98件中 61 - 70件表示
  • エティハド航空

    エティハド航空から見たゲーム

    上級クラスでは、テレビ・ラジオや600時間以上の映画、ゲームを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)エンターテインメント機付きの23インチワイドスクリーンLCD、専用ワードローブ、ミニバーを設置している。新ファーストクラスはエアバスA340-600に12席を設置し、2010年末までに多機種へも順次展開する予定。2011年からパナソニックアビエーション(パナソニックの現地法人でIFEの提供会社)と10年間にわたって機内エンターテイメント(IFE)の独占供給の契約を締結。但し、2012年12月現在、映画のジャンルに東南アジア映画、韓国映画があっても、邦画のカテゴリはない。2011年からボーイング777-300ERやエアバスA380にeX2を供給する事やエアバスA350 XWB受領後には最新のeX3シリーズを搭載する。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たアブダビ国際空港

    ハブ空港のアブダビ国際空港を中心に、中東やアフリカなどの他、アジア各地やヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニアなど世界各地に路線を展開している。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たオマーン

    なお同社設立までは、アブダビ首長国がバーレーンやオマーンとともに出資して運航していたガルフ・エアが同国のフラッグ・キャリアであったが、エティハド航空設立に伴いアブダビ首長国は2005年にガルフ・エアへの出資を取りやめた。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たメルボルン・シティFC

    2010-11シーズンより同じくプレミアリーグのマンチェスター・シティFCの胸スポンサー。また2011年7月には本拠地のシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムの命名権を獲得し「エディハド・スタジアム」と称している。その他メジャーリーグサッカー、MLSのニューヨーク・シティ、メルボルン・シティ、クリケットイングランド代表、IPLのムンバイ・インディアンズ、アル・アイン、全アイルランドシニアハーリング選手権、シドニー・オペラハウス、アブダビHSBCゴルフ選手権のオフィシャルエアラインとして指定されている。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たバーレーン

    なお同社設立までは、アブダビ首長国がバーレーンやオマーンとともに出資して運航していたガルフ・エアが同国のフラッグ・キャリアであったが、エティハド航空設立に伴いアブダビ首長国は2005年にガルフ・エアへの出資を取りやめた。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たフラッグ・キャリア

    エティハド航空はアラブ首長国連邦の第2代大統領ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンによって、2003年7月にアラブ首長国連邦の航空会社として設立。アブダビ首長国のいわゆるフラッグ・キャリアで、同じUAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空と並び、UAEおよび中東の代表的な航空会社である。エミレーツ同様に3大航空連合には加盟していないが、アライアンスを超えた多種多様なコードシェア便で拡大を図っている。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たメルボルン

    またオーストラリア・メルボルンの競技場「ドックランズ・スタジアム」の命名権を獲得し、「エディハド・スタジアム(上述のスタジアムとは別)」と称されている。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たハブ空港

    ハブ空港のアブダビ国際空港を中心に、中東やアフリカなどの他、アジア各地やヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オセアニアなど世界各地に路線を展開している。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たイングランド

    イングランドプレミアリーグのチェルシーFCのオフィシャルエアラインであった。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たセーシェル共和国

    エア・セイシェル(セーシェル共和国)- 2012年に株式の40%を取得エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示