2997件中 21 - 30件表示
  • アフリカ U-23選手権2011

    アフリカ U-23選手権2011から見たエジプトエジプト

    本大会は予選突破の8チームのいずれかの国で開催されるものとされ、モロッコでの開催が決まった(当初はエジプトでの開催が予定されていたが変更となった)。本大会は2011年11月26日から12月10日に開催された。アフリカ U-23選手権2011 フレッシュアイペディアより)

  • 灌漑

    灌漑から見たエジプトエジプト

    考古学調査の結果、紀元前6千年紀ごろからメソポタミア、エジプト、イランといった中東で灌漑が行われていた証拠が見つかっている。それらの地域で自然な降水量だけでは生育できない大麦が栽培されていたことがわかっている。灌漑 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム建築

    イスラーム建築から見たエジプトエジプト

    イスラーム建築は、カロリング朝滅亡の後に古代と断絶したヨーロッパ諸国の建築に比べ、古代建築の諸形態をよく受け継ぎ、今日に至るまで維持してきた。このため、イスラーム建築の形態は、おおまかに、南西部アナトリア半島から北部シリア、パレスティナ、エジプト、リビア沿岸部から北アフリカ西部までのかつてのローマ帝国および東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の支配地域と、メソポタミア、アフガニスタン、パキスタンなどのサーサーン朝ペルシャ帝国の支配地域に分けることができる。イスラーム建築 フレッシュアイペディアより)

  • ガザ地区

    ガザ地区から見たエジプトエジプト

    1948年にイスラエルが独立し、周辺のアラブ諸国との第一次中東戦争が勃発しエジプトが確保した。1967年に第三次中東戦争が勃発するとイスラエルにより確保され、イスラエル人の入植が進んだ。ガザ地区 フレッシュアイペディアより)

  • チュニジアの歴史

    チュニジアの歴史から見たエジプトエジプト

    10世紀に入るとマシュリクからイスマーイール派が流入し、909年にアグラブ朝は滅ぼされてファーティマ朝が成立した。ファーティマ朝は建国当初よりカリフを称してメソポタミアのアッバース朝との対立姿勢を強く打ち出し、ムイッズの治世においてイフシード朝を倒してエジプトにまで勢力を伸張させた。エジプト征服後、ファーティマ朝はマフディーヤからカイロに移転したため、イフリーキヤの統治はズィール家に任され、973年にブルッギーン・イブン=ズィーリーによってズィール朝が成立した。第二代のマンスールがファーティマ朝からの独立を宣言し、その後ズィール朝はアッバース朝の宗主権に服したが、11世紀初頭に内紛によって国家は分裂し、1050年のアラブ系のスライム族とヒラール族の侵入によりチュニジアは大混乱に陥った。ズィール朝はこの混乱を収めることができずにカイラワーンを放棄してビジャーヤに逃れ、チュニジアは都市国家が乱立する無政府状態に陥った。スライム族とヒラール族の侵入によって、ベルベル人が多かった農村部でもチュニジアのアラブ化が進んだ 。チュニジアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋学

    東洋学から見たエジプトエジプト

    日本において漢語の「東洋」が意味するところは、西洋以外の地域であり、しばしば地理学でいうアジア(アジア洲)と同一視されている(しかし本来中国で「東洋」の語が意味していたのは、中国から見た東洋、すなわち日本などの近隣地域である)。一方「東洋」の原語とされる「オリエント」は、古来ヨーロッパから見た「東方」諸地域を意味するのであり、古典古代においては東方とみなされたエジプト・西アジアなどが「オリエント」の内容(エジプトは含まれないという見解もある)であり、さらにその後ヨーロッパ人の地理的視野が拡大するにつれ、次第により拡張されてゆき、今日ではアジア全域および(エジプトの外延部を含む)北アフリカが「オリエント」の語が表す意味である。例えば古い歴史を持つロンドン大学の「オリエント学(東洋学)学校」(School of Oriental Studies)や1873年にパリで第1回大会が開催された「国際オリエント学会議」(International Congress of Orientalists)でいう「オリエント」とは上記のような意味内容であり、当然そのなかには日本も含まれる(現在では指示する地域があまりに拡大しすぎたことを理由に、前者は「東洋アフリカ学学校」(School of Oriental and African Studies)、後者は「国際アジア・北アフリカ人文科学会議」(International Congress of Human Sciences in Asia and North Afirica)と改称されている)。したがって「オリエント」は、必ずしも日本でいう「東洋」とは完全に重なり合わない。また翻訳によるギャップも存在する。日本で「オリエント」が意味するのは、欧米でいう広範な地理概念ではなく、先述したメソポタミア・エジプトなど、古代の地中海ヨーロッパの人々がオリエントと称した諸地域に限定されているのが一般的である(つまり日本語でのオリエントは歴史的地域の概念である)。また先述の通り欧米の東洋学(=オリエント学)には、近東地域を対象とした狭義の「オリエント学」(古代オリエント学)、インド学、中国学と並んで日本学も含まれる(欧米の東洋学において日本学は重要な領域である)が、日本の東洋学には日本学は含まれない。東洋学 フレッシュアイペディアより)

  • イランの歴史

    イランの歴史から見たエジプトエジプト

    アーリア人の歴史には9世紀頃から次第に光が当たり始める。彼らの中でも最も重要な二部族、即ちペルシア人とメディア人が、ほぼ同時に歴史記録に登場し始めるからである。この記録を残したのは、当時イラン高原西部に勢力を伸張させていたアッシリアであった。当時ペルシア人やメディア人は、まだ力が弱くしばしばアッシリアに貢納を収めていた。しかしメディア人達は次第に勢力を伸ばし、やがてイラン高原全域を支配する王国を作り上げた。これは慣用的にメディア王国と呼ばれ、オリエント世界を支配したアッシリアを滅ぼし、バビロニアやエジプトに並ぶ古代の強国となった。その後、メディア王国は新たに興ったペルシア人のハカーマニシュ朝に飲み込まれるが、エラム人と並んでハカーマニシュ朝の支配機構の中に入り、ともに中央権力機構を構成する集団となってペルシア人と同化していった。イランの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • トランスフォーマー/リベンジ

    トランスフォーマー/リベンジから見たエジプトエジプト

    今回はアメリカのみならず、上海、ロンドン、パリ、エジプトなど世界各地を舞台に前作を超えたスケールで物語が展開していく。トランスフォーマー/リベンジ フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル情報コミュニティー

    イスラエル情報コミュニティーから見たエジプトエジプト

    1948年5月14日にシオニスト達はユダヤ人国家の独立宣言を行う(イスラエル独立宣言)。同月26日にイスラエル国防軍が創設される。イスラエル国家独立と同時に第一次中東戦争勃発。当時アラブ連合国の中でイギリス軍による訓練が最も行き届いていたヨルダンの国王アブドゥッラー1世とユダヤ機関政治局の間で戦争を回避する密約の試みがあった。また、侵入してきたイラクやシリア軍とも大した戦闘は起こっていない。活発に動いたのはエジプト軍であった。イスラエル情報コミュニティー フレッシュアイペディアより)

  • イラクの歴史

    イラクの歴史から見たエジプトエジプト

    現イラクはチグリス川とユーフラテス川が形成した沖積平野にあるが、ここから西シリア、エジプトにかけての地域は、土壌が肥沃で多くの古代文明が生まれたので、古代史において肥沃な三日月地帯と呼ばれる。イラクの歴史 フレッシュアイペディアより)

2997件中 21 - 30件表示

「エジプト」のニューストピックワード