865件中 41 - 50件表示
  • 心理学の歴史

    心理学の歴史から見た古代エジプト古代エジプト

    心理学の歴史 (しんりがくのれきし) とは、心理学という学問が生まれ辿ってきた歴史のことである。心理学の起源は古代ギリシアの時代に遡ることができ、また、古代エジプトに心理学的な思索活動の証拠が残されている。また、近代の心理学が哲学から独立して一つの学問として成立したのは、1879年にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を開き、アメリカ合衆国でも心理学の研究が始まった1870年代という見解が一般的である。心理学が境を接する様々な領域として、生理学、神経科学、人工知能、社会学、人類学、さらに哲学やその他の人間的活動がある。心理学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽

    吹奏楽から見た古代エジプト古代エジプト

    吹奏楽の歴史は、古代エジプトにまでさかのぼる。ラッパと太鼓類を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されている。古代ローマ時代には編成を増し、中世の軍楽の基礎をつくった。中世になると楽器も発達し、種類・数量も増えて行く。オスマン帝国の侵攻に伴うトルコ軍楽との接触は西ヨーロッパの吹奏楽隊の拡張に貢献した。より多くのクラリネット、ピッコロが次第に加えられて行き、金管楽器が更に発達し、打楽器の素晴らしさ、そして劇的な効果が、大太鼓やシンバル、トライアングル等の打楽器セクションの拡張を促した。17世紀にはドイツ、フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えはじめた。現在、行進曲として演奏されるレパートリーが出現するのもこのころからである。1810年代には吹奏楽隊は使用する楽器が国により様々に異なって来るが、既に現在とほぼ変わらない規模に達してもいた。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらの作品にも行進曲や軍楽用の作品がみられる。吹奏楽 フレッシュアイペディアより)

  • サルデーニャ

    サルデーニャから見た古代エジプト古代エジプト

    新石器時代からローマ帝国の時代にかけて、ヌラーゲ(Nuraghe)人が上陸し、生活しはじめた。現在もこの民族の子孫が7000人以上いる。この謎に満ちた民族は、紀元前20世紀頃、東地中海からやって来たものと推測されている。少しわかっていることは、エジプトの碑文に「海の民」という意味の名前で登場する人々を指しているということである。その碑文の研究によると、彼らは、サルディス(リディア)を出発し、ティレニア海にたどり着いた。そこで、サルデーニャに行く者とエトルリアに行く者に分かれた、ということである。しかし、サルデーニャ人の起源に関する理論のほとんどは、遺伝学的な研究と民族の移動状況を重要視している。遺伝学的な研究によると、サルデーニャ人は周辺地域の人々や若い民族とは異なり、前インド=ヨーロッパ人だとしている。新石器時代以降の遺跡の散らばりぐあい、点在範囲、その大きさを調べれば、島の大体の人口がわかり、また彼らがこの島のどこに上陸し、定着したかがわかる。サルデーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 串刺し

    串刺しから見た古代エジプト古代エジプト

    右列に画像がある古代エジプトのように腹部を刺し貫く方法もあるにはあるが、世界の多くの地域における通常的な方法では、棒の挿入は直腸もしくは口から行われ、対象者に苦痛と速やかな死をもたらす。通常、棒は木のように地面に立てられ、棒で刺された犠牲者は、死に至るまで、地面の上に放置される。手順としては、犠牲者は串刺しの前に、公開拷問および暴行を含む刑を受けた後、衣服を剥ぎ取られる。次に、生殖器と直腸の間にある鼠蹊部に切り口を開けられ、そこに先端を丸くした丈夫な棒を挿入される。丸い先端は生命維持に必要な器官(臓器)を圧しながら口のほうに押し込まれる。先端が尖っているときは、器官に穴を開け、死を早めることもある。棒の代わりに手頃な枝が使われることもしばしばあった。串刺し フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前4千年紀

    紀元前4千年紀から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前3000年 - エジプトで、メネス王が上エジプトと下エジプトの二王国を統一。ファラオとなる。紀元前4千年紀 フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴル美術館

    ルーヴル美術館から見た古代エジプト古代エジプト

    美術館として正式に開館したのは1793年のことで、このときには、王室所有だった、あるいは教会財産から没収された絵画を中心として、537点の絵画が展示されている。しかしながら、建物の構造上の問題から1796年にいったん閉館されており、1801年に再度開館した。フランス皇帝ナポレオン1世が、諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、美術館も名前を「ナポレオン美術館 ()」と改名したこともあった。その後、ワーテルローの戦いの敗戦でナポレオンがフランス皇帝位を追われ、ナポレオン軍が収奪していた美術品の多くが、もとの持ち主たちに返還されている。王政復古でフランス王となったルイ18世、シャルル10世の統治時代、さらにフランス第二帝政時代で、ルーヴル美術館の所蔵品はさらに増え続け、20,000点を超える美術品が集められた。その後フランス第三共和政が成立したが、この時代にもルーヴル美術館の所蔵品は、遺贈、寄贈などによって着実に増えていった。2003年に「イスラム美術部門」が創設され、所蔵品が、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描・版画部門」の8部門に分類されることとなったルーヴル美術館 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ史

    アフリカ史から見た古代エジプト古代エジプト

    ナイル川はザイールとウガンダの国境から流れ出る白ナイルとエチオピアのタナ湖から流れ出る青ナイルからなり、エジプトへと流れるアフリカ大陸で最長の大河である。河口には世界四大文明のひとつであるエジプト文明が興った。詳細については古代エジプト、エジプトの歴史および各王朝の記事を参照。アフリカ史 フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルティティ

    ネフェルティティから見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前1346年(頃)、エジプト第18王朝の若きファラオ、アクエンアテン(旧名アメンホテプ4世)は、父王アメンホテプ3世の逝去で、全権を掌握すると、かねてからの理想を実行に移し始めた。ネフェルティティ フレッシュアイペディアより)

  • アスワン・ハイ・ダム

    アスワン・ハイ・ダムから見た古代エジプト古代エジプト

    ナイル川は、アスワンのすぐ南で急流が続いており、船舶の航行が不可能となっている。そのため、アスワン(エレファンティネ)は古代エジプトにおいては長く南の国境とされ、ここより南はヌビアとして別の文明圏であると考えられていた。一方でこの地形はダム建設には最適であったため、上述の理由によりナイル川へのダム建設が必要とされるようになると、エジプトを保護下に置いていたイギリスによって調査がおこなわれ、1901年、アスワンのすぐ南にアスワンダムが建設された。これにより治水能力は大幅に向上したものの、いまだナイル川を完全にコントロールできたわけではなかったため、やがてより大規模なダム建設の必要性が認識されるようになった。アスワン・ハイ・ダム フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドロス3世

    アレクサンドロス3世から見た古代エジプト古代エジプト

    アレクサンドロス3世(、ラテン文字転写:、、紀元前356年7月? - 紀元前323年6月10日、在位紀元前336年 - 紀元前323年)はアルゲアデス朝のマケドニア王、(コリント同盟)の盟主、エジプトのファラオを兼ねた人物である。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、この場合は英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。アレクサンドロス3世 フレッシュアイペディアより)

865件中 41 - 50件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード