3883件中 11 - 20件表示
  • サッダーム・フセイン

    サッダーム・フセインから見たエジプトエジプト

    1950年代は、エジプトで革命が起こり、親英の王制が倒されてガマール・アブドゥル=ナーセル政権が樹立に向かっている時期にあたり、アラブ諸国ではアラブ民族主義が高まりを見せており、サッダームもナーセルの影響を受けた。1958年には、イラクでも軍部によるクーデター(7月14日革命)により親英王制が打倒されている。サッダーム・フセイン フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム文化

    イスラーム文化から見たエジプトエジプト

    イスラーム文化(-ぶんか) とは、歴史的にイスラム教信者に共通する文化的な特徴を指す言葉として用いられる世俗用語である。7世紀にアラビア半島でイスラム教が成立し、初期のムスリム文化は主にアラブ地域で発展した。イスラム帝国の急速な拡大とともに、ムスリムの文化はペルシア、バングラデシュ、トルコ、パキスタン、モンゴル、中国、インド、マレーシア、ソマリ族, ベルベル人、エジプト、インドネシア、フィリピン、東ローマ帝国、アンダルス、シチリア人、バルカン半島、西洋など広範な地域の人々に影響を与え、同時に同化してきた。イスラーム文化 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル航空宇宙軍

    イスラエル航空宇宙軍から見たエジプトエジプト

    1956年の第二次中東戦争でも、イスラエル空軍は全イスラエル軍の中で重要な役割を果たした。作戦の始まる10月29日、イスラエル空軍のP-51Dムスタングはシナイ半島に進入してプロペラの羽根で電話線を切断し、他方戦闘機に護衛された16機のDC-3はイスラエル降下兵をエジプト軍の戦線の背面に投下した。イスラエル航空宇宙軍 フレッシュアイペディアより)

  • ベルベル人

    ベルベル人から見たエジプトエジプト

    ベルベル人は、、、トゥアレグの4部族をはじめ、、、、、Zouaoua、グアンチェ、Nafusis、Siwisなどの諸部族に分かれる。東はエジプト西部の砂漠地帯から西はモロッコ全域、南はニジェール川方面までサハラ砂漠以北の広い地域にわたって分布しており、その総人口は1000万人から1500万人ほどである。モロッコでは国の人口の半数、アルジェリアで同5分の1、その他、リビア、チュニジア、モーリタニア、ニジェール、マリなどでそれぞれ人口の数%を占める。北アフリカのアラブ部族の中にはベルベル部族がアラブ化したと考えられているものも多い。ヨーロッパのベルベル人移民人口は300万人と言われ、主にフランス、オランダ、ベルギー、ドイツなどに居住している他、北米ではカナダのケベック州にも居住している。ベルベル人 フレッシュアイペディアより)

  • チラン (戦車)

    チラン (戦車)から見たエジプトエジプト

    チラン(Tiran、ヘブライ語:)は、イスラエル国防軍(IDF)の戦車であり、第三次中東戦争および第四次中東戦争にてエジプトやシリアから鹵獲したT-54/T-55/T-62にイスラエル軍の規格に合わせた改修が施されている。日本語ではティランと表記される事もある。チラン (戦車) フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの法

    エジプトの法から見たエジプトエジプト

    エジプトは、19世紀中にオスマン帝国からの独立性を次第に高める一方、1882年以降、事実上イギリスの支配下に入った後、第一次大戦後の1922年にイギリスから独立するという歴史をたどる。その中で、エジプトは、フランス民法典(ナポレオン法典)をモデルとした民法典に代表されるように、中東において最初に民法、刑法、商法、訴訟法などの基本的な近代法制を整備した国であり、その法制及び法律家は、他の中東諸国の法整備などにも大きな影響を及ぼしてきた。エジプトの法 フレッシュアイペディアより)

  • 第四次中東戦争

    第四次中東戦争から見たエジプトエジプト

    第四次中東戦争(だいよじちゅうとうせんそう)は、1973年10月にイスラエルとエジプト・シリアをはじめとするアラブ諸国(以下、アラブ諸国を総称する際に「アラブ」という名称を用いる)との間で行われた戦争の名称。中東戦争の一つに数えられる。第四次中東戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム美術

    イスラム美術から見たエジプトエジプト

    909年から1171年までエジプトを支配したファーティマ朝はイスラーム世界で数少ないシーア派王朝の1つであった。ファーティマ朝は909年にイフリーキヤで誕生し、969年にはエジプトに到達しフスタートの北にカイロに首都を建設した(フスタートも経済の中心地であり続けた)。ファーティマ朝は聖俗の重要な建築様式を生み出し、アル=アズハルとアル=ハキムのモスクや、宰相バドル・アル=ジャマリが建設したカイロの城壁などが残存している。また木、象牙、釉の下にラスター彩と彩色を施した焼き物、金銀、象嵌した金属、不透明ガラス、それからとりわけ天然水晶など、最も多様な素材による美術品の豊かな産出の源でもあった。当時の職人には多数のキリスト教徒のコプト人が含まれており、キリスト教の図像を持つ数多くの作品がそのことを裏付けている。とりわけ寛容であったファーティマ朝の治世下ではキリスト教徒が多数を占めていたのである。その美術は豊かな図像が特徴となっており、人間と動物の姿が活き活きとした表現で多用され、ラスター彩の陶器に施された目玉文様のような純粋に装飾的な要素であることからは解放される傾向にあった。地中海沿岸、とりわけビザンチンの文化との商業的接触により技法と様式の両面で豊かなものとなったのである。また丸彫り彫刻を(多くの場合ブロンズで)作らせた数少ない王朝の1つでもあった。イスラム美術 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカネイションズカップ2015予選

    アフリカネイションズカップ2015予選から見たエジプトエジプト

    2013年3月10日、モロッコで行われたCAF総会で予選の抽選会を行うものと思われた。しかし3月8日になってCAF執行委員会は、 2014年1月31日に南アフリカ共和国で開催のアフリカネイションズチャンピオンシップ2014のときまでに順延する予定だった。2014年1月28日になって抽選会を4月27日にエジプト・カイロで実施することに決めた。アフリカネイションズカップ2015予選 フレッシュアイペディアより)

  • サハラ砂漠

    サハラ砂漠から見たエジプトエジプト

    サハラ砂漠は西端で大西洋に接し、北端ではアトラス山脈および地中海に接する。東側はエジプトと紅海に面し、スーダンとニジェール川を南の境とする。サハラ砂漠の中は西サハラを含むいくつかの地域に分割される。サハラ砂漠は標高300m程度の台地が広がり、中央部にはホガール山地(アルジェリア南部)、アイル山地(ニジェール北部)、ティベスティ山地(チャド北部)がある。サハラ砂漠の最高点は、ティベスティ山地のエミクーシ山(3,415m)である。サハラ砂漠の約70%は礫砂漠で、残りが砂砂漠と山岳・岩石砂漠である。サハラ砂漠 フレッシュアイペディアより)

3883件中 11 - 20件表示

「エジプト」のニューストピックワード