3883件中 101 - 110件表示
  • 第1次インティファーダ

    第1次インティファーダから見たエジプトエジプト

    ほとんどの記録は1948年のイスラエルの建国、1967年の第三次中東戦争以降、ヨルダン川西岸およびガザ地区のパレスチナ人は、人道的権利や民族主義的主張にかかわる問題が解決されず、進展がないことに不満が高まっていたことを示している。パレスチナ解放機構(PLO)は1960年代以降イスラエルから目立った成果を得ることに失敗し、1982年にはレバノン内戦により本拠地レバノンを追われて事務所のチュニスへの移転を強いられた。エジプトは第四次中東戦争後にイスラエルと和平を結び、他のアラブ諸国は交戦状態を維持したものの1980年代中頃にはその言辞もトーンダウンし、パレスチナ人はアラブ諸国からの支持が弱まったことを認識した。南部レバノンのイスラエル軍支配とガザ、西岸でのイスラエル軍政の継続は現状への不満を増大させた。第1次インティファーダ フレッシュアイペディアより)

  • 水の危機

    水の危機から見たエジプトエジプト

    紀元前6世紀頃のエジプトやメソポタミアで始まった灌漑農業は、その水源を河川に求めていた。以来、河川は農業用水の安定した供給源であり続けたが、ダムの建設技術の発達などによって大規模な開発が可能になると、河川が持続的に供給できる水量を超えた取水が行われるようになった。水の危機 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の政治

    1970年の政治から見たエジプトエジプト

    スエズ運河東岸のイスラエル軍陣地に対する攻撃への報復として、イスラエル空軍、エジプト領内の軍事施設を攻撃。1970年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ポラリス (X-メン)

    ポラリス (X-メン)から見たエジプトエジプト

    アポカリプスは彼女たちを二人とも連れ去り、レパー・クイーンを抑えて、強制的にポラリスを新たなペスティレンスに変えた。見た限りでは洗脳されたように見えるポラリスは、世界保健機関からウイルスを収集し、疫病を流行させようとした。X-メン・アベンジャーズとアポカリプスの激しい戦いの間、ウルヴァリンは息の詰まるようなペスティレンスがローナ・デインであることが分かった。ガンビットとサンファイアが彼女を連れて帰ろうとX-マンションに戻ったとき、彼女はそこで以前のポラリスに戻っていた。彼女は立ち上がり、彼らと一緒に行くことを拒んだ。ポラリスはその夜、エジプトでアポカリプスを探そうとX-マンションを立ち去ることにした。彼女は単独でそこへ行き、のちにハボックと新たなアンキャニー・X-メンのチームによって助け出されるまで捜索の対象となっていた。エマ・フロストは彼女の力が突然変異しているようであること、そしてアポカリプスが彼女の失われた磁力を操る能力を複製するために、ローナの神経系に未知のテクノロジーを融合させたことに気がついた。ポラリス (X-メン) フレッシュアイペディアより)

  • アロン

    アロンから見たエジプトエジプト

    アロン( 、 (アハローン) 、)は、『旧約聖書』のモーセ五書や『クルアーン(コーラン)』に登場する人物。モーセの兄で、モーセと共にヘブライ人のエジプト脱出を指導した。アロン フレッシュアイペディアより)

  • Su-17 (航空機)

    Su-17 (航空機)から見たエジプトエジプト

    エジプトの保有機に関しては詳らかでないが、戦争を生き残ったSu-20に対し近代化改修が行われたという情報もある。Su-17 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • アムル・イブン・アル=アース・モスク

    アムル・イブン・アル=アース・モスクから見たエジプトエジプト

    アムル・イブン・アル=アース・モスク(アラビア語:'')は、エジプト・カイロ旧市街にあたるフスタートに建設されたモスクである。642年に建設された。アムル・イブン・アル=アース・モスク フレッシュアイペディアより)

  • デンデラ神殿複合体

    デンデラ神殿複合体から見たエジプトエジプト

    デンデラ神殿複合体(デンデラしんでんふくごうたい、, 古代エジプト語: イウネト Iunet またはタンテレ Tantere、ギリシア語: テンティリス Tentyris、19世紀の英語の綴り字はベルツォーニを含むほとんどの資料においてテンティラ Tentyra であった)は、エジプト、デンデラの南東約2.5kmに位置する。それはエジプトで最もよく保存された神殿複合体の1つである。その地域はアビドスの南、上エジプトの第6のノモスとされた。デンデラ神殿複合体 フレッシュアイペディアより)

  • ブハイラ県

    ブハイラ県から見たエジプトエジプト

    ブハイラ県(ブハイラけん、、)は、エジプトにある県。県庁所在地は、ダマンフール。首都のカイロから135km北に位置する。総人口は4,737,129人(2006年)。西にアレクサンドリア県と接し、東にカフル・アッシャイフ県・ガルビーヤ県・ミヌーフィーヤ県・ギーザ県と接する。日本ではベヘイラ県とも表記される。ブハイラ県 フレッシュアイペディアより)

  • 我らが海

    我らが海から見たエジプトエジプト

    ローマ人が地中海を表す用語として「我らが海」の名を用い始めたのは、カルタゴとのポエニ戦争中にシチリア、サルデーニャ、コルシカ島を征服してからである。紀元前30年にローマの支配はイベリア半島からエジプトにまで拡大し、「我らが海」の語は「全地中海」を指す文脈で用いられるようになった。他にも「内なる海」(Mare Internum)などの名前が用いられていたが、「地中海」(Mediterraneum Mare)の名は含まれていなかった(「地中海」という語が作られたのは後のの時期であった)。我らが海 フレッシュアイペディアより)

3883件中 101 - 110件表示

「エジプト」のニューストピックワード