865件中 81 - 90件表示
  • ニマアトハピ

    ニマアトハピから見た古代エジプト古代エジプト

    ニアマトハピ(Ne-maat Hap)は、古代エジプトの第2王朝最後のファラオ、カセケムイの娘であり、ニマアトハピ フレッシュアイペディアより)

  • スコーピオン・キング

    スコーピオン・キングから見た古代エジプト古代エジプト

    スコーピオン・キング()は、古代エジプトに実在したとされるファラオである。スコーピオン・キング フレッシュアイペディアより)

  • チッポラ

    チッポラから見た古代エジプト古代エジプト

    エジプトでエジプト人の殺害事件が発覚してミデヤンの地に逃亡したモーセは、イテロの娘のチッポラに出会って結婚し、ゲルショムとエリエゼルの2人の子をもうけた。チッポラ フレッシュアイペディアより)

  • ナカダ文化

    ナカダ文化から見た古代エジプト古代エジプト

    ナカダ文化(Naqada culture)は、銅器時代古代エジプト(紀元前4400-3000年)、現在のケナ県ナカダ(Naqada)の文化ナカダ文化 フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・カルプルニウス・ビブルス

    マルクス・カルプルニウス・ビブルスから見た古代エジプト古代エジプト

    2度結婚して3人の息子がいたが、その内の1人ルキウスはアウグストゥスの部下として活躍した。残りの2人はアウルス・ガビニウスがプトレマイオス12世を王位に復帰させるためにエジプトへ侵攻した際に同行したが、その後ガビニウスがエジプトから撤退した後、エジプト人によって殺害された。マルクス・カルプルニウス・ビブルス フレッシュアイペディアより)

  • The Wildlife Society

    The Wildlife Societyから見た古代エジプト古代エジプト

    団体のロゴは、古代エジプトのヒエログリフを用いており、獣・鳥・魚・花といった野生生物が描かれている。The Wildlife Society フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの川

    エジプトの川から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプトの川(, 翻字: Nachal Mitzrayim: , )は、ヘブライ語聖書に記された約束の地の西の境界となる川のこと。広く普及した聖書の解釈では、アーリシュのワジ (涸れ川) にあたると考えられているが、この比定には異論がいろいろ出されている。初期のアラム語訳聖書やユダヤ教の注釈によれば、ペルシウム(Pelusium)付近で古代エジプトの境界を成していた、現在は存在しないナイル川の河口の入り江であるとされている。さらに、イスラエル南部のベソルのワジ(HaBesor Stream)に比定する説もある。エジプトの川 フレッシュアイペディアより)

  • 王権

    王権から見た古代エジプト古代エジプト

    初期国家の主権者は多くの場合「王」であり、王は、ほとんどすべての民族社会において、国家の成立とともにその最高権力を保持する者として出現する。この「王」のもつ権力が王権であり、王権の起源は、神に出自するという信仰や伝承に由来することが多い。ここから「王は神の子」というような王の神聖性の観念が生まれ、王は宗教的に神格化されることとなる。太陽神と同一視される古代エジプトの王ファラオはその典型であり、日本においても天武天皇の時代には「大君は神にしませば」で始まる和歌が盛んに作られた。古代の王はまた、司祭者的性格を有することも多く、メソポタミア文明におけるシュメールの諸王や古代イスラエルの王にその典型が認められる。王権 フレッシュアイペディアより)

  • アウルス・ガビニウス

    アウルス・ガビニウスから見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前55年、元エジプト王プトレマイオス12世からの要請を受けて、プトレマイオス12世をプトレマイオス朝のファラオに復位させる為にガビニウスはエジプトへ侵攻したが、ガビニウス不在の間を縫って、シリアでヒルカノス2世の甥でアリストブロス2世の息子アレクサンドロスがヒルカノス2世から大祭司職から引きずり落とす事態に発展した。ガビニウスはアレクサンドロスを追討してヒルカノス2世を復位させた上で、マルクス・リキニウス・クラッススへシリア属州総督の地位を引き継いだ(紀元前54年)。アウルス・ガビニウス フレッシュアイペディアより)

  • 夢の谷

    夢の谷から見た古代エジプト古代エジプト

    ある建物で、ネズミのような生物が火星人の書籍の上にかがみ込んでいた。トウィールは怒ってネズミ生物を追っ払い、本を棚に戻したが、2人の地球人にはネズミ生物が本を読んでいたのか、食べていたのかは判断が付かなかった。その建物は図書館らしいが、トウィールの指す方向を見ると、腰掛けた火星人の前で一人の人間がひざまずく巨大な壁画があった。壁画の火星人はエジプトのトート神のようだとリロイが言ったとき、トウィールが興奮してその名を反復し、自身と街の皆を指さした。2人の地球人は悟った。トウィール族はトートであり、古代エジプトを訪れ、トキの頭をした神となったのだと。夢の谷 フレッシュアイペディアより)

865件中 81 - 90件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード