129件中 31 - 40件表示
  • リラプス (アルバム)

    リラプス (アルバム)から見たエミネムエミネム

    『リラプス』(Relapse)はエミネムのアルバム。2009年5月20日発売。リラプス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • イグジビット

    イグジビットから見たエミネムエミネム

    同じくラッパーのエミネムとも親交は深い。イグジビット フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の映画

    1972年の映画から見たエミネムエミネム

    10月17日 - エミネム、アメリカのヒップホップMC・俳優1972年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • Quarashi

    Quarashiから見たエミネムエミネム

    カラシはよくレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやエミネム、またビースティ・ボーイズと比較されるが、カラシにはこれらの著名なラップ・またはロックグループとは一線を画すユニークなスタイルを持っている。基本的にカラシはラップ・グループだが、彼らからはロックやテクノ、ファンクの要素をミックスし、さらにパブリック・エネミーやレッド・ツェッペリンなどのグループから影響を受けた独自のサウンドを聞くことができる。Quarashi フレッシュアイペディアより)

  • テラー・スクワッド

    テラー・スクワッドから見たエミネムエミネム

    テラースクワッド(英語 Terror Squad)は、ヒップホップ系のアーティスト集団であり、ニューヨーク州 ブロンクスを拠点とするレコードレーベルである。ビッグ・パンやファット・ジョーの名前が知られている。これまでにかかわりを持ってきた顔ぶれを挙げると、アルマゲドン、プロスペクト、チャ―リーロックLD、トニー・モンタナ、キューバン・リンク、トリプル・シーズ、トニー・サンシャインといった面々である。またマイアミのDJカレド、プロデューサーのクール・アンド・ドレやニュージャージー・デビルなども含まれる。1999年、彼らは、ずばり「テラースクアッド」でデビューした。ビッグ・パンが中心になって完成させた「ワチャゴンドゥ」が、その最初の成功作となった。しかし2000年、彼らを悲劇が襲った。中心人物であったビッグ・パンが心臓発作で急逝したのである。彼の死後、その盟友であったキューバン・リンクとトリプル・シーズは、この一団から去ることになった。これを転機として、ファット・ジョーはレミー・マーチンやトニー・サンシャインを仲間として迎えた。そして2004年、アルバム第2弾「トゥルー・ストーリー」を発表した。その中には、スコット・ストーチのプロデュース曲「リーン・バック」が収められている。この曲は、ビルボードのシングル チャートの頂点まで上り詰め、イギリスでも24位まで上昇した。リル・ジョン、メイス、エミネムを迎えて録音されたこの曲のリミックス版は、2005年に発表されたファット・ジョーのアルバム「オール・オア・ナッシング」に収められている。2007年時点の面子は、ファット・ジョー、アルマゲドン、トニー・サンシャイン、プロスペクト、DJカレド、トリナである。トリナは、彼女と50セントとの競演から生じたもめごとの結果、レミー・マーチンが一団から去ると同時に、その仲間入りを果たした。テラー・スクワッド フレッシュアイペディアより)

  • アフターマス・エンターテインメント

    アフターマス・エンターテインメントから見たエミネムエミネム

    ドクター・ドレは、1996年 3月にデス・ロウを離脱してすぐ、アフターマス・エンターテインメントを立ち上げた。その年末までに、立ち上げメンバー(但し、その多くは、すぐにレーベルを去ることになった)と共に、コンピレーションアルバム「ドクタードレ・プレゼンツ・ザ・アフターマス」を発表した。1997年、ドーン・ロビンソンがR&Bグループのアン・ヴォーグからの脱退し、アフターマスと契約することを発表した。しかし、その後、ドレが自分の仕事をなかなか始めようとしないことを批判し、突如レーベルを去っていった。1997年秋、ヒップホップ界から豪華な顔ぶれが結集したザ・ファーム(ナズ、AZ、フォクシー・ブラウンなど)の最初で最後のアルバムを、インタースコープと共同で発表した。ドクタードレが楽曲提供だけでなく、カメオ出演も果たすなど、大きな期待が集まり、実際、ビルボード誌のアルバムチャートで初登場1位を記録し、100万枚の売上(プラチナディスク)も達成したが、目指していた水準の商業的成功にまでは至らなかった。この結果を受けて、ザ・ファームは解散することになった。アフターマスが次に送り出したのが、キング・ティーのアルバムである。しかしこれは大失敗に終わり、彼はお払い箱になった。大御所ラッパーのラキムも、このレーベルと契約を結んだ。しかし、法的な問題に加え、期待を集めていた復活アルバムの製作過程で生じた衝突により、彼もレーベルを後にすることになってしまった。1998年、インタースコープの幹部、ジミー・イオヴィンの紹介を受けて、デトロイトを拠点として活動していたエミネムと契約を結んだ。翌年、エミネムのメジャーデビュー作「ザ・リアル・スリム・シェイディLP」が発表され、ビルボード誌のアルバムチャートの頂点まで上り詰め、400万枚の大ヒットを広くした。このアルバムは、恐らく、アフターマス初の商業的な成功と言えるであろう。同じく1999年、ドクタードレが、1992年に発売したアルバム「ザ・クロニック」以来となる自身のアルバム「2001」を発表した。これが600万枚の売上を記録した。その後、アフターマスは、続々と新たなアーティストと契約していく。ヒットマン、トゥルース・ハーツ、ザ・ラスト・エンペラーといった顔ぶれである。2003年には、エミネムのレーベルであるシェイディ・レコーズと共同で、50セントのデビューアルバム「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」を発表し、これが数百万枚の大ヒットとなった。2004年、50セントのレーベルであるGユニット・レコードと共同でザ・ゲームと契約を締結した。但し、ザ・ゲームはアルバム発売後、50セントとの揉め事が生じ、レーベルを離脱してしまった。ここまで名前が挙がらなかった他にも、イヴ、バスタ・ライムス、レイクウォンなどとも契約を結んでいる。アフターマス・エンターテインメント フレッシュアイペディアより)

  • MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞

    MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞から見たエミネムエミネム

    男性演技賞: エミネム - 『8 Mile』MTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞 フレッシュアイペディアより)

  • ヒップホップ音楽の歴史

    ヒップホップ音楽の歴史から見たエミネムエミネム

    1999年、ドクター・ドレーは、シングル『Forgot About Dre』でエミネムをフィーチャーしてチャートの上位に登った。続いて、エミネムのデビュー作『The Slim Shady LP』は、多くの郊外在住の白人の若年層の共感を得て、100万枚を売り上げた。続くアルバムも大ヒットし、マイノリティに支配されていたシーンには白人のファンが入ってきた。エミネムはポップカルチャーのアイコンとなり、2002年にアカデミー賞を受賞する。ヒップホップ音楽の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • CHRIS

    CHRISから見たエミネムエミネム

    日本で初めて「MIX TAPE」という概念をもたらした。メジャーレーベルのみならず、パロディー作品、自ら制作したMIX TAPE(MIX CD)を発表し続け、ラッパーとしてのキャリアを重ねていく。その姿勢やルックス(母方の白人との混血)により、アフリカン・アメリカンのHIP HOPアーティストには「和製エミネム」と評されることもある。R&BシンガーAkonからは"Mr.TOKYO"と呼ばれる仲でもある。CHRIS フレッシュアイペディアより)

  • DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス

    DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスから見たエミネムエミネム

    「大ネタ使い」「軟弱」との見方もあり、特にウィル・スミス時代はエミネムに歌詞の中で攻撃されたりもした。しかし、オールド・スクールとニュー・スクールの中間に位置し、"Summertime!"、"Boom! Shake the Room"など、親しみやすく楽しいラップで多くの人に受け入れられた功績は大きい。DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「エミネム」のニューストピックワード