3883件中 71 - 80件表示
  • アレッポ

    アレッポから見たエジプトエジプト

    ベロエアは東ローマ帝国の一部であったが、アラブ人によって637年に征服された。10世紀、944年にモースルのハムダーン朝に征服されその後モースルから独立するが、東ローマ帝国を再興させたヨハネス1世ツィミスケスが遠征し、974年から987年の短期間、支配権を取り戻した。以後ふたたびハムダーン朝の支配下となったが、1004年王家断絶によりエジプトのファーティマ朝に併合された。アレッポ フレッシュアイペディアより)

  • 日立 世界・ふしぎ発見!

    日立 世界・ふしぎ発見!から見たエジプトエジプト

    良質な取材により各国の遺跡などで「テレビ初取材」し、日本のテレビメディアでは初めて2007年にエジプトのミイラ発掘現場で棺引き上げ作業を取材している。取材対象国は、日本、アメリカ、中国、フランス、イギリス、イタリア、エジプト、インド、ペルー、ドイツ、メキシコの順で各国に亘る。日立 世界・ふしぎ発見! フレッシュアイペディアより)

  • 帝国

    帝国から見たエジプトエジプト

    アッシリア帝国が滅亡した後のメソポタミア地域は、新バビロニア、メディア、リディア、エジプトなどの強国が乱立することとなった。当時はアケメネス朝アンシャンという小国の一つであったが、アッシリア帝国の時代から存在していた。アケメネス朝ペルシアにおいて最も重要な人物はキュロス2世(紀元前600年頃 - 紀元前529年)である。彼はエジプトを除くメソポタミア地域を統一し、2代目のカンビュセス2世がエジプトを征服した。このころは中国も統一国家が現れていない春秋時代のころであり、ローマも大規模な都市を形成する以前の段階であった。まさしく世界最大の国家として君臨した。4代目のダレイオス1世はギリシア遠征を計画し、その後に続くペルシア戦争の火蓋を切るが、近年の研究によって、王朝の創始者である大キュロスの直系から、アケメネス朝の4代目とされるダレイオス1世が帝位を簒奪したことがほぼ明らかになっている。つまり、連綿と続く王朝ではなく、キュロスの王朝とダレイオスの王朝に二分されているというのが実相であった。この後に登場するアレクサンドロス大王がペルシア帝国を滅ぼすことになる。帝国 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア

    エリトリアから見たエジプトエジプト

    紀元前25世紀-。ジブチ、エチオピア、エリトリア、北部ソマリア、スーダン紅海沿岸に形成されていたプント国、エジプトはハトシェプストの統治時代からプント王国と貿易をしており、エジプトにはプント王パラフとその王妃アティの肖像が葬祭殿壁画に残っている。エリトリア フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たエジプトエジプト

    4月9日 - エジプト・タンタで爆発、21人が死亡、40人以上が負傷。数時間後にアレクサンドリアでも爆発、少なくとも11人が死亡。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • イランの歴史

    イランの歴史から見たエジプトエジプト

    アーリア人の歴史には9世紀頃から次第に光が当たり始める。彼らの中でも最も重要な二部族、即ちペルシア人とメディア人が、ほぼ同時に歴史記録に登場し始めるからである。この記録を残したのは、当時イラン高原西部に勢力を伸張させていたアッシリアであった。当時ペルシア人やメディア人は、まだ力が弱くしばしばアッシリアに貢納を収めていた。しかしメディア人達は次第に勢力を伸ばし、やがてイラン高原全域を支配する王国を作り上げた。これは慣用的にメディア王国と呼ばれ、オリエント世界を支配したアッシリアを滅ぼし、バビロニアやエジプトに並ぶ古代の強国となった。その後、メディア王国は新たに興ったペルシア人のハカーマニシュ朝に飲み込まれるが、エラム人と並んでハカーマニシュ朝の支配機構の中に入り、ともに中央権力機構を構成する集団となってペルシア人と同化していった。イランの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • イラクの歴史

    イラクの歴史から見たエジプトエジプト

    現イラクはチグリス川とユーフラテス川が形成した沖積平野にあるが、ここから西シリア、エジプトにかけての地域は、土壌が肥沃で多くの古代文明が生まれたので、古代史において肥沃な三日月地帯と呼ばれる。イラクの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • モハンマド・レザー・パフラヴィー

    モハンマド・レザー・パフラヴィーから見たエジプトエジプト

    モハンマドはテヘラン市内に戒厳令を敷き、夜間外出禁止令を発令するなどしてこれに対応したものの事態は収拾がつかず、1979年1月16日に休暇のためにイランを一時的に去ると称して皇帝専用機のボーイング727を自ら操縦し、皇后や側近とともにエジプトに亡命した後、モロッコ、バハマ、メキシコを転々とした。モハンマド・レザー・パフラヴィー フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たエジプトエジプト

    参戦したイタリアは9月、北アフリカの植民地リビアからエジプトへ、10月にはバルカン半島のアルバニアからギリシャへ、準備も不十分なまま性急に侵攻した(ギリシャ・イタリア戦争)が、11月にはイタリア東南部のタラント軍港が、航空母艦から発進したイギリス海軍機の夜間爆撃に遭い、イタリア艦隊は大損害を被った。またギリシャ軍の反撃に遭ってアルバニアまで撃退され、12月にはイギリス軍に逆にリビアへ侵攻されるという、ドイツの足を引っ張るあり様であった。この年の9月27日、ドイツ、イタリア、日本は日独伊三国同盟を結んでいる。また第二次ウィーン裁定によりハンガリー・ルーマニア間の領土紛争を調停し、東欧に対する影響力を強めた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年バレーボール世界選手権大陸予選

    2006年バレーボール世界選手権大陸予選から見たエジプトエジプト

    エジプト・カイロにて2005年3月24日から3月26日にかけて行われた。1回戦総当りで1位が本大会の出場権を獲得。2006年バレーボール世界選手権大陸予選 フレッシュアイペディアより)

3883件中 71 - 80件表示

「エジプト」のニューストピックワード