前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • エティハド

    エティハドから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド フレッシュアイペディアより)

  • NECハリクインズ

    NECハリクインズから見たエティハド航空エティハド航空

    ハリクインズ・フットボールクラブ(Harlequins Football Club)は、イングランドのアビバ・プレミアシップに所属するラグビークラブである。かつてはNECがスポンサーだったが現在はエティハド航空がメインスポンサーである。NECハリクインズ フレッシュアイペディアより)

  • イッティハード航空

    イッティハード航空から見たエティハド航空エティハド航空

    イッティハード航空 フレッシュアイペディアより)

  • ドックランズ・スタジアム

    ドックランズ・スタジアムから見たエティハド航空エティハド航空

    2000年3月9日に「コロニアル・スタジアム」(Colonial Stadium) として開場した。2002年10月1日に電気通信企業のテルストラが命名権を :en:Colonial State Bank から買収してテルストラ・ドームとなった。公共放送など、命名権による呼称を回避する場合は「ドックランズ・スタジアム」(Docklands Stadium) と呼ばれる。2009年3月1日の命名権消滅以降、エティハド航空が新たに取得した。ドックランズ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 2009年アブダビグランプリ

    2009年アブダビグランプリから見たエティハド航空エティハド航空

    2009年アブダビグランプリは2009年F1世界選手権第17戦として、2009年11月1日にヤス・マリーナ・サーキットで開催されたレース。正式名称は、2009 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX。2009年アブダビグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ガルフ・エア

    ガルフ・エアから見たエティハド航空エティハド航空

    しかし最近では、原油高による中東諸国の好景気が逆にガルフエアの将来に影を落とす形となっている。上記のようにペルシャ湾岸諸国の3カ国により運営されてきたものの、2003年にアラブ首長国連邦が独自の航空会社エティハド航空を設立した事で、2005年9月にガルフエアから離脱。さらに2007年5月には、オマーンもフラッグキャリアであるオマーン・エアへの支援を強化する為、離脱してしまった。ガルフ・エア フレッシュアイペディアより)

  • エアーアラン

    エアーアランから見たエティハド航空エティハド航空

    アイルランド国外の航空会社であるエティハド航空とのコードシェアを行っている。エアーアラン フレッシュアイペディアより)

  • テルストラ

    テルストラから見たエティハド航空エティハド航空

    2009年3月1日、メルボルンに位置するドームスタジアム(前テルストラドーム)の命名権は、エティハド航空へ移る(現名称:ドックランズ・スタジアム)テルストラ フレッシュアイペディアより)

  • ポルトローナ・フラウ

    ポルトローナ・フラウから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド航空 - ダイアモンド・ファーストクラスポルトローナ・フラウ フレッシュアイペディアより)

  • スパイカーF1

    スパイカーF1から見たエティハド航空エティハド航空

    メインスポンサーとしてアブダビのフラッグキャリアであるエティハド航空と国営不動産開発会社アルダーを獲得した。エンジンはトヨタからフェラーリに変更し、車体のF8-VIIは前年にミッドランドが使用していたM16(系譜は2004年にジョーダンが使用していたEJ14まで遡る)に、新エンジンのフィッティングと空力のパーツのアップデートを加えたものを使用した。レースでは上記の通り前年度の改良型マシンであったため、タイムが伸び悩み予選でも決勝でも後方に沈む事が多かった。しかし、モナコGPのフリー走行第3セッションでは、雨による路面状態の変化やトラフィックをうまく回避したことから、スーティルがセッションのトップタイムを記録した。決勝ではリタイアに終わったものの「スパイカーF1」として記録的な快挙であった。スパイカーF1 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「エティハド航空」のニューストピックワード