32件中 11 - 20件表示
  • セーシェル航空

    セーシェル航空から見たエティハド航空エティハド航空

    2011年に新塗装を導入したのと前後して事業戦略の見直しに着手。2012年にはアラブ首長国連邦のエティハド航空が株式の40%を取得し、戦略的な提携関係を進めている。これに伴い、自社のマイレージサービス“セーシェル・プラス”がエティハド航空の“エティハド・ゲスト”に統合された。セーシェル航空 フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスクラス

    ビジネスクラスから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド航空「パール・ビジネスクラス」シート(長距離路線)が、185cm/モニター23インチビジネスクラス フレッシュアイペディアより)

  • メルボルン空港 (オーストラリア)

    メルボルン空港 (オーストラリア)から見たエティハド航空エティハド航空

     エティハド航空 (Etihad Airways) (アブダビ)メルボルン空港 (オーストラリア) フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム

    シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムから見たエティハド航空エティハド航空

    2010年10月、マンチェスター市議会は同スタジアムを命名権の企業を募集したところ、UAEアブダビに本社を置く航空会社エティハド航空が15年1億5000万ポンドで命名権契約を結び、スタジアム名もエティハド・スタジアムとなった。UEFA主催試合では引き続きシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムと呼ばれる。シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • バグダード国際空港

    バグダード国際空港から見たエティハド航空エティハド航空

    ここ数年は、イラクの石油開発本格化への期待からビジネス客が増加し、トルコ航空、ガルフエア、ミドルイースト航空、エティハド航空、エミレーツ航空などが次々と就航している。バグダード国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド航空(2008年 - 2010年)スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージン・オーストラリア

    ヴァージン・オーストラリアから見たエティハド航空エティハド航空

    マイレージ・プログラムとして"Velocity Rewords"を運営している。ヴァージン・オーストラリア、ヴァージン・サモア、ヴァージン・アトランティック航空、ヴァージン・アメリカ、ニュージーランド航空、エティハド航空、デルタ航空、ハワイアン航空、スカイウエスト、Airlines PNG、シンガポール航空と提携している。ヴァージン・オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • スカイライナー

    スカイライナーから見たエティハド航空エティハド航空

    成田山新勝寺と縁が深い歌舞伎の市川家(成田屋)が成田山で襲名披露を行うときなどは、京成上野駅 - 京成成田駅間をスカイライナーに乗車して移動することが通例となっており、その際は「團十郎号」「海老蔵号」「成田屋号」などとして運転され記念ヘッドマークの掲出などが行われる。その他、過去にはスカイライナー1億人記念や京成電鉄100周年記念でのヘッドマーク掲出、エティハド航空のラッピング広告などが行われたことがある。スカイライナー フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たエティハド航空エティハド航空

    2011年夏の移籍市場ではセルヒオ・アグエロ、サミル・ナスリ、ガエル・クリシーらを獲得。更にアブダビ政府所有の航空会社エティハド航空と1億5千万ポンドと噂される額で10年間のスポンサー契約を締結。改修予定中のスタジアム名称をエティハド・スタジアムと変更した。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

  • アブダビ

    アブダビから見たエティハド航空エティハド航空

    アブダビ国際空港:アブダビにあり、エティハド航空のハブ空港である。2009年に新ターミナルが完成、さらに巨大なターミナルの建設も始まった。アブダビ フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「エティハド航空」のニューストピックワード