1152件中 61 - 70件表示
  • カイロ

    カイロから見た古代エジプト古代エジプト

    カイロの中心市街はナイル川の右岸、東側に位置する。ナイルをはさんで対岸の西郊には、ピラミッドで有名なギーザの町がある。町の南は古代エジプトの中心都市のひとつ、メンフィスである。カイロ フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン

    ソロモンから見た古代エジプト古代エジプト

    ソロモン(、 、 、 、 、 紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王(在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いた。ソロモン フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドロス3世

    アレクサンドロス3世から見た古代エジプト古代エジプト

    アレクサンドロス3世(、紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王()は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。その他にはイスカンダルなどと呼ばれている。アレクサンドロス3世 フレッシュアイペディアより)

  • セルケト

    セルケトから見た古代エジプト古代エジプト

    セルケト(Serket)は、古代エジプト神話の女神。セルケト フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽

    吹奏楽から見た古代エジプト古代エジプト

    吹奏楽の歴史は、古代エジプトにまでさかのぼる。ラッパと太鼓類を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されている。古代ローマ時代には編成を増し、中世の軍楽の基礎をつくった。中世になると楽器も発達し、種類・数量も増えて行く。オスマン帝国の侵攻に伴うトルコ軍楽との接触は西ヨーロッパの吹奏楽隊の拡張に貢献した。より多くのクラリネット、ピッコロが次第に加えられて行き、金管楽器が更に発達し、打楽器の素晴らしさ、そして劇的な効果が、大太鼓やシンバル、トライアングル等の打楽器セクションの拡張を促した。17世紀にはドイツ、フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えはじめた。現在、行進曲として演奏されるレパートリーが出現するのもこのころからである。1810年代には吹奏楽隊は使用する楽器が国により様々に異なって来るが、既に現在とほぼ変わらない規模に達してもいた。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらの作品にも行進曲や軍楽用の作品がみられる。吹奏楽 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た古代エジプト古代エジプト

    「エジプトはナイルの賜物」という古代ギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉で有名なように、エジプトは豊かなナイル川のデルタに支えられ古代エジプト文明を発展させてきた。エジプト人は紀元前3000年頃には早くも中央集権国家を形成し、ピラミッドや王家の谷、ヒエログリフなどを通じて世界的によく知られている高度な文明を発達させた。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴル美術館

    ルーヴル美術館から見た古代エジプト古代エジプト

    美術館として正式に開館したのは1793年のことで、このときには、王室所有だった、あるいは教会財産から没収された絵画を中心として、537点の絵画が展示されている。しかしながら、建物の構造上の問題から1796年にいったん閉館されており、1801年に再度開館した。フランス皇帝ナポレオン1世が、諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、美術館も名前を「ナポレオン美術館 ()」と改名したこともあった。その後、ワーテルローの戦いの敗戦でナポレオンがフランス皇帝位を追われ、ナポレオン軍が収奪していた美術品の多くが、もとの持ち主たちに返還されている。王政復古でフランス王となったルイ18世、シャルル10世の統治時代、さらにフランス第二帝政時代で、ルーヴル美術館の所蔵品はさらに増え続け、20,000点を超える美術品が集められた。その後フランス第三共和政が成立したが、この時代にもルーヴル美術館の所蔵品は、遺贈、寄贈などによって着実に増えていった。2003年に「イスラム美術部門」が創設され、所蔵品が、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描・版画部門」の8部門に分類されることとなった。ルーヴル美術館 フレッシュアイペディアより)

  • スエズ運河

    スエズ運河から見た古代エジプト古代エジプト

    東西を結ぶ運河の遺構は、古代エジプトのブバスティス(en)、アヴァリス(ペル・ラメセス、Pi-Ramesses)、ビション(en)を結び、これは1799年に技術者や地図製作者を率いたナポレオン・ボナパルトが発見した。これは『エジプト誌』(en)に纏められた。スエズ運河 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た古代エジプト古代エジプト

    ワインは極めて歴史の古い酒の一つであり新石器時代に醸造が始まったとされる。様々な歴史的記念物、文献などからジョージアでは7000年から5000年前に醸造され発祥地のひとつとされる。近東のワイン造りの化学的痕跡としては、イランのザグロス山脈で見つかった紀元前5400?同5000年(約7000年前)のものが最古とされていたが、ジョージアで発掘された約8000年前の陶器の壺が科学分析により世界最古のワイン醸造の痕跡であると2017年に発表された。また、アルメニアでは約6000年前のものとされる世界最古のワイン醸造所跡が発見されており、その頃には既に高度な醸造技術が確立されていた。以後、醸造法が南方に伝播したことから、中東、特にメソポタミアを中心とする地域で広く愛飲されるようになる。ただし、メソポタミアは葡萄の栽培に適した土地でなかったため、イラン高原では紀元前6000年頃から生産が始まっていたものの、メソポタミア(※特に南部のシュメール)においては紀元前4000年頃になってようやく醸造できるようになったようだ。古代エジプトにおいても、紀元前4000年代末期にはワインが製造されていた。ワイン フレッシュアイペディアより)

  • 陣取り

    陣取りから見た古代エジプト古代エジプト

    日本に限らず、世界的に、戦闘を行う場合は、陣を築くのが一般で、歴史上においては、数知れぬ陣取り合戦があった。古代エジプトのファラオ、ラムセス2世が、ヒッタイトの何とかかんとかムワタリ王と対峙し、カデシュの城塞を争ったカデシュの戦いも陣取り合戦である。陣取り フレッシュアイペディアより)

1152件中 61 - 70件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード