1152件中 81 - 90件表示
  • ベレニケ2世

    ベレニケ2世から見た古代エジプト古代エジプト

    ベレニケ2世(希:、ラテン文字表記:Berenice II、紀元前267年または266年 - 紀元前221年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位:紀元前244年 - 紀元前221年)。父はキュレネ王マガス(在位:紀元前276年 - 紀元前250年)。プトレマイオス3世エウエルゲテスと結婚し、プトレマイオス4世フィロパトル、アルシノエ3世の母となった。星座・かみのけ座の伝説で有名な女性である。ベレニケ2世 フレッシュアイペディアより)

  • ディジット

    ディジットから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトでは、キュビット ≒ 1.9 cm を表した。ディジット フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ3世

    クレオパトラ3世から見た古代エジプト古代エジプト

    クレオパトラ3世(希:、ラテン文字表記:Cleopatra III Philometor Soteira Dikaiosyne Nikephoros (Kokke)、紀元前161年?紀元前101年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前142年-紀元前131年、紀元前127年-紀元前101年)。父はプトレマイオス6世、母はクレオパトラ2世。プトレマイオス8世フュスコンの姪・妻。プトレマイオス9世ラテュロス、プトレマイオス10世アレクサンドロス、クレオパトラ4世、クレオパトラ5世セレネの母。クレオパトラ3世 フレッシュアイペディアより)

  • アッシュール・ウバリト1世

    アッシュール・ウバリト1世から見た古代エジプト古代エジプト

    ミタンニの打倒によって自信を深めたアッシュール・ウバリト1世はエジプト宛の外交文書において、エジプト王アメンホテプ4世(アクエンアテン)を「我が兄弟」と呼んだ。当時、大国(バビロニア、エジプト、ヒッタイト、ミタンニ、アラシヤ)の王に対する外交書簡(アマルナ文書)において、この呼び方が認められたのは同じ大国の王のみであり、アッシュール・ウバリト1世がこの文言を採用した事はアッシリア史における転機と言える。また他の手紙の中で彼は、自分の父親を実父のエリバ・アダドではなく、アッシュール・ナディン・アヘ2世と書いている。バビロニア王ブルナ・ブリアシュ2世はこれに不快感を示し、アッシリアを自らの臣下として相手にしないようにエジプトへ忠告している。アッシュール・ウバリト1世 フレッシュアイペディアより)

  • アッシュール・ナディン・アヘ2世

    アッシュール・ナディン・アヘ2世から見た古代エジプト古代エジプト

    紀元前15世紀から紀元前14世紀初頭にかけて、アッシュール・ナディン・アヘと言う名のアッシリア王が2人いたが、彼等については殆ど何も分かっていない。だが、彼らのうちの一人はアマルナ文書にその名が登場する。後のアッシリア王、アッシュール・ウバリト1世からエジプト王アメンホテプ4世(アクエンアテン)へ宛てた書簡(EA16)の中で、アッシュール・ナディン・アヘはエジプトへ使者を派遣して、黄金を受け取った人物として言及される。彼の治世中、アッシリアとエジプト両王家の間に婚姻関係と同盟関係が成立していたと考えられる。近年、アマルナ文書のアッシュール・ナディン・アヘは、アッシュール・ナディン・アプリの誤記であり、別人ではないかと言う論争があった。アッシュール・ナディン・アヘ2世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ4世

    クレオパトラ4世から見た古代エジプト古代エジプト

    クレオパトラ4世(、??紀元前112年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前116年-紀元前115年)。父はプトレマイオス8世フュスコン、母はクレオパトラ3世。プトレマイオス9世ラテュロスの姉妹・妻。その後、シリア王アンティオコス9世キュジケノスの妻となる。クレオパトラ4世 フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・スミス・パピルス

    エドウィン・スミス・パピルスから見た古代エジプト古代エジプト

    エドウィン・スミス・パピルス(Edwin Smith Papyrus)は、古代エジプトの外傷手術に関する書物(パピルス)。紀元前17世紀頃記述されたと考えられるが、記述されている医療知識はそれ以前1000年ほど前の間に培われたものと考えられている。エドウィン・スミス・パピルス フレッシュアイペディアより)

  • エジプト第3中間期

    エジプト第3中間期から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプト第3中間期(紀元前1069年頃から)は、古代エジプト史における時代区分である。第3中間期の区分を用いず新王国の後に末期王朝時代を置く学者も多い。また第3中間期を置く学者の間でも、どの期間とするかも見解が不一致である。第20王朝の終焉を持って第3中間期の始まりとする点ではほぼ一致するが、終了する時期については、第22王朝の末期(紀元前730年頃)まで、アッシリアによるエジプト征服(紀元前7世紀半ば)まで、或いはアケメネス朝によるエジプト征服(紀元前525年)までなど、様々な立場がある。こういった点にここで結論を出すことはできないため、以下では第21王朝から第26王朝時代までの概略を記す。エジプト第3中間期 フレッシュアイペディアより)

  • アラバストロン

    アラバストロンから見た古代エジプト古代エジプト

    アラバストロン(、alabastron)は古代の陶器の一種で、香油やマッサージ用油の容器として古代に使われていたものである。紀元前11世紀ごろの古代エジプトが発祥で、アラバスターを彫った容器が最初であり、そのためアラバストロンと呼ばれている。それが古代ギリシアに伝わり、そこから各地に広まった。アラバストロン フレッシュアイペディアより)

  • アーテミドーラスのパピルス

    アーテミドーラスのパピルスから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプト・プトレマイオス朝の記述について詳しく、パピルスに古代ギリシャ語で書かれていた。アーテミドーラスのパピルス フレッシュアイペディアより)

1152件中 81 - 90件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード