2997件中 91 - 100件表示
  • 地球球体説

    地球球体説から見たエジプトエジプト

    アリストテレス(紀元前384年-紀元前322年)はプラトンの随一の弟子であり、「学派の心髄」であった。アリストテレスは「エジプトやキプロスではみられるが北寄りの地域ではみられない星がある」ことに気付いた。これは大地の表面が湾曲していないと起こらないので、彼も大地が丸いこと「や非常に大きいこと、そして別の理由で非常に細かい変化の影響がすぐに現れはしないこと」(『天体論』、298a2–10)を信じた。地球球体説 フレッシュアイペディアより)

  • 普遍史

    普遍史から見たエジプトエジプト

    大洪水によって人類は、ノアとその一族の計8人から再出発した。第2期は彼らとその子孫を物語る。3人の息子は、セムがアジア人、ハムがアフリカ人、ヤペテがヨーロッパ人の先祖となる。これに続いて、彼らの子孫の名と、ノア・セムからアブラハムに至るまでの子を得た時の家父長の年齢が記載され、大洪水前と同様に年数を計算できる(第10-11章)。この他にも、セムの子孫でアッシリア人の始祖となったアシュル、ハムの子孫でエジプト人の始祖ミツライムやバベルの塔を建設した最初の君主ニムロデなどが登場する。これらの部分は「民族表」と呼ばれ、原典が作成された紀元前600年頃にユダヤ人が知りえた周辺の民族名リストが元になったとされている。普遍史 フレッシュアイペディアより)

  • ガラビア

    ガラビアから見たエジプトエジプト

    ガラビア (アラビア語: ????????) は、エジプトの民族衣装である。ガラビア フレッシュアイペディアより)

  • 第1次インティファーダ

    第1次インティファーダから見たエジプトエジプト

    ほとんどの記録は1948年のイスラエルの建国、1967年の第3次中東戦争以降、ヨルダン川西岸およびガザ地区のパレスチナ人は、人道的権利や民族主義的主張にかかわる問題が解決されず、進展がないことに不満が高まっていたことを示している。パレスチナ解放機構(PLO)は1960年代以降イスラエルから目立った成果を得ることに失敗し、1982年にはレバノン内戦により本拠地レバノンを追われて事務所のチュニスへの移転を強いられた。エジプトは第四次中東戦争後にイスラエルと和平を結び、他のアラブ諸国は交戦状態を維持したものの1980年代中頃にはその言辞もトーンダウンし、パレスチナ人はアラブ諸国からの支持が弱まったことを認識した。南部レバノンのイスラエル軍支配とガザ、西岸でのイスラエル軍政の継続は現状への不満を増大させた。第1次インティファーダ フレッシュアイペディアより)

  • ガザ紛争 (2008年-2009年)

    ガザ紛争 (2008年-2009年)から見たエジプトエジプト

    ハマースの代表団は1月9日夜、カイロ入りし、仲裁国のエジプトと停戦交渉に入った。エジプトによる停戦案に、イスラエル側は原則同意の方針を示したが、ハマースの在外指導部はこれを拒否した。その他にも国連やフランスなどからも停戦案が出てきたが、どれも合意には至らなかった。ガザ紛争 (2008年-2009年) フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラフ・ドロブニー

    ヤロスラフ・ドロブニーから見たエジプトエジプト

    ヤロスラフ・ドロブニー(Jaroslav Drobný, 1921年10月12日 - 2001年9月13日)は、チェコスロバキア・プラハ出身の男子テニスおよびアイスホッケー選手。第2次世界大戦でテニス経歴の中断を余儀なくされ、終戦後共産主義国となったチェコスロバキアから亡命してエジプトに渡り、テニスでも全仏選手権やウィンブルドン選手権で何度も準優勝の壁を乗り越えるなど、波瀾万丈の人生を生きた人であった。全仏選手権では1951年と1952年に大会2連覇、ウィンブルドン選手権では1954年に11度目の挑戦で優勝を果たし、4大大会男子シングルス「3勝」を挙げた。テニスと並んでアイスホッケーでも優れた技量を発揮し、1948年のサンモリッツ五輪でアイスホッケーのチェコスロバキア代表選手として銀メダルを獲得したこともある。アイスホッケーでのけがで早い時期に視力を損なったため、いつも濃い色の眼鏡をかけてプレーしていた。左利きの選手。ヤロスラフ・ドロブニー フレッシュアイペディアより)

  • プーシキン美術館

    プーシキン美術館から見たエジプトエジプト

    モスクワ市議会の議決によって、モスクワ大学に無償で土地が譲渡された。建設に当たっては、ユーリ・ネチャーエフ=マリツェフをはじめ、マーモントフ、モロゾフ、シェラプーチン、ユスポフ、シェフテリなどの献金により、1898年定礎。美術館は、コンペで1等であったクラインが本設計を行ったが、ウラジーミル・シューホフ Vladimir Shukhovがガラス張りのキャンティレバーCantilever(片持ち梁)と暖房システムを、ジョルトフスキーが正面玄関を、バルヒーンが内装など部分的設計を分担している。1912年5月にアレクサンドル3世芸術博物館として開設を見た。最初の展示品は、ヨーロッパ諸国の彫刻や古代エジプトの遺物のレプリカ、イタリア、オランダ、フランスの絵画、古銭や古代の陶器などであった。ウラジーミル・ゴレニシュチェフVladimir Golenishchevによって、モスクワ数学古文書 Moscow Mathematical PapyrusやStory of Wenamunなどの考古資料が寄贈されている。帝政期を通じて美術館はモスクワ大学の付属美術館として、美術専攻の学生の学問・調査・研究の場として機能した。プーシキン美術館 フレッシュアイペディアより)

  • エジプトのピラミッド

    エジプトのピラミッドから見たエジプトエジプト

    エジプトのピラミッド(Egyptian pyramids)は、エジプトに位置する、角錐の形をした古代のピラミッドである。2008年時点で138個が発見されている。そのほとんどは、エジプト古王国からエジプト中王国時代のファラオかその家族の墓であるエジプトのピラミッド フレッシュアイペディアより)

  • SN 1006

    SN 1006から見たエジプトエジプト

    SN 1006すなわち超新星1006は、西暦1006年に出現した超新星である。地球からの距離はおよそ7200光年。記録に残されている限り、歴史上で最も視等級が明るくなった天体であった(太陽と月を除く、-9等星)。1006年4月30日から5月1日の夜におおかみ座領域に初めて出現したこの「客星」は、スイス、エジプト、イラク、中国、日本、そして恐らくは北アメリカの観察者たちにより記録されている。SN 1006 フレッシュアイペディアより)

  • イジュティハード

    イジュティハードから見たエジプトエジプト

    一方、ガザーリーの論理に対して真っ向に反対する論理を提示したのが、ハンバル法学派に所属するイブン=タイミーヤである。イブン=タイミーヤが活躍した舞台はフレグ・ウルスとマムルーク朝が対峙したシリアとエジプトである。イブン=タイミーヤが強調した論理は、シャリーアである。彼自身は、クルアーンとスンナの強調のみでは現実的な問題に対処することが困難であったということを十分に理解していたので、シャリーアが現実的機能を果たすためにも、クルアーンとスンナに現れている法的原則を解釈し応用する必要性を説いた。イジュティハード フレッシュアイペディアより)

2997件中 91 - 100件表示

「エジプト」のニューストピックワード