53件中 31 - 40件表示
  • ウルヴァリン

    ウルヴァリンから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    最初の2本のX-メンの映画の監督・ブライアン・シンガーは役柄について多くの役者に話した。彼はラッセル・クロウはグラディエーターで似たような役を演じてかなり疲弊したのだといい、エドワード・ノートンには魅力的ではなく、Fox自身は高額すぎると言う理由でメル・ギブソンを除外したのだといった。1999年はSFXマガジンはキアヌ・リーブスに話をして、彼はその役に適当ではないと感じたと出版社に語った。ウルヴァリン フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ラファロ

    マーク・ラファロから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    その後マイケル・マン監督の『コラテラル』、デヴィッド・フィンチャーの『ゾディアック』、フェルナンド・メイレレスの『ブラインドネス』、マーティン・スコセッシの『シャッター アイランド』など多くの話題作に出演している。『アベンジャーズ』ではアメコミのヒーローの1人・ハルクに抜擢され、その演技力を絶賛されており、前任のエリック・バナやエドワード・ノートンを超えたとまで評価されている。マーク・ラファロ フレッシュアイペディアより)

  • 第72回アカデミー賞

    第72回アカデミー賞から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    1999年に亡くなった映画関係者を偲ぶIn Memoriamのプレゼンターはエドワード・ノートンが務め、俳優のシルヴィア・シドニー、ジム・ヴァーニー、ルース・ローマン、デスモンド・リュウェリン、ヘディ・ラマー、ヴィクター・マチュア、オリヴァー・リード、ダーク・ボガード、リラ・ケドロヴァ、マデリーン・カーン、ジョージ・C・スコット、監督のロベール・ブレッソン、ロジェ・ヴァディム、エドワード・ドミトリク、脚本家のマリオ・プーゾ、ガーソン・ケニンらの功績を称えた。しかし、この中にデフォレスト・ケリーが入っていなかったため、後にスタートレック・ファンが抗議した。第72回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 彩られし女性

    彩られし女性から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    2006年にナオミ・ワッツとエドワード・ノートン主演で再映画化されている。彩られし女性 フレッシュアイペディアより)

  • 小森 創介

    小森創介から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    レッド・ドラゴン(ウィル・グレアム(エドワード・ノートン))※テレビ東京版小森創介 フレッシュアイペディアより)

  • イェール大学

    イェール大学から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    エドワード・ノートン - 俳優、映画デビュー作でアカデミー賞助演男優賞にノミネート、後に主演男優賞で再度ノミネートイェール大学 フレッシュアイペディアより)

  • 海遊館

    海遊館から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    俳優のエドワード・ノートンの祖父はマーケットプレイス開発やコミュニティ都市の創出を得意とした都市計画家ジェームズ・ラウスで、海遊館の企画に関わり、巨大水槽の設置のために大阪に滞在していた。エドワード・ノートン本人も仕事を手伝うために大阪に1年弱滞在していた。現在でも映画のキャンペーンで来日した際に関西弁交じりの日本語を披露する。だが当時よりは日本語を話せなくなったという。海遊館 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ジョンソン

    アーロン・ジョンソンから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    父は土木技師。10歳のころから、子役としてTVや映画に出演し始めた。2006年に公開され評判を呼んだ映画『幻影師アイゼンハイム』ではエドワード・ノートン演じる主人公の少年時代を演じ注目を集めた。尊敬する俳優はダニエル・デイ=ルイス。アーロン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • アラン・スミシー

    アラン・スミシーから見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    スミシーの使用中止に影響を与えた可能性のあるもうひとつの事件は、『アメリカン・ヒストリーX』公開の際、監督のトニー・ケイがスミシー名義の使用を求めて却下された事件である。スミシー名義使用に当たっての規則には、自分の名義を映画から外す理由を、監督が公に向かって語ることを禁じるというものがある。再編集を巡り主演のエドワード・ノートンらとの間で起きた争いについて、監督のケイはすでにマスコミに語ってしまっていたためにスミシー名義の使用は不可能だったが、ケイはスミシー名義の使用を許可しなかった件で全米監督協会や映画会社を訴えてニュースとなってしまった。アラン・スミシー フレッシュアイペディアより)

  • インクレディブル・ハルク (映画)

    インクレディブル・ハルク (映画)から見たエドワード・ノートンエドワード・ノートン

    兵士強化実験のための研究(第二次大戦中に中止された、キャプテン・アメリカ誕生の結果となった実験)を行っていたブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、研究の成功を確信し自らの肉体を使って実験を行った。しかし実験は失敗し、ブルースは緑色の巨人へと変貌。軍から追われる身となったブルースは、ブラジルに潜伏し、武道家に師事し変身の原因となる感情の制御方法を学びながら、「ブルー」と名乗る研究者の協力のもと、体を元に戻す方法を模索していた。しかし、感情の制御は容易ではなく、研究も詳細なデータが無いため上手くいかず、焦りばかりが募っていく。インクレディブル・ハルク (映画) フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「エドワード・ノートン」のニューストピックワード