3883件中 111 - 120件表示
  • クニドスのソストラトス

    クニドスのソストラトスから見たエジプトエジプト

    クニドスのソストラトス(ギリシャ語:''、紀元前3世紀 - ?)は、ギリシャの建築家、技術者。エジプトのアレクサンドリアのファロス島に建っていたとされる世界の七不思議の内の一つアレクサンドリアの大灯台を設計した人物。クニドスのソストラトス フレッシュアイペディアより)

  • エアシナイ

    エアシナイから見たエジプトエジプト

    エアシナイ(英語:Air Sinai、アラビア語:????? ????????)はカイロに本拠地を置くエジプトの航空会社。エアシナイ フレッシュアイペディアより)

  • 地球球体説

    地球球体説から見たエジプトエジプト

    アリストテレス(紀元前384年-紀元前322年)はプラトンの随一の弟子であり、「学派の心髄」であった。アリストテレスは「エジプトやキュプロスでは見えるが北寄りの地方では見えない」星があることに気付いた。これは大地の表面が湾曲していないと起こらないので、彼も「大地はまるいばかりでなく、あまり大きくない球だということも明らかである。さもなければ、ほんの僅か移動するだけで、それほど早く明らかな相違を呈するはずがなかろう」(『天体論』、298a2–10)として地球球体説を主張した。地球球体説 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前305年

    紀元前305年から見たエジプトエジプト

    プトレマイオス1世が、プトレマイオス朝エジプトの初代ファラオに即位。紀元前305年 フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見たエジプトエジプト

    イスラーム世界の農書は、他の自然科学の著作と同様ヘレニズム文明の影響下で発達し、6世紀にはギリシア・ローマの農書のシリア語訳が進められ、10世紀初めには最初のアラビア語農書である『ナバテア人の農書』が成立、後代に大きな影響を与えた。この書を基礎にエジプトや東方イスラーム世界での経験が加味され、これらをまとめた『農書』(12世紀半ば)は初めてスペイン語訳された初のイスラーム農書となり、同時期のヨーロッパ農書に影響を与えた。農書 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たエジプトエジプト

    2011年(平成23年)初頭にはアラブ諸国ではアラブの春による反政府デモが起こり、チュニジアやエジプトで長期政権が崩壊した。同年3月には、日本で東北地方太平洋沖地震が発生。この地震に起因する東日本大震災および福島第一原子力発電所事故が発生し、太平洋沿岸自治体で津波による居住地や職場の喪失、放射能汚染により福島県浜通りの一部から、被災地域の多くの人が移住を余儀なくされるなど、戦後最大の国難と称された。また、地震と原発事故に伴い全国各地の原子力発電所が停止して、電力不足が懸念され、東日本大震災による電力危機から節電が余儀なくされた。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ケルアン

    ケルアンから見たエジプトエジプト

    ケルアンは11世紀には首都となり、その財と繁栄で知られた。11世紀の中ごろ、エジプトのシーア派王朝であるファーティマ朝がエジプトのベドウィン(バヌーヒラル族など)を扇動してこの地方を侵略させた。この侵略により街は徹底的に破壊され、それから以前の重要性を回復することはなかった。そしてファーティマ朝の下でマフディーヤ(地中海岸のチュニジアの都市)がこの地域の中心地となった。オスマン朝では(また現代ドイツ語と同じように)トルコ語でKairuanと呼ばれた。北アフリカの地中海岸でのオスマン朝の領土拡大によって新設された州の州都がチュニスとなったことで、ベイやデイと呼ばれる地方の太守が中央政府の支配から自立した後も、ケルアンには政治的中心地としての役割は戻らなかった。現代のチュニジアでもチュニスが首都となっている。1881年に、ケルアンはフランス軍に占領され、それ以降ムスリム(イスラム教徒)以外でもこの街に入ることができるようになった。ケルアン フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・エルバラダイ

    モハメド・エルバラダイから見たエジプトエジプト

    モハメド・エルバラダイ、ムハンマド・エル=バラーダイー(''、Mohamed ElBaradei、1942年6月17日 - )は、エジプトの政治家、官僚。エジプト暫定副大統領、国際原子力機関(IAEA)の第4代事務局長を務めた。2005年、IAEAとともにノーベル平和賞を受賞した。モハメド・エルバラダイ フレッシュアイペディアより)

  • ウォルフガング・ロッツ

    ウォルフガング・ロッツから見たエジプトエジプト

    1936年、ユダヤ人自主防衛組織でイスラエル国防軍の前身となるハガナーに入隊、第二次世界大戦の勃発と同時に彼のドイツ語の能力を買われイギリス軍に入隊した。イギリス軍での任務は、そのドイツ語の能力を生かしてエジプトで北アフリカ戦線のドイツ人捕虜を尋問することだった。ウォルフガング・ロッツ フレッシュアイペディアより)

  • 香辛料貿易

    香辛料貿易から見たエジプトエジプト

    香辛料貿易(こうしんりょうぼうえき)は、香辛料、香、ハーブ、薬物及びアヘンなどを対象とした、古くから行われていた貿易(交易)のことである。アジア圏は古代から香辛料貿易に関わり、古代ギリシャ・ローマとも、ローマ-インドルートと香の道(Incense Route)を通して取引を行った。ローマ-インドルートはアクスム王国(BC5世紀-AD11世紀)が1世紀以前に開拓した紅海航路を用いるなど海洋国家に依存した。7世紀中頃、発達したイスラム圏がエジプトとスエズを結ぶ隊商路を遮断してしまうと、アクスム王国(及びインド)は、ヨーロッパ貿易圏から離れてしまった。香辛料貿易 フレッシュアイペディアより)

3883件中 111 - 120件表示

「エジプト」のニューストピックワード