1152件中 71 - 80件表示
  • アームチェア

    アームチェアから見た古代エジプト古代エジプト

    起源は古代エジプト時代の頃から存在し、そのときは高位のものが着席する玉座として目されていたという説がある。西洋では椅子と言えば16世紀末ごろまで、全てこのアームチェアのことを意味したそうである。アームチェア フレッシュアイペディアより)

  • スコーピオン・キング

    スコーピオン・キングから見た古代エジプト古代エジプト

    スコーピオン・キング()は、古代エジプトに実在したとされるファラオである。スコーピオン・キング フレッシュアイペディアより)

  • フットサル

    フットサルから見た古代エジプト古代エジプト

    もともと足で球やボールを蹴る行為はサッカーもフットサルも起源や歴史は一緒であり、人類は歴史が始まった頃からこの行為は始まったとされる。例えば、新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見されたこと(中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない)。南米の熱帯雨林で古くから早く生産して作った天然ゴムのボール(これにより南米では早くからボールを蹴るが行われていた)。パタゴニアやアンディスのインディオ文明にて描かれているボールを蹴る人々(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。他にも足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。フットサル フレッシュアイペディアより)

  • ディナ

    ディナから見た古代エジプト古代エジプト

    ヤコブ一家がエジプトに移住する時に同行した。ユダヤ教の伝説ではエジプトでヨセフの妻になったとも言われている。また、ラビ文学 (en)ではシメオンの妻となったとされる。ディナ フレッシュアイペディアより)

  • トウィール

    トウィールから見た古代エジプト古代エジプト

    第2編の『夢の谷』で、トウィールの種族がトートだと明かされる。トウィールが連れの人間たちに見せた古代の壁画には、古代エジプト人とおぼしき人々がトウィールを崇めていた。壁画がエジプトのトート神にそっくりだと言ったら、トウィールが答えるに「イエス、イエス、イエス、トート」。そのとき分かった。火星人はトートであり、古代エジプトを訪れ、人間どもに文字を教え、神と認められた。トウィール フレッシュアイペディアより)

  • 夢の谷

    夢の谷から見た古代エジプト古代エジプト

    ある建物で、ネズミのような生物が火星人の書籍の上にかがみ込んでいた。トウィールは怒ってネズミ生物を追っ払い、本を棚に戻したが、2人の地球人にはネズミ生物が本を読んでいたのか、食べていたのかは判断が付かなかった。その建物は図書館らしいが、トウィールの指す方向を見ると、腰掛けた火星人の前で一人の人間がひざまずく巨大な壁画があった。壁画の火星人はエジプトのトート神のようだとリロイが言ったとき、トウィールが興奮してその名を反復し、自身と街の皆を指さした。2人の地球人は悟った。トウィール族はトートであり、古代エジプトを訪れ、トキの頭をした神となったのだと。夢の谷 フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・カルプルニウス・ビブルス

    マルクス・カルプルニウス・ビブルスから見た古代エジプト古代エジプト

    2度結婚して3人の息子がいたが、その内の1人ルキウスはアウグストゥスの部下として活躍した。残りの2人はアウルス・ガビニウスがプトレマイオス12世を王位に復帰させるためにエジプトへ侵攻した際に同行したが、その後ガビニウスがエジプトから撤退した後、エジプト人によって殺害された。マルクス・カルプルニウス・ビブルス フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ2世

    クレオパトラ2世から見た古代エジプト古代エジプト

    クレオパトラ2世(希:、ラテン文字表記:Cleopatra II Philometora Soteira、紀元前185年頃?紀元前116年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前173年-紀元前164年、紀元前163年-紀元前127年、紀元前124年-紀元前116年)。父はプトレマイオス5世、母はクレオパトラ1世。プトレマイオス6世フィロメトル・プトレマイオス8世フュスコンの姉妹で、それぞれの后となった。プトレマイオス6世との子にプトレマイオス7世、クレオパトラ3世コッケ、クレオパトラ・テアがいる。クレオパトラ2世 フレッシュアイペディアより)

  • シャルマネセル1世

    シャルマネセル1世から見た古代エジプト古代エジプト

    これに対しヒッタイト王ハットゥシリ3世は危機感を募らせ、バビロニア(カッシート朝)王カダシュマン・トゥルグと同盟を結んでアッシリアに対抗するとともに、エジプトに娘を嫁がせて対アッシリアの備えを進めた。シャルマネセル1世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ・セレネ1世

    クレオパトラ・セレネ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    クレオパトラ・セレネ1世、またはクレオパトラ5世セレネ(希:、ラテン文字表記:Cleopatra Selene I、??紀元前69年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝の王妃(在位紀元前115年-紀元前107年)。父はプトレマイオス8世、母はクレオパトラ3世。プトレマイオス9世の姉妹・妻で、ベレニケ3世の母。その後、セレウコス朝シリアの王アンティオコス8世グリュポス、アンティオコス9世キュジケノス、アンティオコス10世エウセベスの妻となる。クレオパトラ・セレネ1世 フレッシュアイペディアより)

1152件中 71 - 80件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード