35件中 11 - 20件表示
  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た真実の行方

    数年間、ウエイターなど様々な仕事に就きながら、1993年からシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演する。1996年に2000人以上のオーディションから『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューし、多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞する。1998年に『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされる。2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞と第87回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たニューヨーク

    イェール大学で天文学と歴史と日本語を学ぶも、卒業後に俳優をこころざしてニューヨークへ出るほか、日本では祖父ジェームズ・ラウスの都市計画家としての仕事を手伝うため、大阪に1年弱滞在して海遊館の巨大水槽設置に携わり、英会話学校NOVAのテキストに掲載される。大阪滞在時より幾分不得手だが現在も日本語会話を嗜み、記者会見では日本語で「日本滞在は4ヶ月くらい」と答え、おすぎの「頭がスマートなのね!」との問いかけに「練習したんダヨ」と謙遜気味に答えている。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たイェール大学

    イェール大学で天文学と歴史と日本語を学ぶも、卒業後に俳優をこころざしてニューヨークへ出るほか、日本では祖父ジェームズ・ラウスの都市計画家としての仕事を手伝うため、大阪に1年弱滞在して海遊館の巨大水槽設置に携わり、英会話学校NOVAのテキストに掲載される。大阪滞在時より幾分不得手だが現在も日本語会話を嗜み、記者会見では日本語で「日本滞在は4ヶ月くらい」と答え、おすぎの「頭がスマートなのね!」との問いかけに「練習したんダヨ」と謙遜気味に答えている。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た環境問題

    マサチューセッツ州ボストンで生まれ、メリーランド州コロンビアで育つ。父親のエドワード・モーア・ノートンJr.は環境問題に取り組む弁護士でカーター政権時に連邦検察官を務め、母親のリディア・ロビンソンは英語教師で1997年に脳腫瘍で死去する。2人の弟がいる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た脳腫瘍

    マサチューセッツ州ボストンで生まれ、メリーランド州コロンビアで育つ。父親のエドワード・モーア・ノートンJr.は環境問題に取り組む弁護士でカーター政権時に連邦検察官を務め、母親のリディア・ロビンソンは英語教師で1997年に脳腫瘍で死去する。2人の弟がいる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たネオナチ

    数年間、ウエイターなど様々な仕事に就きながら、1993年からシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演する。1996年に2000人以上のオーディションから『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューし、多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞する。1998年に『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされる。2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞と第87回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た天文学

    イェール大学で天文学と歴史と日本語を学ぶも、卒業後に俳優をこころざしてニューヨークへ出るほか、日本では祖父ジェームズ・ラウスの都市計画家としての仕事を手伝うため、大阪に1年弱滞在して海遊館の巨大水槽設置に携わり、英会話学校NOVAのテキストに掲載される。大阪滞在時より幾分不得手だが現在も日本語会話を嗜み、記者会見では日本語で「日本滞在は4ヶ月くらい」と答え、おすぎの「頭がスマートなのね!」との問いかけに「練習したんダヨ」と謙遜気味に答えている。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たボストン

    マサチューセッツ州ボストンで生まれ、メリーランド州コロンビアで育つ。父親のエドワード・モーア・ノートンJr.は環境問題に取り組む弁護士でカーター政権時に連邦検察官を務め、母親のリディア・ロビンソンは英語教師で1997年に脳腫瘍で死去する。2人の弟がいる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たゴールデングローブ賞 助演男優賞

    数年間、ウエイターなど様々な仕事に就きながら、1993年からシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演する。1996年に2000人以上のオーディションから『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューし、多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞する。1998年に『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされる。2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞と第87回アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされる。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た英会話学校

    イェール大学で天文学と歴史と日本語を学ぶも、卒業後に俳優をこころざしてニューヨークへ出るほか、日本では祖父ジェームズ・ラウスの都市計画家としての仕事を手伝うため、大阪に1年弱滞在して海遊館の巨大水槽設置に携わり、英会話学校NOVAのテキストに掲載される。大阪滞在時より幾分不得手だが現在も日本語会話を嗜み、記者会見では日本語で「日本滞在は4ヶ月くらい」と答え、おすぎの「頭がスマートなのね!」との問いかけに「練習したんダヨ」と謙遜気味に答えている。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「エドワード・ノートン」のニューストピックワード