた女性の姿で描かれる。湿地のためにコブラが多く生息していた下エジプトの守護女神とされ、上エジプトを守護するネクベト女神とともに、ファラオを守護するとされた。ウアジェト フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・ジャック

    クリスチャン・ジャックから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトを舞台にした作品を多数執筆している。クリスチャン・ジャック フレッシュアイペディアより)

  • ベレニケ3世

    ベレニケ3世から見た古代エジプト古代エジプト

    ベレニケ3世フィロパトル(希:、ラテン文字表記:Berenice III Philopator)、別名クレオパトラ・ベレニケ(Cleopatra Berenice、紀元前120年 - 紀元前80年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位:紀元前101年 - 紀元前80年)。父はプトレマイオス9世。母はクレオパトラ5世セレネと言われる。プトレマイオス10世の姪・妻。その後、プトレマイオス11世の妻となる。ベレニケ3世 フレッシュアイペディアより)

  • 煉香

    煉香から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトにおいてはキフィー(Kyphi)という練香が使われていた。その後もギリシア、中東地域にて使用され世界各地に広まり、日本へは中国から仏教と共に香が伝わった際に練香も伝わったと言われる。現在でも中東地域においては練香はバフールと呼ばれ、日常的に使用されている。煉香 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカクロトキ

    アフリカクロトキから見た古代エジプト古代エジプト

    現在においてはエジプトでは絶滅してしまったが、古代エジプトではこの鳥は神聖な鳥として崇められていた。書記と学芸の神トートの化身とされていたトキは本種であるとされている。非常に大切に扱われていたらしく、世界遺産にも登録されているサッカラでは、丁寧に埋葬された150万羽ものアフリカクロトキが発見されている。アフリカクロトキ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカヌス

    アフリカヌスから見た古代エジプト古代エジプト

    ローマ人にとっての「アフリカ」とはアフリカ大陸全体ではなく、北アフリカの地中海沿岸のうちエジプトとその西隣キュレナイカを除いた範囲を指した。この「アフリカ」の中心勢力であったカルタゴを第二次ポエニ戦争のザマの戦いで破った大スキピオと、その息子の養子で第三次ポエニ戦争でカルタゴ市を包囲、破壊した小スキピオにこの名前は贈られている。アフリカヌス フレッシュアイペディアより)

  • イーゼル

    イーゼルから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの時代には既にイーゼルが使われていたことが知られている。1世紀には、ガイウス・プリニウス・セクンドゥスがイーゼルに載せた大きなパネルに言及している。イーゼル フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン美術館

    ベルリン美術館から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプト美術館およびパピルス・コレクションベルリン美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 醸造業

    醸造業から見た古代エジプト古代エジプト

    醸造業と人との結び付きは古く、新石器時代にまで遡るとされる。古代、メソポタミア文明のシュメール人により葡萄よりワインが、大麦よりビールが製造されていた。紀元前3000年頃に古代エジプト、同じく紀元前1500年頃に古代ギリシアに伝えられ、後にローマにも伝えられた。ローマ帝国の拡大とともにヨーロッパから地中海一帯に広がっていったが、気候的な制約があり、ドイツ・イングランド以北ではビール、フランス・イタリア以南ではワインの生産圏として確立する事になる。ワインは古くは食事を食べやすくするための葡萄ジュースの保存の目的を併せ持った日常の飲料の性格が強く、早くからワインの豊凶と言う概念が確立され、「シャトー」と呼ばれる自前の葡萄畑と醸造所を一体化させた施設を作り上げた。一般的には日照の関係でフランスでは赤ワインがドイツ(南部)では白ワインの生産が盛んであると言われている。これに対してビールは穀物を原料としていたために生産に対する制約も大きく古くは祝祭のための特別な飲料という考え方が強かったが、19世紀に酵母の純粋培養技術の開発をはじめとした科学技術の利用や缶やビン詰め製法の確立等の流通形態の改革、また、運輸・貯蔵技術の発達等にともなって、安価かつ大量に安定供給が可能となり、市場を占有する大企業が発生するようになった。更に1880年代にヨーロッパで葡萄の病気が大流行して10年以上にわたってワインの生産が大幅に減少した。その結果、ワインを日常にビールを祝祭に用いるとする古代以来の文化・価値観が逆転するに至った。一方、中世のヨーロッパでは錬金術研究の過程で蒸留技術が発展してこれを用いた蒸留酒が作られるようになった。ワインから派生したブランデーは、フランスのアルマニャック地方では1411年、同じくコニャック地方では1613年に製造されたとするのが最古の記録である。ビールから派生したウイスキーは、スコットランドでは1494年(スコッチウイスキー)、アイルランドでは1608年(アイリッシュウイスキー)に製造されたとするのが最古の記録である(ただしその起源については、1172年の同地の記録に登場する蒸留酒こそが最古のウイスキーだとする主張もある)。この経緯から蒸留酒の製造も醸造業に含む場合がある。醸造業 フレッシュアイペディアより)

1152件中 121 - 130件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード