66件中 51 - 60件表示
  • バシャ・カーン国際空港

    バシャ・カーン国際空港から見たエティハド航空エティハド航空

    2014年6月25日、パキスタン国際航空のリヤド発便がペシャーワルへの着陸進入のため低空飛行中、空港近くにいた武装集団により銃撃された。女性1人が死亡、乗客2人と客室乗務員1人が負傷し病院へ緊急搬送された。この事件は多数死者が出たジンナー空港襲撃事件から2週間後の出来事であり、各空港のセキュリティへの懸念が高まった。事件後に当局は捜索活動を開始し200人を拘留した。UAEに本拠地を置くエミレーツ航空とエティハド航空はペシャーワル行きの便の運航を休止したが、8月に運航を再開した。バシャ・カーン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年カタール外交危機

    2017年カタール外交危機から見たエティハド航空エティハド航空

    6月6日までに、ドバイを本拠とするエミレーツ航空、アブダビを本拠とするエティハド航空は、ドーハ便の運航を停止することを表明した。2017年カタール外交危機 フレッシュアイペディアより)

  • エア・セルビア

    エア・セルビアから見たエティハド航空エティハド航空

    2013年8月1日、エティハド航空がセルビア政府の所有する株式49%を取得、5年間のマネジメント契約を締結した。同年10月26日よりエア・セルビアとしての運航を開始、マイレージサービスも自社の“エクストラ・フライト・クラブ”をエティハド航空の“エティハド・ゲスト”に統合した。機材調達面でもエティハド航空と連携し、スケールメリットを活かしていく計画である。エア・セルビア フレッシュアイペディアより)

  • ハマド国際空港

    ハマド国際空港から見たエティハド航空エティハド航空

    2017年6月、カタールに対してサウジアラビアなどが国交断絶(2017年カタール外交危機)措置を通告したため、エミレーツ航空やエティハド航空などの乗り入れが中止された。ハマド国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • スカイライナー

    スカイライナーから見たエティハド航空エティハド航空

    成田山新勝寺と縁が深い歌舞伎の市川家(成田屋)が成田山で襲名披露を行うときなどは、京成上野駅 - 京成成田駅間をスカイライナーに乗車して移動することが通例となっており、その際は「團十郎号」「海老蔵号」「成田屋号」などとして運転され記念ヘッドマークの掲出などが行われる。その他、過去にはスカイライナー1億人記念や京成電鉄100周年記念でのヘッドマーク掲出、エティハド航空のラッピング広告などが行われたことがある。スカイライナー フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・ディ・モンテゼーモロ

    ルカ・ディ・モンテゼーモロから見たエティハド航空エティハド航空

    2014年12月より、アブダビのエティハド航空の支援を受けて経営再建中のイタリアのフラッグ・キャリア、アリタリア-イタリア航空の会長に就任した。しかし、競争が激しいだけでなく労働組合の強い同社の経営状況は悪化を極めており、モンテゼーモロをしても経営再建は果たせず、結局2017年3月に経営不振の責任を取る形で会長を辞任した。なおその直後の同年5月に同社は再び倒産している。ルカ・ディ・モンテゼーモロ フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスクラス

    ビジネスクラスから見たエティハド航空エティハド航空

    エティハド航空「パール・ビジネスクラス」シート(長距離路線)が、185cm/モニター23インチビジネスクラス フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア航空

    マレーシア航空から見たエティハド航空エティハド航空

    エールフランス、アリタリア-イタリア航空、ジェットエアウェイズ、KLMオランダ航空、エティハド航空、ヴァージン・アトランティック航空の各社。マレーシア航空 フレッシュアイペディアより)

  • 新千歳空港

    新千歳空港から見たエティハド航空エティハド航空

    タイ国際航空、ユナイテッド航空、エア・カナダ、シンガポール航空、アシアナ航空、スカンジナビア航空、ニュージーランド航空、ベトナム航空、ガルーダ・インドネシア航空、深セン航空、マカオ航空、エティハド航空、山東航空、中国国際航空新千歳空港 フレッシュアイペディアより)

  • えちごトキめきリゾート雪月花

    えちごトキめきリゾート雪月花から見たエティハド航空エティハド航空

    鉄道車両としては世界初の受賞。移動空間ではエティハド航空のファーストクラスに次ぐ受賞。えちごトキめきリゾート雪月花 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示