3883件中 81 - 90件表示
  • トファシュ

    トファシュから見たエジプトエジプト

    トファシュは1968年にトルコ初の自動車製造企業として発足し、フィアットからライセンス生産の認可を受けたフィアット・124を、トファシュ・ムラット 124(Tofaş Murat 124)として製造・販売した。次いで、ムラット 124の後継車として、フィアット・131を基とした乗用車が、トファシュ・ムラット 131(Tofaş Murat 131)、トファシュ・シャヒン(Tofaş Şahin)、トファシュ・ドアン(Tofaş Doğan)、トファシュ・カルタル(Tofaş Kartal)が長期にわたって製造され続けた。なお、トファシュ・シャヒンは、1991年からエジプトのナスル社、2006年からエチオピアのHolland Car社でノックダウン生産が行なわれている。トファシュは今なおフィアットとの密接な関係を維持しており、トルコと欧州諸国の市場向けにフィアット、アルファ・ロメオ、ランチアの車種を製造している。また、トファシュは主にタクシーとして用いられる独自の車種も製造している。トファシュ フレッシュアイペディアより)

  • ゲズィーラ島

    ゲズィーラ島から見たエジプトエジプト

    ゲズィーラ島またはゲジーラ島(、Gezira Island)は、エジプト、カイロ中心部の、ナイル川に位置する。島の南部にはゲズィーラ地区を、北部の3分の1ほどには地区を含んでいる。ゲズィーラ島 フレッシュアイペディアより)

  • 沼の王の娘

    沼の王の娘から見たエジプトエジプト

    「沼の王の娘」(ぬまのおうのむすめ )は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。ヴァイキング時代のユトランド半島およびエジプトにおける、邪悪な沼の王とエジプトの王女の間に生まれた娘の物語である。沼の王の娘 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ演歌

    アラブ演歌から見たエジプトエジプト

    アラブ演歌(アラブえんか)とはアラビア語による歌謡曲の総称。日本においてアラブ地域の歌謡曲をあらわすときに用いられる語である。エジプトの歌謡曲をとくにエジホップと呼ぶこともある。アラブ演歌 フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・タンターウィー

    ムハンマド・タンターウィーから見たエジプトエジプト

    ムハンマド・サイイド・タンターウィー( Muhammad Sayyid ?an?āwī、1928年10月28日 - 2010年3月10日)は、エジプトにおけるイスラム教スンナ派の指導者(イマーム)、ウラマー。アズハル・モスクのイマームで、現在のスンナ派の事実上の最高機関であるアル=アズハル大学の総長(シャイフ)。ムハンマド・タンターウィー フレッシュアイペディアより)

  • エア・アラビア

    エア・アラビアから見たエジプトエジプト

    エア・アラビア (、Air Arabia)は、アラブ首長国連邦(UAE)、シャールジャを本拠地とする格安航空会社。アラブ航空会社機構加盟航空会社の一つであり、エジプトとモロッコにも子会社を置く。エア・アラビア フレッシュアイペディアより)

  • SN 1006

    SN 1006から見たエジプトエジプト

    SN 1006すなわち超新星1006は、西暦1006年に出現した超新星である。地球からの距離はおよそ7200光年。記録に残されている限り、歴史上で最も視等級が明るくなった天体であった(太陽と月を除く、-7.5等)。1006年4月30日から5月1日の夜におおかみ座領域に初めて出現したこの「客星」は、スイス、エジプト、イラク、中国、日本、そして恐らくは北アメリカの観察者たちにより記録されている。SN 1006 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクター・ヴァンシアー

    ヴィクター・ヴァンシアーから見たエジプトエジプト

    1956年12月25日、中東欧系ユダヤ人の父であるペサフ・ベン・ドヴとエジプト系ユダヤ人の母であるマルカ・バト・メイアの間に生まれた正統派ユダヤ教徒。ヴィクター・ヴァンシアー フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・フランクリン・ラザフォード

    ジョセフ・フランクリン・ラザフォードから見たエジプトエジプト

    また、ジョージ・バターフィールドというクリスチャンによって1万ドルの寄付がなされることにより、1919年10月1日に再びブルックリンへと協会本部を移転することが可能となった。1920年6月21日には『終了した秘義』の特別版が雑誌の形で印刷され、「ZG 」(Zは『シオンのものみの塔』を、Gはアルファベットの7番目から『聖書研究』第七巻を表した)と呼ばれた。1920年1月1日には協会の文書が発禁されていたカナダでの検問が解除された。また1920年8月12日に、ラザフォードと同行者はヨーロッパ、エジプト、パレスチナへ旅行した。1920年にラザフォードは『現存する万人は決して死することなし (Millions now living will never die)』という小冊子を出版した。その内容により、聖書研究者たちは当時生きていた人々は終わりまで生き延び、ヨベルの年の70回目に相当する1925年には古代の忠実な神の僕たちは復活してくると考えていた。1920年には、当時アメリカでは2、3台しかなかった輪転機の購入に成功し、マートル街35番に印刷工場を持つようになった。1921年には『神の立琴 (The Harp of God) 』を出版し、真理全体に関する説明がなされた。1922年2月26日には、ラザフォードがカルフォルニア州で最初のラジオ放送を行った。1922年3月1日、印刷工場はコンコード通り18番の6階建ての建物に移設された。ジョセフ・フランクリン・ラザフォード フレッシュアイペディアより)

  • ヌビア博物館

    ヌビア博物館から見たエジプトエジプト

    ヌビア博物館(ヌビアはくぶつかん、、)またはヌビア国際博物館()は、エジプトのアスワンにある50,000平方メートルの区域に位置し、そのうち7,000平方メートルの建物を除いた残りは博物館の庭となるように設計されている。建物は展示と宿所を目的とした3階建てであり、ほかに図書室と案内所がある。博物館の大部分は、ヌビアの文化および文明の発展の段階を反映する歴史的な作品で占められている。ヌビア博物館 フレッシュアイペディアより)

3883件中 81 - 90件表示

「エジプト」のニューストピックワード