66件中 31 - 40件表示
  • テルストラ

    テルストラから見たエティハド航空エティハド航空

    2009年3月1日 - メルボルンに位置するドームスタジアム(前テルストラドーム)の命名権は、エティハド航空へ移る(現名称:ドックランズ・スタジアム)テルストラ フレッシュアイペディアより)

  • アリタリア-イタリア航空

    アリタリア-イタリア航空から見たエティハド航空エティハド航空

    しかしその後も経営難は続き、2013年にはイタリア郵政公社などが第三者割当増資を引き受ける形で追加出資を行うが、当時の筆頭株主だったエールフランス-KLMは追加出資を見送ったため持株比率が低下し、実質的に同社傘下から外れた。そこで2014年2月にはアブダビのエティハド航空による出資話が浮上。最終的に同年8月にエティハドがアリタリアの株式の49%を取得し、実質的にエティハド傘下に入る方針が明らかにされた。アリタリア-イタリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ガルフ・エア

    ガルフ・エアから見たエティハド航空エティハド航空

    しかし最近では、原油高による中東諸国の好景気が逆にガルフエアの将来に影を落とす形となっている。上記のようにペルシャ湾岸諸国の3カ国により運営されてきたものの、2003年にアラブ首長国連邦が独自の航空会社エティハド航空を設立した事で、2005年9月にガルフエアから離脱。さらに2007年5月には、オマーンもフラッグキャリアであるオマーン・エアへの支援を強化する為、離脱してしまった。ガルフ・エア フレッシュアイペディアより)

  • エア・ベルリン

    エア・ベルリンから見たエティハド航空エティハド航空

    ワンワールドの他、エティハド航空と提携しており、日本への乗り入れは2012年12月よりエティハド航空とのコードシェア便(成田、中部)で実施していた。そのため公式パンフレットや機内モニターなどでは日本への就航地として東京(成田)と名古屋(中部)が記載されている。2014年10月には、ジェットエアウェイズやセーシェル航空などと共に“エティハド航空パートナーズ”を発足させた。エア・ベルリン フレッシュアイペディアより)

  • 水谷望愛

    水谷望愛から見たエティハド航空エティハド航空

    HIS中部「エティハド航空 セントレア⇔アブダビ毎日就航」(2017年)水谷望愛 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州サッカー連盟

    欧州サッカー連盟から見たエティハド航空エティハド航空

    マンチェスター・シティ-UAEアブダビのエティハド航空との10年間の大型スポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(但しクラブオーナーがアブダビ王族でその関係が疑われている)。欧州サッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム

    シティ・オブ・マンチェスター・スタジアムから見たエティハド航空エティハド航空

    2010年10月、マンチェスター市議会とシティFCは、当スタジアムの250年の賃貸借契約を締結した。シティFCはユニフォームスポンサーでもあるエティハド航空(アラブ首長国連邦アブダビ)と10年間の命名権契約を結び、2011年7月、スタジアム名をエティハド・スタジアムとした。UEFA主催試合では引き続きシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムと呼ばれる。シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA340

    エアバスA340から見たエティハド航空エティハド航空

    A340の運用数が最大の航空会社は、ルフトハンザ航空グループである。グループ会社のルフトハンザ・シティーラインを含めて36機を運用している。その他の主な運用者(括弧内は運用機数)は欧州ではイベリア航空 (17)、エールフランス (9)、スカンジナビア航空 (8)、スイス インターナショナル エアラインズ (7)、ヴァージン・アトランティック航空 (7)、アフリカでは南アフリカ航空 (17)、モーリシャス航空 (6)、アジア・中東地域ではマーハーン航空 (10)、エティハド航空 (6)、フィリピン航空 (6)、南米ではアルゼンチン航空 (5) である。北米地域では、エア・カナダがA340-300とA340-500を運航していたが、2009年までに手放している。米国のノースウェスト航空による発注があったもののキャンセルされ、その後も生産終了までA340を導入する航空会社はなかった。日本の航空会社に関しては、1990年にANAが5機のA340を発注したものの最終的にキャンセルされ、その後も生産終了まで日本の航空会社による導入はなかった。エアバスA340 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777X

    ボーイング777Xから見たエティハド航空エティハド航空

    2013年11月、2013年ドバイ航空ショーで、ボーイング社は正式に777Xをローンチした。また、総額950億ドルにのぼる合計259機の発注・予約を発表した。ボーイングによれば、これは民間航空史上最大規模の受注であった。ボーイング社は、2013年9月にルフトハンザ航空から受けた34機のコミットメントに加え、ドバイ航空ショーでエミレーツ航空から150機、エティハド航空から25機、カタール航空から50機の発注・予約を受けた。ボーイング777X フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のラジオ (日本)

    2010年のラジオ (日本)から見たエティハド航空エティハド航空

    J-WAVE HOLIDAY SPECIAL ETIHAD AIRWAYS INSPIRED JOURNEY(9:00 ナビゲーター:別所哲也)2010年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示