110件中 31 - 40件表示
  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た木村優子

    NSC東京卒業から3ヶ月後の2006年7月22日、日本テレビの『エンタの神様』に地上波のテレビ番組初出演。同番組では「木村陽子」(風貌が似ている日テレ所属の元アナウンサー・木村優子のパロディ)名義で3回出演したが(同名義でのドラマ出演もある)、ここではブレイクには結びつかず、2008年2月23日放送分以降の出演では、同番組限定の芸名ではなく「エド・はるみ」で出演している。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見たエド・サリヴァン

    芸名の由来は、エド・サリバンへの憧れと、カタカナを混ぜた無国籍な印象を持たせたいという意味から名付けたという。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た小中和哉

    くまちゃん(小中和哉監督、1992年) - ジェイブの客役エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た加戸誉夫

    劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(加戸誉夫監督、2008年) - 本人及び場内ウグイス嬢役、声優として出演エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見たマナー

    1988年に円・演劇研究所を卒業し、以降女優(主に舞台女優)として一人芝居などを行い活動を続ける(当時の芸名は江戸はるみ)。小劇場で舞台女優として活動していた頃の役者仲間に出川哲朗がおり、「出川君」と呼んでいたとのこと。またその一方で、Microsoft Office Specialistの資格を取り、コンピューターインストラクターとマナー講師の仕事をしていた。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た日曜劇場

    日曜劇場・Tomorrow〜陽はまたのぼる〜(TBSテレビ、2008年7月 - 9月) - 原田和子役エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見たドラマ10

    ドラマ10・旅のはじまり(NHK総合、1990年8月 - 9月)(江戸はるみ名義)主演は萩原健一。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見たラジかるッ

    ラジかるッ(日本テレビ、2008年3月14日・2008年4月 - 2009年3月)エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た24時間テレビ 「愛は地球を救う」

    2007年8月19日放送の日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』において、その頃はまだ知名度がそれほど高くなかったにも関わらず、品川庄司・品川祐から何度もネタを振ってもらいその場の笑いを取った。このことからエドは品川に感謝の念を抱いており、エド自身を特集したドキュメンタリー番組のインタビューにおいて、「このときのことは決して忘れてはならない」と涙を流しながら語った。またこの放送の後日、品川に感謝の気持ちとして粗品を届けたという。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

  • エド・はるみ

    エド・はるみから見た吉本総合芸能学院

    2004年から2005年頃にかけて表現の方向を転換してお笑い芸人を志す。このことについて、本人は「ふつふつと湧き上がる笑いに対する情熱を抑えきれず」と話している。事務所に所属していないアマチュアとして芸人コンクールのR-1ぐらんぷり2005に出場、2回戦で敗退。その後、本格的にお笑いの勉強をするため、吉本興業の養成学校であるNSC東京、11期生最年長として入学。入学時の挨拶は「年齢や経験は忘れて、一からの気持ちで頑張ります」教室の常に最前列で授業を受け2006年4月に皆勤賞で卒業。同年5月17日に東京都新宿区のルミネtheよしもとで芸人デビューをした。エド・はるみ フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「エド・はるみ」のニューストピックワード