865件中 71 - 80件表示
  • ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・クルス

    ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・クルスから見た古代エジプト古代エジプト

    レントゥルスは紀元前48年8月のファルサルスの戦いへ参戦したが、元老院派は敗北を喫し、レントゥルスはキプロス、ロードス島を経て、ポンペイウスと同じくエジプトへ逃れた。そこでポンペイウス同様殺害されたが、カエサルが書いた『内乱記』ではポンペイウスと同じ舟に乗船して捕虜となり翌日に殺害されたとある一方、プルタルコス『対比列伝』ではポンペイウスと別の舟で上陸してポンペイウスの死を確認した後に捕縛・殺害されたとある。ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・クルス フレッシュアイペディアより)

  • ショクヨウガヤツリ

    ショクヨウガヤツリから見た古代エジプト古代エジプト

    本種と人間の関わりは非常に歴史が古い。古代エジプトでは珍重され、食後のデザートや大麦の飲料に甘みを加えるために用いられたといわれており、実際に墓から塊茎が発掘されている。ショクヨウガヤツリ フレッシュアイペディアより)

  • カルタミン

    カルタミンから見た古代エジプト古代エジプト

    カルタミンが利用されてきた歴史は古く、紀元前25世紀には古代エジプトでミイラの着衣からベニバナが染料として使用された記録が残っている。以来、ヨーロッパ諸国で絨毯用羊毛の染色や、日本で芸者や歌舞伎役者の化粧用の「紅」として使われてきた。カルタミン フレッシュアイペディアより)

  • セバイト

    セバイトから見た古代エジプト古代エジプト

    セバイトもしくはセバーイェト(MdC表記:sbA.yt) とは、ファラオ時代の文学のジャンルを指す古代エジプトの言葉である。この語は文字通りには「教訓」もしくは「指示」を意味し、「正しい生き方」に焦点を合わせてフォーマルに書かれた倫理的教訓を指す。セバイト フレッシュアイペディアより)

  • デ・トマソ

    デ・トマソから見た古代エジプト古代エジプト

    エンブレムはアレハンドロの母国・アルゼンチンの国旗にも使われる「水色・白・水色」の配色に古代エジプトの女神「イシス」を表す象形文字(ヒエログリフ)を組み合わせたもの。ただしそれがイタリアではタブー視されていたこともあり、アレハンドロは「妻・イザベル」のイニシャルと称していたという。デ・トマソ フレッシュアイペディアより)

  • アナトリー・フォメンコ

    アナトリー・フォメンコから見た古代エジプト古代エジプト

    フォメンコは、十二宮の統計的相関関係に基づいた独自の「新歴史学(New Chronology)」を創始した。彼は、これまで信じられてきた年代とは数学的に合わない多くの歴史的事件を発見したと主張している。彼は、古代ギリシア、古代ローマ、古代エジプトを含む古代史全てが、中世に起こった事件の反映に過ぎず、また中国やアラブの歴史全てが、17世紀から18世紀にかけてのイエズス会によるでっち上げだったと主張している。また、イエス・キリストは12世紀の人物で、コンスタンティノポリスで磔刑にされたということや、トロイア戦争と十字軍は実は同じものであること、モンゴル帝国のチンギス・ハーンは実はロシア人であったということなども主張している。一次資料を論争の対象とするだけでなく、フォメンコは年輪年代学や放射性炭素年代測定といった年代測定の方法論に対しても真っ向から異を唱えている。アナトリー・フォメンコ フレッシュアイペディアより)

  • ドレッドロックス

    ドレッドロックスから見た古代エジプト古代エジプト

    ドレッドロックスの最も古い最初の実例は古代エジプト王朝にまでさかのぼる。当時のエジプトの王族や平民は髪型をドレッドロックスにしたり、またはそのようなかつらを身に付けていた事がレリーフ、彫像、およびその他の遺物によって明らかになっている。ドレッドロックスのかつらは、ミイラ化したドレッドロックスの古代エジプト人の遺体と同じくらい考古学の遺跡から出土・復元されている。ドレッドロックス フレッシュアイペディアより)

  • ハトシェプスト (漫画)

    ハトシェプスト (漫画)から見た古代エジプト古代エジプト

    『ハトシェプスト』は、山岸凉子の漫画作品である。古代エジプトに実在した女性ファラオの半生を描いた作品である。白泉社「セリエミステリー」1995年10月号と1996年4月号に、計2話が掲載された。ハトシェプスト (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 増水祈願

    増水祈願から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトよりナイル川に依存した灌漑農業を行っていたエジプトでは夏季にナイル川の水位が低下あるいは干乾すると、その年の穀物や豆類の収穫に深刻な影響を与える。しかも、それを見越しての買占め(しかも多くは投機目的の商人による)が行われるために、収穫期の到来以前から価格が上昇して民衆が暴動等の民衆運動を起こす状況が続いた。マムルーク朝などのスルタンはこれに先手を打つ形で大規模な増水祈願を行って降雨の祈願とともに社会不安の沈静化を図った。増水祈願 フレッシュアイペディアより)

  • ソティス周期

    ソティス周期から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトで、ナイル川の氾濫の予測と農業のために用いられた。ソティス(Sothis)とは古ラテン語でシリウスのこと。ソティス周期 フレッシュアイペディアより)

865件中 71 - 80件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード