94件中 61 - 70件表示
  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たホルス

    上エジプト:主神:ホルス、都市:エレファンティネ、ヒエロコンポリス、ナカダ、タルカン、トゥラ、ヘルワン古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たシリウス

    ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量と幾何学が発達した。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た鉄器

    紀元前3800年頃、鉄器(隕鉄加工品)の生産が始まる。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た牧畜

    紀元前10000年頃、牧畜が始まる。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た貴金属

    貨幣には貴金属が使われた。初期には金属を秤で量ってやりとりされたが、後期には鋳造貨幣が用いられた。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たセト

    下エジプト:主神:セト、都市:メンフィス古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たナイル川デルタ

    古い時代から砂漠が広がっていたため、ナイル川流域分の面積だけが居住に適しており、主な活動はその中で行われた。ナイル川の上流は谷合でありナイル川1本だけが流れ、下流はデルタ地帯(ナイル川デルタ)が広がっている。最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)でそれぞれ違った文化が発展した後に統一されたため、ファラオ(王)の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た属州

    紀元前1500年頃、トトメス1世がユーフラテス河畔まで侵攻、オリエント一円を属州とする。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た測量

    ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量と幾何学が発達した。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見た一神教

    紀元前1360年頃、アメンホテプ4世(アクエンアテン)によるアマルナ宗教改革(伝統的なアメン神を中心にした多神崇拝を廃止、太陽神アテンの一神崇拝に改める。世界最初の一神教といわれる)。戦闘を避けたため国力が一時低下する。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード