前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • 25時

    25時から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    『25時』(25th Hour)はスパイク・リーの監督作品で、2002年に製作・公開された映画。デイヴィッド・ベニオフの小説『25時』を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパー、ロザリオ・ドーソンなど。25時 フレッシュアイペディアより)

  • アベンジャーズ (2012年の映画)

    アベンジャーズ (2012年の映画)から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《豹変》」。ラファロはマーベルとエドワード・ノートンの交渉が決裂した後に出演が決まった。またラファロによると、これまでのようなCGIではなく、『アバター』のストップ・アクション、モーションキャプチャによって自分自身がハルクを演じる。アベンジャーズ (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・フリント (映画)

    ラリー・フリント (映画)から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    『ラリー・フリント』(原題: The People vs. Larry Flynt)は、ポルノ雑誌出版者・編集者のラリー・フリントの台頭と法廷闘争を描いた、ミロス・フォアマン監督による1996年のアメリカ合衆国の映画。ウディ・ハレルソン、コートニー・ラブ、エドワード・ノートンが主演した。ラリー・フリント (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 僕たちのアナ・バナナ

    僕たちのアナ・バナナから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    『僕たちのアナ・バナナ』(Keeping the Faith)は2000年製作のアメリカ映画である。エドワード・ノートン監督のニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディ。脚本を書いたスチュアート・ブルムバーグは、ノートンの大学時代からの友人。僕たちのアナ・バナナ フレッシュアイペディアより)

  • 真実の行方

    真実の行方から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    アメリカでは1996年4月3日に、日本では同年11月2日に公開され、エドワード・ノートンがアカデミー助演男優賞にノミネートされた。真実の行方 フレッシュアイペディアより)

  • 素晴らしきかな、人生

    素晴らしきかな、人生から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    ホイット - エドワード・ノートン(宮本充)素晴らしきかな、人生 フレッシュアイペディアより)

  • 幻影師アイゼンハイム

    幻影師アイゼンハイムから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    幻影師アイゼンハイム - エドワード・ノートン(阪口周平)幻影師アイゼンハイム フレッシュアイペディアより)

  • スコア (映画)

    スコア (映画)から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    ジャック・テラー - エドワード・ノートン(家中宏)スコア (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第72回アカデミー賞

    第72回アカデミー賞から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    1999年に亡くなった映画関係者を偲ぶIn Memoriamのプレゼンターはエドワード・ノートンが務め、俳優のシルヴィア・シドニー、ジム・ヴァーニー、ルース・ローマン、デスモンド・リュウェリン、ヘディ・ラマー、ヴィクター・マチュア、オリヴァー・リード、ダーク・ボガード、リラ・ケドロヴァ、マデリーン・カーン、ジョージ・C・スコット、監督のロベール・ブレッソン、ロジェ・ヴァディム、エドワード・ドミトリク、脚本家のマリオ・プーゾ、ガーソン・ケニンらの功績を称えた。しかし、この中にデフォレスト・ケリーが入っていなかったため、後にスタートレック・ファンが抗議した。第72回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ウィル・グレアム

    ウィル・グレアムから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    エドワード・ノートン - 『レッド・ドラゴン』(映画、2001年)ウィル・グレアム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「エドワード・ノートン」のニューストピックワード