2997件中 51 - 60件表示
  • サッカーエジプト女子代表

    サッカーエジプト女子代表から見たエジプトエジプト

    サッカーエジプト女子代表は、エジプトサッカー協会(, 略称:EFA)によって編成されるエジプトの女子サッカーナショナルチームである。アフリカサッカー連盟(CAF)に所属している。1998年に代表チームが結成され、アフリカの女子サッカー選手権であるアフリカ女子選手権に出場している。サッカーエジプト女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • アモン (悪魔)

    アモン (悪魔)から見たエジプトエジプト

    エジプト神話に登場する神のごとく獣の頭部を持つこととエジプトの最高神アムンとの名前の類似から、アムンが悪魔として解釈された存在とされる。『地獄の辞典』においても、アムンと同一視されている。アモン (悪魔) フレッシュアイペディアより)

  • P-15 (ミサイル)

    P-15 (ミサイル)から見たエジプトエジプト

    1967年10月21日:エジプトがイスラエルに対して発射。アレキサンドリア港外にてエジプト海軍205号計画型(NATOコードネーム:オーサ型)ミサイル艇がイスラエル海軍駆逐艦エイラートを撃沈(エイラート事件)。P-15 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ポラリス (X-メン)

    ポラリス (X-メン)から見たエジプトエジプト

    アポカリプスは彼女たちを二人とも連れ去り、レパー・クイーンを抑えて、強制的にポラリスを新たなペスティレンスに変えた。見た限りでは洗脳されたように見えるポラリスは、世界保健機関からウイルスを収集し、疫病を流行させようとした。X-メン・アベンジャーズとアポカリプスの激しい戦いの間、ウルヴァリンは息の詰まるようなペスティレンスがローナ・デインであることが分かった。ガンビットとサンファイアが彼女を連れて帰ろうとX-マンションに戻ったとき、彼女はそこで以前のポラリスに戻っていた。彼女は立ち上がり、彼らと一緒に行くことを拒んだ。ポラリスはその夜、エジプトでアポカリプスを探そうとX-マンションを立ち去ることにした。彼女は単独でそこへ行き、のちにハボックと新たなアンキャニー・X-メンのチームによって助け出されるまで捜索の対象となっていた。エマ・フロストは彼女の力が突然変異しているようであること、そしてアポカリプスが彼女の失われた磁力を操る能力を複製するために、ローナの神経系に未知のテクノロジーを融合させたことに気がついた。ポラリス (X-メン) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン条約 (1840年)

    ロンドン条約 (1840年)から見たエジプトエジプト

    ロンドン条約(ロンドンじょうやく)とは、1840年に締結された、エジプト(ムハンマド・アリー朝)とオスマン帝国との戦争における講和条約であり、ロンドン会議の中で結ばれた。ロンドン4国条約ともいい、イギリス、ロシア帝国、オーストリア帝国、プロイセン王国の4国が締結国。翌年の1841年にフランスも加わり5国海峡条約になった。ロンドン条約 (1840年) フレッシュアイペディアより)

  • 酒井雄哉

    酒井雄哉から見たエジプトエジプト

    1990年(平成2年)、15年ぶりに下山。厳しい護摩供のほか国内各地、中国五台山、エジプト・シナイ山などを巡礼。1995年(平成7年)にはバチカンでローマ法王ヨハネ・パウロ2世にも謁見している。同年、仏教伝道文化賞(功労賞)受賞。現在、比叡山麓の飯室谷不動堂に住み活動している。酒井雄哉 フレッシュアイペディアより)

  • 水の危機

    水の危機から見たエジプトエジプト

    紀元前6世紀頃のエジプトやメソポタミアで始まった灌漑農業は、その水源を河川に求めていた。以来、河川は農業用水の安定した供給源であり続けたが、ダムの建設技術の発達などによって大規模な開発が可能になると、河川が持続的に供給できる水量を超えた取水が行われるようになった。水の危機 フレッシュアイペディアより)

  • 沼の王の娘

    沼の王の娘から見たエジプトエジプト

    沼の王の娘(ぬまのおうのむすめ )は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。ヴァイキング時代のユトランド半島およびエジプトにおける、邪悪な沼の王とエジプトの王女の間に生まれた娘の物語である。沼の王の娘 フレッシュアイペディアより)

  • 我らが海

    我らが海から見たエジプトエジプト

    ローマ人が地中海を表す用語として「我らが海」の名を用い始めたのは、カルタゴとのポエニ戦争中にシチリア、サルデーニャ、コルシカ島を征服してからである。紀元前30年にローマの支配はイベリア半島からエジプトにまで拡大し、「我らが海」の語は「全地中海」を指す文脈で用いられるようになった。他にも「内なる海」(Mare Internum)などの名前が用いられていたが、「地中海」(Mediterraneum Mare)の名は含まれていなかった(「地中海」という語が作られたのは後のの時期であった)。我らが海 フレッシュアイペディアより)

  • シール・クーフ

    シール・クーフから見たエジプトエジプト

    シール・クーフ( , または , 生年不明 - 1169年3月23日)は、エジプトやシリアで活躍したセルジューク朝およびザンギー朝の武将でクルド人。アイユーブ朝創始者であるサラーフッディーン(サラディン)の叔父(サラディンの父・アイユーブの弟)。アサドゥッディーン( )という彼のラカブ(尊称)はアラビア語で「宗教の獅子」という意味であり、シール・クーフ()というイスム(個人名)はクルド語で「山の獅子」という意味である。シール・クーフ フレッシュアイペディアより)

2997件中 51 - 60件表示

「エジプト」のニューストピックワード