1152件中 41 - 50件表示
  • ネブラ・ディスク

    ネブラ・ディスクから見た古代エジプト古代エジプト

    写真下部の金でできた湾曲した紐状の意匠は、古代エジプトの新王国時代に確立した信仰に基づくようなを表していると考えられている。ネブラ・ディスク フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    感染症の歴史は生物の出現とその進化の歴史とともにあり、有史以前から近代までヒトの疾患の大きな部分を占めてきた。感染症や疫病に関する記録は、古代メソポタミア文明にあってはバビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』にすでに四災厄のなかのひとつに数えられ、同時期のエジプトでもファラオの威光は悪疫の年における厄病神に比較されている。中国にあっても、紀元前13世紀における甲骨文字の刻された考古資料からも疫病を占卜する文言が確認されている。そしてまた、医学の歴史は感染症の歴史に始まったといっても過言ではない。感染症は、民族や文化の接触と交流、ヨーロッパ世界の拡大、世界の一体化などによって流行してきた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 前1200年のカタストロフ

    前1200年のカタストロフから見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前1200年頃、環東地中海を席巻する大規模な社会変動が発生した。現在、「前1200年のカタストロフ(破局とも)」と呼ばれるこの災厄は古代エジプト、西アジア、アナトリア半島、クレタ島、ギリシャ本土を襲った。この災厄は諸説存在しており、未だにその内容については結論を得ていない。前1200年のカタストロフ フレッシュアイペディアより)

  • アメンエムハト1世

    アメンエムハト1世から見た古代エジプト古代エジプト

    アメンエムハト1世(Amenemhat I, 在位:紀元前1991年 - 紀元前1962年)は、古代エジプト第12王朝の初代ファラオ(王)。アメンエムハト1世 フレッシュアイペディアより)

  • センウセレト1世

    センウセレト1世から見た古代エジプト古代エジプト

    センウセレト1世(Senusret I, 在位:紀元前1971年 - 紀元前1926年)は、古代エジプト第12王朝の第2代ファラオ(王)。センウセレト1世 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカの軍事史

    アフリカの軍事史から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前3100年、 上エジプトと下エジプトがメネスによって統一された。その後古代エジプトのエジプト古王国時代の終焉により不安定な時代に突入(エジプト第1中間期)し、メンチュヘテプ2世が紀元前2055年にエジプト中王国を始め地位を固めるまで安定することはなかった。エジプト中王国時代もチャリオットを導入したヒクソスの侵攻によって終了する。この新しい技術はすぐにエジプト人によって採用され、紀元前16世紀のエジプト新王国の黎明期で侵略者を追い出すことに成功した。アフリカの軍事史 フレッシュアイペディアより)

  • ムルシリ2世

    ムルシリ2世から見た古代エジプト古代エジプト

    大王シュッピルリウマ1世の息子として生まれた。兄には王位継承者のアルヌワンダ、エジプト王妃の婿養子候補となりながら暗殺されたザンナンザ、カルケミシュの副王ピヤシリ、ハルパの副王テリピヌがいる。下の二人の兄は副王として帝国の安定に貢献したが、母の出自ゆえか王位継承権が無かったと思われる。シュッピルリウマ1世の治世末期よりヒッタイト国内で疫病が流行して紀元前1320年頃にシュッピルリウマは病死し、兄のアルヌワンダ2世が即位した。ムルシリ2世 フレッシュアイペディアより)

  • エレファンティネ島

    エレファンティネ島から見た古代エジプト古代エジプト

    エレファンティネ島(Lîle Éléphantine)はナイル川の下流域にある川中島である。エジプト領。東側の対岸にアスワンの町がある。エレファンティネ島はを構成する無数の島や岩礁のひとつであり、古代においては上エジプトの主都(ノモス)が置かれた町があった。その古代の町の名前は「弓の町」あるいは「ヌビアの町」であった(tA-sty)。エレファンティネ島 フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルティティ

    ネフェルティティから見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前1346年(頃)、エジプト第18王朝の若きファラオ、アクエンアテン(旧名アメンホテプ4世)は、父王アメンホテプ3世の逝去で、全権を掌握すると、かねてからの理想を実行に移し始めた。ネフェルティティ フレッシュアイペディアより)

  • 時計の歴史

    時計の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    何千年にもわたって時計は時間を計り、その経過を追うために用いられてきた。現在使われている六十進法の時間単位は紀元前約2000年にシュメールで考えられたものである。1日を12時間2組に分けたのは古代エジプト人で、巨大なオベリスクの影を日時計に見立てたことが起源である。彼らはルクソール近郊にあるアメン=ラーの地でおそらく最初に使われたとされる水時計も作っている。水時計は後にエジプト以外でも用いられるようになり、古代ギリシアではこれをクレプシドラの名で呼んでいた。同じころ、古代中国の殷では、水があふれる仕組みを利用した水時計が発明された。この水時計の技術はメソポタミアから紀元前2000年ごろにもたらされたものと考えられている。その他、中国、日本、イギリス、イラクではロウソク時計も使われており、インド、チベット、一部ヨーロッパでは日時計が広く使われていた。砂時計も使われていた。初期の時計は日時計が多く、曇りや夜には使うことができなかった。よく使われたのはグノモン と呼ばれる形のものであったが、あくまで日時計なので、緯度で値が変化した。時計の歴史 フレッシュアイペディアより)

1152件中 41 - 50件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード