94件中 51 - 60件表示
  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たイラン

    エジプト国内においては木材・鉱物資源が乏しかったため、金、銅、鉄、木材(レバノン杉)、瑠璃などをシリア、パレスチナ、エチオピア、イラク、イラン、アナトリア、アフガニスタン等から輸入して用いていた。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た貴族階級

    ファラオは神権により支配した皇帝。わずかな例外を除き男性。継承権は第一皇女にあり、したがって第一皇女の夫がファラオになる。名前の一部には神の名前が含まれた。人口の1%程度の少ない貴族階級が土地を所有し支配していた。残る99%であるほとんどの平民は小作だった。ファラオによって土地を与えられることにより貴族となるが、ファラオが交替したり、王朝が変わると、土地を取り上げられ貴族ではなくなる事も多く、貴族は必ずしも安定した地位にあるわけではなかった。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たカデシュの戦い

    紀元前1285年頃、カデシュの戦い(ラムセス2世、対ヒッタイト)。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た征服

    紀元前730年頃、クシュ(ヌビア)王ピイ、エジプト征服古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た幾何学

    ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量と幾何学が発達した。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た砂漠

    古い時代から砂漠が広がっていたため、ナイル川流域分の面積だけが居住に適しており、主な活動はその中で行われた。ナイル川の上流は谷合でありナイル川1本だけが流れ、下流はデルタ地帯(ナイル川デルタ)が広がっている。最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)でそれぞれ違った文化が発展した後に統一されたため、ファラオ(王)の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たアテン

    紀元前1360年頃、アメンホテプ4世(アクエンアテン)によるアマルナ宗教改革(伝統的なアメン神を中心にした多神崇拝を廃止、太陽神アテンの一神崇拝に改める。世界最初の一神教といわれる)。戦闘を避けたため国力が一時低下する。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たカフラー

    紀元前2550年頃、クフ王、カフラー王、メンカウラー王がギザの3大ピラミッド造営。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た元号

    古代エジプト人は、元号のように「『王の名前』の統治何年目」のように歴史を記録していた。そのため、絶対的な年代表記法に置き換えた時に、幾分かの誤差があるだろうと言われる。初期王朝の始まりも、5年から20年ほどの誤差がある可能性が指摘されている。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たマケドニア王国

    紀元前332年、マケドニア王アレクサンドロス(アレキサンダー大王)により征服される。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード