前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • エアバスA380

    エアバスA380から見たエティハド航空エティハド航空

    2007年11月12日、エアバス社はサウジアラビア王子のアル・ワリードがA380をプライベート機として購入するため売買契約を結んだと発表した。2つのダイニングやゲームルーム、主寝室などを備え、機体に3億ドル、改装費に1億ドル。ミサイル防衛システムも含まれている。エアバス社では"The Flying Palace"(空飛ぶ宮殿)と呼んでいる。この機体は元々エティハド航空向けに納入予定であった飛行試験2号機であることが明らかになっている。エアバスA380 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA330

    エアバスA330から見たエティハド航空エティハド航空

    A330シリーズで最初に開発されたのはA330-300で、1987年に長距離4発機のエアバスA340と同時に正式開発が決定された。双発機のA330と4発機のA340の同時並行的な開発は航空技術史上において希少な取り組みとなり、両機はエンジン関係を除いて最大限共通化された。A330-300は1994年にエールアンテールによって初就航した。次に開発されたA330-200はA330の短胴・長距離型で、1995年に正式開発が決定され、1997年にによって初就航した。A330-200FはA330-200をベースとした貨物専用型で、2007年に正式開発が決定され、2010年にエティハド航空の貨物部門に初引き渡しが行われた。エンジンを新型に置き換えるエアバスA330neoシリーズは、2014年に正式に開発計画が発表され、2017年後半の引き渡し開始を予定している。エアバスA330 フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン航空

    フィリピン航空から見たエティハド航空エティハド航空

    2014年7月9日 - アブダビを拠点とするアラブ首長国連邦のフラッグキャリア、エティハド航空とPALは、コードシェアフライト、ロイヤリティプログラム、空港ラウンジの利用、共同セールスおよびマーケティングプログラム、フィリピン国内エアパス、貨物、マニラとアブダビの空港オペレーションの調整をカバーする広範な戦略的パートナーシップを提携。フィリピン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ドックランズ・スタジアム

    ドックランズ・スタジアムから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド航空が命名権を取得しており、2009年3月1日からエティハド・スタジアムの呼称が用いられている。ドックランズ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン・オーストラリア

    ヴァージン・オーストラリアから見たエティハド航空エティハド航空

    2014年5月現在、資本的にはニュージーランド航空(24%)、シンガポール航空(22.1%)、エティハド航空(21.24%)と3つの航空会社が大株主となっており、出資比率的にも拮抗している。ヴァージン・オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • ファーストクラス

    ファーストクラスから見たエティハド航空エティハド航空

    150-210センチのピッチを持ち、床に対し水平(フルフラット)になる専用リクライニングシート。エティハド航空 エアバスA380の「レジデンス」では座席の他に専用のベッドが別に設けられている。ファーストクラス フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たエティハド航空エティハド航空

    2月2日: エティハド航空がアブダビ線(北京経由)を開設。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たエティハド航空エティハド航空

    1880年、マンチェスターのセント・マークス教会がチームを結成し、のちにアーディックAFCとなる。その後1894年に現在の名称となった。ホームスタジアムはシティ・オブ・マンチェスター・スタジアム(2010年から、アブダビのエティハド航空が命名権を取得しエティハド・スタジアムとなった)である。プレミアリーグ有数の強豪クラブであり、2011-12シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドを僅差で凌ぎ、44シーズンぶりにリーグ制覇を果たし、現在4回のリーグ優勝をしている。世界規模、全国区のマンチェスター・ユナイテッドに対し「真のマンチェスター市民のクラブ」といわれている。ユナイテッドとの試合は「マンチェスター・ダービー」と呼ばれ、マージーサイド・ダービー、ノース・ロンドン・ダービーと並び3大ダービーの1つである。サポーターはクラブの愛称をもじりCityzensと呼称されている。著名人のファンとしてはオアシスのギャラガー兄弟(ノエル・ギャラガー、リアム・ギャラガー)が有名。かつてシティが財政難の際はスポンサーとして出資したりするなどかなりの熱狂的なファン。2011年にはリアムが、2012年にはノエルがユニフォームのモデルを務めた。チーム自体が、かなりオアシスと綿密な関係を維持しており度々公式ホームページにコメントを寄せたり、スタジアムでの入場曲にロール・ウィズ・イットやワンダーウォールを使用している。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

  • エティハド

    エティハドから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド フレッシュアイペディアより)

  • イッティハード航空

    イッティハード航空から見たエティハド航空エティハド航空

    イッティハード航空 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「エティハド航空」のニューストピックワード