251件中 11 - 20件表示
  • エジプト

    エジプトから見たサアド・ザグルール

    1914年には、第一次世界大戦によってイギリスがエジプトの名目上の宗主国であるオスマン帝国と開戦したため、エジプトはオスマン帝国の宗主権から切り離された。さらにサアド・ザグルールの逮捕・国外追放によって反英独立運動たる1919年エジプト革命が勃発し、その結果、大戦後の1922年2月28日にエジプト王国が成立し、翌年イギリスはその独立を認めたが、その後もイギリスの間接的な支配体制は続いた。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見たアンワル・アッ=サーダート

    1970年に急死したナーセルの後任となったアンワル・アッ=サーダートは、社会主義的経済政策の転換、イスラエルとの融和など、ナーセル体制の切り替えを進めた。1971年には、国家連合崩壊後もエジプトの国号として使用されてきた「アラブ連合共和国」の国号を捨ててエジプト・アラブ共和国に改称した。しかしサーダートが進める政治的自由化によってイスラム主義がかえって勢力を伸張させ、体制に対する抵抗が激化した。サーダート自身も1981年にイスラム過激派のジハード団によって暗殺された。代わって副大統領から大統領に昇格したホスニー・ムバーラクは、対米協調外交を進める一方、イスラム主義運動を厳しく弾圧して国内外の安定化をはかるなど、開発独裁的な政権を20年以上にわたって維持した。ムバーラクが大統領就任と同時に発令した非常事態法は、ムバーラクが追放されるまで30年以上に渡って継続された。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見たナギーブ・マフフーズ

    古代エジプトにおいてはパピルスにヒエログリフで創作がなされ、『死者の書』などの作品が現代にも残っている。7世紀にアラブ化した後もエジプトはアラブ文学の一つの中心地となった。現代の作家であるナギーブ・マフフーズは1988年にノーベル文学賞を受賞している。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見たターハー・フセイン

    。義務教育は小学校と中学校の9年である。1923年のエジプト独立時に初等教育はすでに無料とされ、以後段階的に無料教育化が進み、1950年には著名な作家でもあった文部大臣ターハー・フセインによって中等教育が無料化され、1952年のエジプト革命によって高等教育も含めたすべての公的機関による教育が無料化された。しかし、公立学校の教員が給料の少なさなどから個人の家庭教師を兼任することが広くおこなわれており、社会問題化している。高額な授業料を取る代わりに教育カリキュラムの充実した私立学校も多数存在する。エジプト国内には、20万以上の小中学校、1000万人以上の学生、13の主要大学、67の師範学校がある。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見たフアード2世 (エジプト王)

    エジプト王国は立憲君主制を布いて議会を設置し、緩やかな近代化を目指すが、第二次世界大戦前後からパレスチナ問題の深刻化や、1948年から1949年のパレスチナ戦争(第一次中東戦争)でのイスラエルへの敗北、経済状況の悪化、ムスリム同胞団など政治のイスラム化(イスラム主義)を唱える社会勢力の台頭によって次第に動揺していった。この状況を受けて1952年、自由将校団がクーデターを起こしてムハンマド・アリー朝を打倒()、1953年に最後の国王フアード2世が廃位され、共和政へと移行し、エジプト共和国が成立した。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た失業

    エジプトの人口は、8254万人(2013年1月現在)で、近年急速に増大し続けている。年齢構成は0から14歳が33%、15から64歳が62.7%、65歳以上が4.3%(2010年)で、若年層が非常に多く、ピラミッド型の人口構成をしている。若年層が非常に多く、しかも増加傾向にある一方、経済はそれほど拡大していないため、若者の失業が深刻な問題となっており、2011年エジプト騒乱の原因のひとつともなった。年齢の中央値は24歳である。人口増加率は2.033 %。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た暗殺

    1970年に急死したナーセルの後任となったアンワル・アッ=サーダートは、社会主義的経済政策の転換、イスラエルとの融和など、ナーセル体制の切り替えを進めた。1971年には、国家連合崩壊後もエジプトの国号として使用されてきた「アラブ連合共和国」の国号を捨ててエジプト・アラブ共和国に改称した。しかしサーダートが進める政治的自由化によってイスラム主義がかえって勢力を伸張させ、体制に対する抵抗が激化した。サーダート自身も1981年にイスラム過激派のジハード団によって暗殺された。代わって副大統領から大統領に昇格したホスニー・ムバーラクは、対米協調外交を進める一方、イスラム主義運動を厳しく弾圧して国内外の安定化をはかるなど、開発独裁的な政権を20年以上にわたって維持した。ムバーラクが大統領就任と同時に発令した非常事態法は、ムバーラクが追放されるまで30年以上に渡って継続された。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た国民投票

    3月19日憲法改正に関する国民投票が行われ、承認された。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た世界遺産

    エジプト国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が6件、自然遺産が1件登録されている。詳細はエジプトの世界遺産を参照。エジプト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト

    エジプトから見た国際連合安全保障理事会

    国力、文化的影響力などの面からアラブ世界のリーダーとなっている。ガマール・アブドゥル=ナーセル時代には非同盟諸国の雄としてアラブに限らない影響力を持ったが、ナーセル死後はその影響力は衰えた。ナーセル時代は親ソ連だった外交はサーダート時代に入って親米路線となり、さらにそれに伴いイスラエルとの外交関係が進展。1978年のキャンプ・デービッド合意とその翌年の対イスラエル国交回復によって親米路線は確立したが、これはイスラエルを仇敵とするアラブ諸国の憤激を買い、ほとんどのアラブ諸国から断交されることとなった。その後、1981年にサーダートが暗殺されたのち政権を握ったムバーラクは親米路線を堅持する一方、アラブ諸国との関係回復を進め、1988年にはシリア、レバノン、リビアを除くすべてのアラブ諸国との関係が回復した。以降はアラブの大国として域内諸国と協調する一方、アフリカの一国として2004年9月には国際連合安全保障理事会の常任理事国入りを目指すことを表明した。2011年、パレスチナのガザの検問所を開放した。また、イランと関係修復しようとしている。エジプト フレッシュアイペディアより)

251件中 11 - 20件表示

「エジプト」のニューストピックワード