865件中 21 - 30件表示
  • セルケト

    セルケトから見た古代エジプト古代エジプト

    セルケト(Serket)は古代エジプト神話の女神。サソリの姿または頭上にサソリをつけた女性の姿で現される。猛毒をもつサソリは、北アフリカでは昔から恐るべき動物とされており、それを象ったセルケト女神は、古代エジプトにおいてサソリの毒や、その他の砂漠に住む有害な生き物たちの毒から人々を守るとされ重要視された。また、死者の内臓が入ったカノプス壺を守護するともいわれている。イシス女神が幼いホルスを守るためサソリを護衛につけたという神話から、セルケトはイシスの眷属ともされている。セルケトヘティト(喉に呼吸をさせる者)という名もある。また壁画などに描かれるとき、描いたサソリが動き出して害をなさないように足としっぽをもぎ取った形であらわされる。セルケト フレッシュアイペディアより)

  • ネイト (エジプト神話)

    ネイト (エジプト神話)から見た古代エジプト古代エジプト

    ネイト(Neith, Ni, Ne, Neit)は、エジプト神話の初期の女神。ナイル川三角州西部にあるサイスの守護神としてそこで祀られており、エジプト第1王朝のころから信仰されていた。古代エジプト人はサイスをザウ(Zau)と呼んでいた。ネイト (エジプト神話) フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト医学

    古代エジプト医学から見た古代エジプト古代エジプト

    この項目では、古代エジプトの医学、すなわち紀元前33世紀ごろからアケメネス朝の侵略(紀元前523年)に至るまでの古代エジプトで広く行われていた医学について解説する。エジプト医学は時代を考えるときわめて発展しており、単純な非侵襲性の外科手術・接骨・広範な薬局方などが含まれていた。古代エジプトの治療法は現代文化の中では「まじない」や怪しげな成分などでイメージされることも多いが、生物医学上のエジプト研究によって、かなりの治療法は効果的であり、また既知の処方のうち67%が1973年のイギリス薬局方に適合していたことが示された。古代エジプトの医学書には、診察・診断・予後・処置のそれぞれについて理性的で適切な記述もしばしば書かれている。古代エジプト医学 フレッシュアイペディアより)

  • 金属加工

    金属加工から見た古代エジプト古代エジプト

    金属加工は先史時代にまで遡る。金属加工がいつどこで始まったのか正確にはわかっていない。最初期のテクノロジーは一時的で局所的なもので、長期に渡って証拠を残せるような規模ではなかった。金属に関する重要な進歩は、火と金属を結びつけたことだった。誰がいつどこでそれを実行したのかは不明だが、古代エジプト文明は金を扱うようになった最初の文明の1つとされている。金属加工 フレッシュアイペディアより)

  • ハルポクラテス

    ハルポクラテスから見た古代エジプト古代エジプト

    ハルポクラテース()はギリシア神話の沈黙の神で、古代エジプトのホルス神をギリシア化したものである。古代エジプトのホルスは生まれたての太陽、すなわち毎日昇ってくる朝日を表していた。アレクサンドロス3世によってエジプトが征服された後のヘレニズム期に、エジプト語の Har-pa-khered または Heru-pa-khered (「子供のホルス」の意)をギリシア語化してハルポクラテースと呼ぶようになった。長母音を省略してハルポクラテスとも表記される。ハルポクラテス フレッシュアイペディアより)

  • トートの書

    トートの書から見た古代エジプト古代エジプト

    『トートの書』(トートのしょ。)は、エジプト神話で書と知識を司る神 (en)、トートによって書かれたとされている、多くの古代エジプトの文書に与えられた名前である。それらは、古代の著述家達によって存在が主張された多くの原文として知られる物、あるいは翻訳された物、そしてまた、架空のエジプト語の作品に登場する不思議な本を含んでいる。トートの書 フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス1世

    プトレマイオス1世から見た古代エジプト古代エジプト

    プトレマイオス1世ソーテール(、紀元前367年 - 紀元前282年、在位:紀元前305年 - 紀元前282年)は、エジプトのヘレニズム国家プトレマイオス朝の初代ファラオである。アレクサンドロス3世に仕え、アレクサンドロスの死後はディアドコイの一人としてエジプトに拠った。プトレマイオス1世 フレッシュアイペディアより)

  • トール・ヘイエルダール

    トール・ヘイエルダールから見たエジプト文明古代エジプト

    また、1969年、「アステカ文明はエジプト文明と類似しており、エジプトからの移民が作った文明ではないか」と考え、古代エジプトの葦製の船に大西洋を渡る能力があることを証明するため、パピルスと呼ばれる葦で作った船「ラー号」で、モロッコからカリブ海を目指した。ラー号は5000kmを航海したところで破損したが、一年後の再挑戦では、見事にカリブ海のバルバドス島まで到達した。トール・ヘイエルダール フレッシュアイペディアより)

  • 古代の植民都市

    古代の植民都市から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトでは、エジプト第1王朝より少し前からカナン南部に植民している。ナルメル王はカナンのラファフなどに陶芸工房を作らせ、製品をエジプト本国に輸出させていた。造船技術は古代エジプトでは紀元前30世紀かそれ以前から知られていた。アメリカ考古学会によれば、紀元前3000年ごろのものとされる全長約23メートルの船はホル・アハ王が作らせたものと見られている。古代の植民都市 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教の起源

    宗教の起源から見た古代エジプト古代エジプト

    宗教の起源を解明する取り組みでは、人類の進化の過程で現われる宗教的行動から多くの情報が得られる。人間が初めて宗教的になった時期は明確ではないが、宗教的行為の信頼できる証拠は中期旧石器時代(5-30万年前)から見つかっている。古代エジプトとメソポタミアで宗教は成文化され、宗教史が始まる。宗教の起源 フレッシュアイペディアより)

865件中 21 - 30件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード