53件中 21 - 30件表示
  • 消されたヘッドライン

    消されたヘッドラインから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    当初カル・マカフリー役にはブラッド・ピットが、スティーヴン・コリンズ役にはエドワード・ノートンがキャスティングされていたが、映画制作の遅れを理由に降板。その後、マカフリー役はラッセル・クロウに、コリンズ役はベン・アフレックに変更された。消されたヘッドライン フレッシュアイペディアより)

  • ダウン・イン・ザ・バレー

    ダウン・イン・ザ・バレーから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    エドワード・ノートンが主演し、製作も兼任している。ダウン・イン・ザ・バレー フレッシュアイペディアより)

  • サルマ・ハエック

    サルマ・ハエックから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    過去に俳優のエドワード・アタートン、エドワード・ノートン、ジョシュ・ルーカスなどとの交際歴がある。2007年3月9日にフランス人の実業家フランソワ=アンリ・ピノーと婚約し、同年9月21日に長女(ヴァレンティナ)を出産。2008年7月18日に婚約破棄を発表したが、2009年2月14日にピノーと結婚。サルマ・ハエック フレッシュアイペディアより)

  • アイアンマン2

    アイアンマン2から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    ラスト近くで特殊機関S.H.I.E.L.D.の倉庫が登場するが、そこで流れているニュース映像にカルヴァー大学で暴れているハルクの姿が映っている。また、同シーンでフューリーがより「大きな」問題を抱えている旨を示唆するが、これは「巨大な」姿をしたハルクについての発言だと思われ、前作からその結成が暗示されて来たヒーロー・グループ「アベンジャーズ」の候補にハルクが挙がっていることを匂わせている(映画『アベンジャーズ』は2012年5月4日公開)。ちなみにニュース映像に使われているのは『インクレディブル・ハルク』の劇中映像であるが、『アベンジャーズ』でハルク役を演じるのはエドワード・ノートンではなくマーク・ラファロ。アイアンマン2 フレッシュアイペディアより)

  • Change.org

    Change.orgから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    同年12月、マサチューセッツ州ブルックラインの4年生クラスが「ロラックス請願プロジェクト」をChange.orgにて立ちあげ、ユニバーサル・ピクチャーズに上映予定の映画「ロラックスおじさんの秘密の種」(の子供時代を描いた映画)の公式サイトや予告編に環境メッセージをもっと掲載することを求めた。そのウェブサイトや予告編では書籍からの、環境を守るための重要なメッセージの掲載が減らされていた。署名は57,000以上(エドワード・ノートン含む)集まり、2012年1月26日にユニバーサルはウェブサイトを更新し子どもたちの要望に応じた環境メッセージを掲載した。Change.org フレッシュアイペディアより)

  • ファイト・クラブ (映画)

    ファイト・クラブ (映画)から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    物語は、「僕(I)」の視点で進行する。「僕」(エドワード・ノートン)は自動車会社に勤務し、全米を飛び回りリコール調査の仕事をしている平凡な会社員。高級コンドミニアムに、有名デザイナーによるイケアのブランド家具、職人手作りの食器、カルバン・クラインやアルマーニの高級ブランド衣類などを強迫観念に駆られるように買い揃え、雑誌に出てくるような完璧な生活空間を実現させ、物質的には何不自由ない生活を送っていた。一方で、僕の精神の方は一向に落ち着かず、不眠症という大きな悩みがあった。ファイト・クラブ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライズ・キングダム

    ムーンライズ・キングダムから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    エドワード・ノートン - ランディ・ウォードムーンライズ・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデングローブ賞 助演男優賞

    ゴールデングローブ賞 助演男優賞から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    1996年(第54回) - エドワード・ノートン(真実の行方)ゴールデングローブ賞 助演男優賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の映画

    1969年の映画から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    8月18日 - エドワード・ノートン、アメリカの俳優1969年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • ダーマ&グレッグ

    ダーマ&グレッグから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    こうした番組の姿勢には当初は戸惑いが多かった。また、劇中で描かれていたヒッピーに関しては事実と異なるとして批判もあったが、ポジティブなテーマに満ちた明るく楽しい内容が支持され、アメリカ以外の国でも人気を博した。特にダーマを演じたジェナ・エルフマンは評判を呼び、ロン・ハワードやエドワード・ノートン、ジョー・ダンテなどの曲者監督から熱いラブコールが送られるほどだった。ジェナ以外でも人気医療ドラマ『シカゴ・ホープ』に参加していたトーマス・ギブソンや、彼らの両親を演じたベテランたちによって、作品は安定した質と視聴率をキープしていた。ダーマ&グレッグ フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「エドワード・ノートン」のニューストピックワード