33件中 21 - 30件表示
  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たボストン

    マサチューセッツ州ボストンで生まれ、メリーランド州コロンビアで育った。父親のエドワード・モーア・ノートンJr.は環境問題に取り組む弁護士であり、カーター政権のもとでは連邦検察官であった。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たゴールデングローブ賞 助演男優賞

    数年の間、ウエイターなど様々な仕事につきながら、1993年よりシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演。1996年にオーディションで2000人以上の中から(レオナルド・ディカプリオの名前もあったと噂されている)『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューした。この作品で多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞。1998年には『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た英語

    母親のリディア・ロビンソン(旧姓ラウズ)は英語の教師だった。1997年に脳腫瘍のため亡くなった。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た日本語

    イェール大学で天文学と歴史、日本語を学ぶが、卒業後に俳優になるためにニューヨークに出る。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たファイトクラブ

    演技力は『真実の行方』や『アメリカンヒストリーX』、『ファイトクラブ』で示したように周囲を喰ってしまうほど非常に高いものである。白人至上主義に傾倒する若者、疲れ果てたサラリーマン、知的障害者を装った窃盗犯など幅広い役柄を演じている。シリアスな役柄を演じることが多いために、『インクレディブル・ハルク』に主役として出演することが決定したときには周囲を驚かせた。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た俳優

    エドワード・ハリソン・ノートン(, 1969年8月18日 - )は アメリカ合衆国の俳優エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た都市計画家

    俳優になる前に、都市計画家であった祖父ジェームズ・ラウスの仕事を手伝うために大阪に1年弱滞在。海遊館の巨大水槽の設置に携わっていた。また別の仕事として、英会話学校NOVAのテキストにも登場していたエドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見た多重人格障害

    数年の間、ウエイターなど様々な仕事につきながら、1993年よりシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演。1996年にオーディションで2000人以上の中から(レオナルド・ディカプリオの名前もあったと噂されている)『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューした。この作品で多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞。1998年には『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たアカデミー助演男優賞

    数年の間、ウエイターなど様々な仕事につきながら、1993年よりシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演。1996年にオーディションで2000人以上の中から(レオナルド・ディカプリオの名前もあったと噂されている)『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューした。この作品で多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞。1998年には『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・ノートン

    エドワード・ノートンから見たアカデミー主演男優賞

    数年の間、ウエイターなど様々な仕事につきながら、1993年よりシグニチャー・シアター・カンパニーのメンバーとして多数の舞台に出演。1996年にオーディションで2000人以上の中から(レオナルド・ディカプリオの名前もあったと噂されている)『真実の行方』のアーロン役に抜擢されて映画デビューした。この作品で多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じてアカデミー助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞。1998年には『アメリカンヒストリーX』でネオナチに走る若者を演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。エドワード・ノートン フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「エドワード・ノートン」のニューストピックワード