865件中 11 - 20件表示
  • ベレニケ1世

    ベレニケ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ベレニケ1世(紀元前340年 - 紀元前279年から紀元前268年)は、マケドニア朝ギリシアの貴族であり、プトレマイオス1世と結婚してプトレマイオス朝エジプトで最初の女王となった。ベレニケ1世 フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルタリ

    ネフェルタリから見た古代エジプト古代エジプト

    ネフェルタリ(Nefertari, NeFeRTaRi)は、古代エジプト第19王朝、第3代目のファラオ、ラムセス2世(RaMSeS II, 通称:ラムセス大王)の正妃(第一王妃)である。ネフェルタリは、アメン神の神后の称号を持ち、この称号によって、独立した多くの富と権力を授けられた。ネフェルタリ フレッシュアイペディアより)

  • 上下エジプト

    上下エジプトから見た古代エジプト古代エジプト

    上エジプト(かみエジプト、Upper Egypt)および下エジプト(しもエジプト、Lower Egypt)とは、古代エジプト時代に存在した地域または国家の呼称。上下エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 肥沃な三日月地帯

    肥沃な三日月地帯から見た古代エジプト古代エジプト

    thumb|right|350px|肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域肥沃な三日月地帯(ひよくなみかづきちたい、Fertile Crescent)とは、古代オリエント史の文脈において多用される歴史地理的な概念である、その範囲はペルシア湾からチグリス川・ユーフラテス川を遡り、シリアを経てパレスチナ、エジプトへと到る半円形の地域である。肥沃な三日月地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 前1200年のカタストロフ

    前1200年のカタストロフから見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前1200年頃、環東地中海を席巻する出来事が発生した。現在、「前1200年のカタストロフ(破局とも)」と呼ばれるこの災厄は古代エジプト、西アジア、アナトリア半島、クレタ島、ギリシャ本土を襲った。この災厄は諸説存在しており、未だにその内容については結論を得ていない。前1200年のカタストロフ フレッシュアイペディアより)

  • ムルシリ2世

    ムルシリ2世から見た古代エジプト古代エジプト

    大王シュッピルリウマ1世の息子として生まれた。兄には王位継承者のアルヌワンダ、エジプトの婿養子候補となりながら暗殺されたザナンザ、カルケミシュの副王シャリクシュ、ハルパの副王テリピヌがいる。下の二人の兄は副王として帝国の安定に貢献したが、母の出自ゆえか王位継承権が無かったと思われる。シュッピルリウマ1世の治世末期よりヒッタイト国内で疫病が流行して紀元前1320年頃にシュッピルリウマは病死し、兄のアルヌワンダ2世が即位した。ムルシリ2世 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    感染症の歴史は生物の出現とその進化の歴史とともにあり、有史以前から近代までヒトの疾患の大きな部分を占めてきた。感染症や疫病に関する記録は、古代メソポタミア文明にあってはバビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』にすでに四災厄のなかのひとつに数えられ、同時期のエジプトでもファラオの威光は悪疫の年における厄病神に比較されている。中国にあっても、紀元前13世紀における甲骨文字の刻された考古資料からも疫病を占卜する文言が確認されている。そしてまた、医学の歴史は感染症の歴史に始まったといっても過言ではない。感染症は、民族や文化の接触と交流、ヨーロッパ世界の拡大、世界の一体化などによって流行してきた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • カルケミシュ

    カルケミシュから見た古代エジプト古代エジプト

    カルケミシュ(Carchemish、古代ギリシャおよび古代ローマでは「エウロプス」 Europus と呼ばれた)は、古代オリエントの大国・ミタンニやヒッタイトの重要都市。現在は、トルコとシリアの国境線上に位置する。旧約聖書に書かれたバビロニアとエジプトの決戦の舞台でもある。考古学者T.E.ロレンスが中東を調査していた1910年代前半、この地は地元民から、聖書内の都市ジェラブルス(Jerablus)と結び付けられてジャラブロス(Jarablos、Jarâblos)と呼ばれていた。これが崩れた地名がジェラブリス(Djerabis)である。現在、トルコ・シリア国境のすぐ南にはカラブルス(Carablus)の町がある。国境のトルコ側にはカルカミス(Karkamis)の町がある。カルケミシュ フレッシュアイペディアより)

  • マスタバ

    マスタバから見た古代エジプト古代エジプト

    マスタバ()とは古代エジプトで建設された長方形の大墓。エジプト原王朝時代から建造が確認されており、古い時代の基本的な貴人の墓の形態であった。マスタバ フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの歴史

    エジプトの歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    詳細は古代エジプトを参照。エジプトの歴史 フレッシュアイペディアより)

865件中 11 - 20件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード