865件中 61 - 70件表示
  • カルカルの戦い

    カルカルの戦いから見た古代エジプト古代エジプト

    シャルマネセル3世統治下においてアッシリアは急激な領土拡大を続けていた。シリア地方はレバノン杉をはじめ重要物資の供給地であったほか、エジプトに到る通商路が通っていたため、たびたび大国の争奪戦が繰り広げられている土地であった。アッシリアがシリア近辺まで領土を拡大すると、それまで相互に争っていたシリア地方の諸王国は同盟を結んでこれに対抗した。カルカルの戦い フレッシュアイペディアより)

  • エーベルハルト・オットー

    エーベルハルト・オットーから見た古代エジプト古代エジプト

    1932年から1937年までライプツィヒやミュンヘン・ゲッティンゲンで学び、1938年の博士号取得と1943年の大学教授資格取得の後、1950年にハンブルク大学のエジプト学の員外教授となった。1955年、オットーはハイデルベルク大学のエジプト学の正教授となった。古代エジプトの宗教や文化についての研究の傍ら、彼はその死までヴォルフガング・ヘルク(Wolfgang Helck)とともに編集を行った"Lexikon der Ägyptologie"(『エジプト学事典』)での研究で有名になった。彼の最も成功した著作は彼の妻に捧げられたポケット版の本である"Ägypten. Der Weg des Pharaonenreiche"(『エジプト・ファラオの王国の過程』)であり、これは1979年まで5版が重ねられた。エーベルハルト・オットー フレッシュアイペディアより)

  • 銀貨

    銀貨から見たエジプト文明古代エジプト

    白く輝く銀は天然に少量で、その美しさは人を魅了するため古くから装飾品などに使われ、価値の高い金属であった。秤量貨幣としての銀貨は古くエジプト文明のころに萌芽が現れ、古代ギリシャ・ローマ文明では金貨に次いで高額な貨幣として鋳造された。銀貨 フレッシュアイペディアより)

  • リブ (部族)

    リブ (部族)から見た古代エジプト古代エジプト

    リブ(Libu (100 px, R'bw, Ribou, Labu)は、古代リビアの部族。古代エジプト新王国(主にラムセス治世)の記録により存在が明らかになった。メルエンプタハは、カルナックにエジプトとリビアの対立の起源や、リビアが敗退したことを記録している。リブ (部族) フレッシュアイペディアより)

  • アトラス (建築)

    アトラス (建築)から見た古代エジプト古代エジプト

    アトラスに先行してカリアティードが存在しただけでなく、古代エジプトでも巨石から似たような彫像建築を作っていた。アトラスはマグナ・グラエキアで発生したとされており、南イタリアおよびシチリア島を古代ギリシア人が植民地化した後に生まれた。現存する最古のアトラスは、シチリア島アグリジェント(神殿の谷)のゼウス・オリンピア神殿にある。しかし、アトラスがより重要な役割を果たすようになるのは、マニエリスムとバロック建築の時代である。アトラス (建築) フレッシュアイペディアより)

  • 新エジプト語

    新エジプト語から見た古代エジプト古代エジプト

    新エジプト語で書かれた代表的な文献には、古代エジプトにおける膨大な数の宗教文書や世俗的な文学が含まれる。物語『ウェンアモンの旅行記』(Story of Wenamun)や『The Chester-Beatty ? パピルス』にある愛の詩などが有名である。新エジプト語の時代には『アニの教訓』( Papyrus of Ani)などの、人々に正しい行いを説く「教訓話」とよばれる形式の文学が多く記された。また、エジプト第19王朝から第20王朝では、行政言語として新エジプト語が使用され、この時代の新エジプト語による行政文書が残されている。新エジプト語 フレッシュアイペディアより)

  • 光記念館

    光記念館から見た古代エジプト古代エジプト

    人類史展示室は、旧石器の打製石器、メソポタミア文明、ギリシャ・地中海文明、エジプト文明、インダス文明、メソアメリカ文明、中国文明、縄文土器等の古代遺物、特にアンデス文明の文物が充実している。光記念館 フレッシュアイペディアより)

  • レープクーヘン

    レープクーヘンから見た古代エジプト古代エジプト

    スパイスの入った小さな蜂蜜パンについて記している最初の文献記録は、紀元前350年のものである。古代のエジプト人は、蜂蜜で甘くしたケーキを知っていたが、これは往時の葬儀の副葬品としても知られている。ローマ人に馴染みのあったパーヌス・メリトゥスは蜂蜜をケーキに塗って焼いたものである。今日とは違い、レープクーヘンはクリスマスの時期にのみ食されるものではなく、イースターやそのほかの時にも食べられるものであった。レープクーヘンは四旬節の料理の一品として、強いビールなどの飲み物と一緒に出された。レープクーヘン フレッシュアイペディアより)

  • プドゥヘパ

    プドゥヘパから見た古代エジプト古代エジプト

    王妃として夫であるハットゥシリに大いに協力した一方で、それぞれが独自の行動をとっていたようである。人事や子供の養育に傾注する一方で、ヒッタイトの政治や外交にも参画した。エジプトのラムセス2世をはじめとする外国の大王に宛てたプドゥヘパの手紙が数多く伝わっており、ラムセス2世はプドゥヘパを「我が姉妹」、ハットゥシリを「我が兄弟」と呼んでいた。また大王のみならず王妃の名が記された土地贈与文書や印章が残されている。プドゥヘパは夫よりも長生きし、ヒッタイトではよくあったことであるが、息子トゥドハリヤ4世の時代にもタワナアンナ(この場合は皇太后)として君臨した。プドゥヘパ フレッシュアイペディアより)

  • ナイルの戦い (紀元前47年)

    ナイルの戦い (紀元前47年)から見た古代エジプト古代エジプト

    ナイルの戦い(ナイルのたたかい、ラテン語:bellum Alexandrinum)は、紀元前47年にエジプトで行われたガイウス・ユリウス・カエサル率いる共和政ローマ軍とプトレマイオス朝エジプトとの戦いである。ナイルの戦い (紀元前47年) フレッシュアイペディアより)

865件中 61 - 70件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード