2997件中 71 - 80件表示
  • ケープ・カイロ鉄道

    ケープ・カイロ鉄道から見たエジプトエジプト

    ケープ・カイロ鉄道(Cape to Cairo Railway)はアフリカを南北に縦断する未完成の鉄道路線である。この鉄道の計画は19世紀末の植民地支配の時代に起源があり、南北に連なるイギリス帝国の植民地を南はケープタウン(現南アフリカ)から北はカイロ(エジプト)まで結ぼうというセシル・ローズの構想に基づいている。現在までに計画の半分以上が開通しているが、スーダンとウガンダの領内に大きな未開通部分を残している。ケープ・カイロ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • イラク王国

    イラク王国から見たエジプトエジプト

    1955年にはソ連に対する封じ込めのための中央条約機構(バグダッド条約機構)をトルコ、パキスタン、イラン、イギリスとともに設置した。この本部はバグダッドに置かれた。しかしエジプトのナーセル大統領はアラブ民族主義者の立場から、イギリス勢力が中東に残ることを反対して機構に参加せずイラクの君主制に対しても批判を加えた。1958年には、エジプトとシリアが「アラブ連合共和国」として統合。これを契機にアラブ世界に「統合か否か」の葛藤が生まれ不安定な様相を呈することになった。イラク王国 フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見たエジプトエジプト

    イスラーム世界の農書は、他の自然科学の著作と同様ヘレニズム文明の影響下で発達し、6世紀にはギリシア・ローマの農書のシリア語訳が進められ、10世紀初めには最初のアラビア語農書である『ナバテア人の農書』が成立、後代に大きな影響を与えた。この書を基礎にエジプトや東方イスラーム世界での経験が加味され、これらをまとめた『農書』(12世紀半ば)は初めてスペイン語訳された初のイスラーム農書となり、同時期のヨーロッパ農書に影響を与えた。農書 フレッシュアイペディアより)

  • バート・ヨール

    バート・ヨールから見たエジプトエジプト

    バト・イェオール (ヘブライ語: ?? ????; Bat Ye'or; ヘブライ語で「ナイルの娘」の意。本名ジゼル・リットマン Gisèle Littman、生名オレビー Orebi)はエジプト出身で英国人の歴史家で中東における非ムスリム、特にイスラーム統治下に生きたキリスト教徒、ユダヤ教徒のズィンミーの歴史を専攻する。バート・ヨール フレッシュアイペディアより)

  • ダーネの戦い

    ダーネの戦いから見たエジプトエジプト

    以前からトリポリ側の支配者階級における不和に目をつけていた、前在チュニスアメリカ合衆国領事でアメリカ陸軍のウィリアム・イートン将軍は、より直接的な解決のため、艦隊に同行していたアメリカ海兵隊の分遣隊を陸路で派遣してトリポリ側の根拠地を占領する他、前のパシャで弟のユサフ・カラマンリに地位を乗っ取られ、エジプトに亡命していたハメット・カラマンリを担ぎ出し、政権転覆を画策する作戦を提案した。ダーネの戦い フレッシュアイペディアより)

  • トファシュ

    トファシュから見たエジプトエジプト

    トファシュは1968年にトルコ初の自動車製造企業として発足し、フィアットからライセンス生産の認可を受けたフィアット・124を、トファシュ・ムラット 124(Tofaş Murat 124)として製造・販売した。次いで、ムラット 124の後継車として、フィアット・131を基とした乗用車が、トファシュ・ムラット 131(Tofaş Murat 131)、トファシュ・シャヒン(Tofaş Şahin)、トファシュ・ドアン(Tofaş Doğan)、トファシュ・カルタル(Tofaş Kartal)が長期にわたって製造され続けた。なお、トファシュ・シャヒンは、1991年からエジプトのナスル社、2006年からエチオピアのHolland Car社でノックダウン生産が行なわれている。トファシュは今なおフィアットとの密接な関係を維持しており、トルコと欧州諸国の市場向けにフィアット、アルファ・ロメオ、ランチアの車種を製造している。また、トファシュは主にタクシーとして用いられる独自の車種も製造している。トファシュ フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ナギーブ

    ムハンマド・ナギーブから見たエジプトエジプト

    ムハンマド・ナギーブ(, ラテン文字表記: Muhammad Naguib, 1901年2月20日 - 1984年8月29日)は、エジプトの軍人、政治家。1952年のクーデターでエジプト王国第34代首相となり、翌年の共和政移行によって初代エジプト共和国大統領に就任した。ムハンマド・ナギーブ フレッシュアイペディアより)

  • リビアの歴史

    リビアの歴史から見たエジプトエジプト

    地中海沿岸部にギリシャ人やフェニキア人の入植が始まり、ベルベル人は内陸部へ追いやられた一方でキュレネやトリポリといった植民都市が築かれた。キュレネは後に東方のプトレマイオス朝エジプトによって支配された。またトリポリはポエニ戦争によってカルタゴを滅ぼした共和政ローマの支配下に入り、アフリカ属州に組み込まれた。そしてプトレマイオス朝の衰退により、紀元前76年にキュレネもローマ属州キレナイカに組み込まれ、リビア全土はローマ帝国領となった。リビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 傷だらけの勲章

    傷だらけの勲章から見たエジプトエジプト

    エジプトで起きた一流企業の社長暗殺事件を追う刑事の姿を描く。西城秀樹が11年ぶりに映画に主演し話題となった。脚本は『カポネ大いに泣く』の大和屋竺、監督は『積木くずし』の斎藤光正、撮影は『夢千代日記』の安藤庄平がそれぞれ担当。主題歌は、国分友里恵(『流れるままに〜落花流水〜』)。傷だらけの勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 二回投票制

    二回投票制から見たエジプトエジプト

    エジプト - 大統領、人民議会の小選挙区部分二回投票制 フレッシュアイペディアより)

2997件中 71 - 80件表示

「エジプト」のニューストピックワード