1152件中 31 - 40件表示
  • 化学の歴史

    化学の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    のちの冶金術に道を拓くガラスの発見と金属の精錬を導いたのは火であった。冶金術の初期には金属精錬の方法が認められ、紀元前2600年頃の古代エジプトでは金が貴金属になっていたことが知られる。合金の発見は青銅器時代の幕開けを告げた。青銅器時代ののち、軍がより高度な武器を求めたことで冶金術の歴史は新しい段階を迎えた。ユーラシアの諸国は高性能の合金を造り、これを使った甲冑や武器を製作すると全盛期を迎えた。これはしばしば戦闘の結果を決定付けた。化学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 心理学の歴史

    心理学の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    心理学の歴史(しんりがくのれきし)とは、心理学という学問が生まれ辿ってきた歴史のことである。心理学の起源は古代ギリシアの時代に遡ることができ、また、古代エジプトに心理学的な思索活動の証拠が残されている。また、近代の心理学が哲学から独立して一つの学問として成立したのは、1879年にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を開き、アメリカ合衆国でも心理学の研究が始まった1870年代という見解が一般的である。心理学が境を接する様々な領域として、生理学、神経科学、人工知能、社会学、人類学、さらに哲学やその他の人間的活動がある。心理学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 上下エジプト

    上下エジプトから見た古代エジプト古代エジプト

    上エジプト(かみエジプト、Upper Egypt)および下エジプト(しもエジプト、Lower Egypt)とは、古代エジプト時代に存在した地域または国家の呼称(両者まとめて上下エジプト(じょうげエジプト)と総称)。上下エジプト フレッシュアイペディアより)

  • トートの書

    トートの書から見た古代エジプト古代エジプト

    『トートの書』(トートのしょ )は、エジプト神話で書と知識を司る神 (en)、トートによって書かれたとされている、多くの古代エジプトの文書に与えられた名前である。それらは、古代の著述家達によって存在が主張された多くの原文として知られる物、あるいは翻訳された物、そしてまた、架空のエジプト語の作品に登場する不思議な本を含んでいる。トートの書 フレッシュアイペディアより)

  • ネイト (エジプト神話)

    ネイト (エジプト神話)から見た古代エジプト古代エジプト

    ネイト(Neith, Ni, Ne, Neit)は、エジプト神話の初期の女神。ナイル川三角州西部にあるサイスの守護神としてそこで祀られており、エジプト第1王朝のころから信仰されていた。古代エジプト人はサイスをザウ(Zau)と呼んでいた。ネイト (エジプト神話) フレッシュアイペディアより)

  • ヒトに由来する生薬

    ヒトに由来する生薬から見た古代エジプト古代エジプト

    有史以前のはるか古来より、人類は様々な物質を薬として用いてきたと考えられている。有史以降の現存する薬に関する書物としては、紀元前2000年頃のメソポタミア文明時代の粘土板を最古として、紀元前1550年頃の古代エジプトの『エベルス・パピルス』、紀元前3世紀頃の古代中国の『神農本草経』、紀元1世紀の古代ギリシャの『薬物誌』などの存在が知られている。科学的知見や医学的知識がほとんど存在しなかった当時、これらの薬の多くは実際に服用した先人による経験則や、呪術的な見地(形態学的に特異な物や疾患との対応性など)、ホメオパシー的見地、あるいは珍奇さから見出されてきたものであった。神話においては、中国の三皇五帝の1人である神農が、日々七十数種の植物を身を舐めて試し、薬となるかどうかを判別したとの伝説が知られている。ヒトに由来する生薬 フレッシュアイペディアより)

  • 箕

    から見た古代エジプト古代エジプト

    文化圏によっては、箕ではなく、園芸用スコップ型(柄の短いショベル型)あるいはそれに長い柄を付けたショペル型とも言える形状の道具、もしくは、英語で "winnowing fork" と呼ばれるフォーク状の道具あるいはフォーク状の道具に長い柄が付いたものが用いられてきた(大昔から使われており、今も地域によっては使われ続けている)。使い方で箕との違いはほとんど無く、すくって宙に舞わせ、風で小片を吹き飛ばすというものである。古代エジプトでは、英語で "winnowing fork" に分類されるフォーク状の道具を手に持って叩くようにして脱穀を行っていたことが知られている。 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア

    アッシリアから見た古代エジプト古代エジプト

    アッシリア(Assyria)は、メソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国(前2500年 ? 前605年)。首都は、初期はアッシュールで、後にニネヴェに遷都した。南側にバビロニアと隣接する。チグリス川とユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。アッシリアの偉業は、ペルシア帝国に受け継がれてその属州となった。アッシリア フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見た古代エジプト古代エジプト

    次に、メソポタミア、地中海世界(古代エジプト、古代ギリシャ、ヨーロッパ)、そしてアジアでの薬用植物の歴史を辿ることにする。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 旅芸人

    旅芸人から見た古代エジプト古代エジプト

    動物の芸、人間の曲芸を見世物とするサーカスの原型は古代エジプト時代にあり、円形の劇場において実施するようになったのは古代ローマ時代からとされている。旅芸人 フレッシュアイペディアより)

1152件中 31 - 40件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード