1152件中 21 - 30件表示
  • 鉱業

    鉱業から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプト人はMaadiで孔雀石を採掘していた。当初エジプト人は明緑色の孔雀石を装飾や陶器に使っていた。紀元前2613年から紀元前2494年にかけて、大規模な建築計画のためにエジプト国内では産出しない鉱物や他の資源を確保するために Wadi Maghara への海外遠征を必要とした。トルコ石や銅の採掘場跡が Wadi Hammamat、Tura、シナイ半島のヌビア人居住地域、ティムナ などで見つかっている。古代エジプトの鉱業は初期の王朝時代に始まり、中でもヌビアの金鉱が最も大きく発展した。これについては、シケリアのディオドロスが著作に記している。それによると、金を含む硬い岩を砕く方法として火力採掘が行われていたという。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • プタハ

    プタハから見た古代エジプト古代エジプト

    プタハ(Ptah)は、古代エジプトの都市メンフィスで信仰された創造神。プターとも呼ばれる。プタハ フレッシュアイペディアより)

  • フネフェル

    フネフェルから見た古代エジプト古代エジプト

    フネフェル (Hunefer) は、紀元前1310年頃の古代エジプトに生きていたであった。『フネフェルのパピルス』として知られる、エジプトの葬送用の『死者の書』をその墓に収められた人物である。フネフェル フレッシュアイペディアより)

  • 古代の植民都市

    古代の植民都市から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトでは、エジプト第1王朝より少し前からカナン南部に植民している。ナルメル王はカナンのラファフなどに陶芸工房を作らせ、製品をエジプト本国に輸出させていた。造船技術は古代エジプトでは紀元前30世紀かそれ以前から知られていた。アメリカ考古学会によれば、紀元前3000年ごろのものとされる全長約23メートルの船はホル・アハ王が作らせたものと見られている。古代の植民都市 フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト医学

    古代エジプト医学から見た古代エジプト古代エジプト

    この項目では、古代エジプトの医学、すなわち紀元前33世紀ごろからアケメネス朝の侵略(紀元前523年)に至るまでの古代エジプトで広く行われていた医学について解説する。エジプト医学は時代を考慮すればきわめて高度に発展しており、単純な非侵襲性の外科手術・接骨・広範な薬局方などが含まれていた。古代エジプトの治療法は現代文化の中では「まじない」や怪しげな成分などでイメージされることも多いが、生物医学上のエジプト研究によって、多くの治療法が効果的であり、また既知の処方のうち67%が1973年のイギリス薬局方に適合していたことが示された。古代エジプトの医学書には、診察・診断・予後・処置のそれぞれについて理性的で適切な記述もしばしば書かれている。古代エジプト医学 フレッシュアイペディアより)

  • カルケミシュ

    カルケミシュから見た古代エジプト古代エジプト

    カルケミシュ(Carchemish、古代ギリシャおよび古代ローマでは「エウロプス」 Europus と呼ばれた)は、古代オリエントの大国・ミタンニやヒッタイトの重要都市。現在は、トルコとシリアの国境線上に位置する。旧約聖書に書かれたバビロニアとエジプトの決戦の舞台でもある。考古学者T.E.ロレンスが中東を調査していた1910年代前半、この地は地元民から、聖書内の都市ジェラブルス(Jerablus)と結び付けられてジャラブロス(Jarablos、Jarâblos)と呼ばれていた。これが崩れた地名がジェラブリス(Djerabis)である。現在、トルコ・シリア国境のすぐ南にはカラブルス(Carablus)の町がある。国境のトルコ側にはカルカミス(Karkamis)の町がある。カルケミシュ フレッシュアイペディアより)

  • 串刺し

    串刺しから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトのように腹部を刺し貫く方法もあるにはあるが、世界の多くの地域における通常的な方法では、棒の挿入は直腸もしくは口から行われ、対象者に苦痛と速やかな死をもたらす。通常、棒は木のように地面に立てられ、棒で刺された犠牲者は、死に至るまで、地面の上に放置される。手順としては、犠牲者は串刺しの前に、公開拷問および暴行を含む刑を受けた後、衣服を剥ぎ取られる。次に、生殖器と直腸の間にある会陰部に切り口を開けられ、そこに先端を丸くした丈夫な棒を挿入される。丸い先端は生命維持に必要な器官(臓器)を圧しながら口のほうに押し込まれる。先端が尖っているときは、器官に穴を開け、死を早めることもある。棒の代わりに手頃な枝が使われることもしばしばあった。串刺し フレッシュアイペディアより)

  • ベレニケ1世

    ベレニケ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ベレニケ1世(紀元前340年 - 紀元前279年から紀元前268年)は、マケドニア朝ギリシアの貴族であり、プトレマイオス1世と結婚してプトレマイオス朝エジプトで最初の女王となった。ベレニケ1世 フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス1世

    プトレマイオス1世から見た古代エジプト古代エジプト

    プトレマイオス1世ソーテール(、紀元前367年 - 紀元前282年、在位:紀元前305年 - 紀元前282年)は、エジプトのヘレニズム国家プトレマイオス朝の初代ファラオである。アレクサンドロス3世(大王)に仕え、アレクサンドロスの死後はディアドコイの一人としてエジプトに拠った。プトレマイオス1世 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト探査協会

    エジプト探査協会から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプト探査協会は古代エジプトの遺跡を調査してそれを記録にとどめ、エジプトの歴史に関する知識を深め、その文化遺産の重要性を喚起することを目的としている。エジプト探査協会 フレッシュアイペディアより)

1152件中 21 - 30件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード