865件中 31 - 40件表示
  • フネフェル

    フネフェルから見た古代エジプト古代エジプト

    フネフェル (Hunefer) は、紀元前1310年頃の古代エジプトに生きていたであった。『フネフェルのパピルス』として知られる、エジプトの葬送用の『死者の書』をその墓に収められた人物である。フネフェル フレッシュアイペディアより)

  • ヒトに由来する生薬

    ヒトに由来する生薬から見た古代エジプト古代エジプト

    有史以前のはるか古来より、人類は様々な物質を薬として用いてきたと考えられている。有史以降の現存する薬に関する書物としては、紀元前2000年頃のメソポタミア文明時代の粘土板を最古として、紀元前1550年頃の古代エジプトの『エベルス・パピルス』、紀元前3世紀頃の古代中国の『神農本草経』、紀元1世紀の古代ギリシャの『薬物誌』などの存在が知られている。科学的知見や医学的知識がほとんど存在しなかった当時、これらの薬の多くは実際に服用した先人による経験則や、呪術的な見地(形態学的に特異な物や疾患との対応性など)、ホメオパシー的見地、あるいは珍奇さから見出されてきたものであった。神話においては、中国の三皇五帝の一人である神農氏が、日々七十数種の植物を身を舐めて試し、薬となるかどうかを判別したとの伝説が知られている。ヒトに由来する生薬 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た古代エジプト古代エジプト

    「エジプトはナイルの賜物」という古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉で有名なように、エジプトは豊かなナイル川のデルタに支えられて世界四大文明の一つである古代エジプト文明を発展させてきた。エジプト人は紀元前3000年頃には早くも中央集権国家を形成し、ピラミッドや王家の谷、ヒエログリフなどを通じて世界的によく知られている高度な文明を発達させた。3000年にわたる諸王朝の盛衰の末、紀元前525年にペルシアに支配され、ペルシア帝国、紀元前332年にはアレクサンドロス大王に征服された。その後ギリシア系のプトレマイオス朝が成立し、ヘレニズム文化の中心のひとつとして栄えた。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た古代エジプト古代エジプト

    ペットと家畜(実用的な理由に拠るもの)の歴史は古く、3万前の石器時代の遺跡にホラアナグマの飼育跡(洞窟の檻)が見つかり、オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダと続き、愛玩動物は5,000年前の古代エジプトのピューマの例があり、南米のインディオではインコやサルを飼っていた。狩猟において助けとなるイヌや、農耕において害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が太古から珍重されている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た古代エジプト古代エジプト

    ワインは最も歴史の古い酒の一つとされ、現在のグルジア周辺では遅くとも紀元前8000年頃からワインが飲まれていたらしい。また、アルメニアでは約6000年前のものとされる世界最古のワイン醸造所跡が発見されており、その頃には既に高度な醸造技術が確立されていた。以後、醸造法が南方に伝播したことから、中東、特にメソポタミアを中心とする地域で広く愛飲されるようになる。ただし、メソポタミアは葡萄の栽培に適した土地でなかったため、イラン高原では紀元前6000年頃から生産が始まっていたものの、メソポタミア(※特に南部のシュメール)においては紀元前4000年頃になってようやく醸造できるようになったようだ。古代エジプトにおいても、紀元前4000年代末期にはワインが製造されていた。ワイン フレッシュアイペディアより)

  • スエズ運河

    スエズ運河から見た古代エジプト古代エジプト

    東西を結ぶ運河の遺構は、古代エジプトのブバスティス(en)、アヴァリス(ペル・ラメセス、Pi-Ramesses)、ビション(en)を結び、これは1799年に技術者や地図製作者を率いたナポレオン・ボナパルトが発見した。これは『エジプト誌』(en)に纏められた。スエズ運河 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプト人はMaadiで孔雀石を採掘していた。当初エジプト人は明緑色の孔雀石を装飾や陶器に使っていた。紀元前2613年から紀元前2494年にかけて、大規模な建築計画のためにエジプト国内では産出しない鉱物や他の資源を確保するために Wadi Maghara への海外遠征を必要とした。トルコ石や銅の採掘場跡が Wadi Hammamat、Tura、シナイ半島のヌビア人居住地域、Timna などで見つかっている。古代エジプトの鉱業は初期の王朝時代に始まり、中でもヌビアの金鉱が最も大きく発展した。これについては、シケリアのディオドロスが著作に記している。それによると、金を含む硬い岩を砕く方法として火力採掘が行われていたという。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア

    アッシリアから見た古代エジプト古代エジプト

    thumb|right|350px|アッシリアに関連した都市と国の位置関係アッシリア(Assyria)は、メソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国。首都は、初期はアッシュールで、後にニネヴェに遷都した。南側にバビロニアと隣接する。チグリス川とユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。アッシリアの偉業は、ペルシア帝国に受け継がれてその属州となった。アッシリア フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン

    ソロモンから見た古代エジプト古代エジプト

    ソロモン( Š?lōmōh Shlomo, ギリシア語: Σολομών, ラテン語: Salomon, アラビア語: ?????? Sulaymān, トルコ語: Suleyman, 紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王(在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いた。ソロモン フレッシュアイペディアより)

  • 王家の紋章

    王家の紋章から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプトに留学中の主人公―キャロル・リードは、日々熱心に考古学を学ぶ16歳のアメリカ人。ある日、リード家が貢献する事業の一環として若くして暗殺された古代エジプト王(ファラオ)―メンフィスの墓を暴いた為、彼女は神殿の祭祀であったメンフィスの姉―アイシスの呪術により、古代エジプトにタイムスリップしてしまう。王家の紋章 フレッシュアイペディアより)

865件中 31 - 40件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード