前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 石井慧

    石井慧から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年6月1日、記者会見で戦極(現SRC)と同日に仮契約したことを発表。戦極と契約した理由については「日本で育ち、日本で生まれた柔道に生かされてきた。その結果、オリンピック金メダルを手にしました。まずは、日本の格闘技界を盛り上げ、恩返しすることが私の宿命だと思った。自分の祖母は半分、片足を棺桶に突っ込んで、いつ亡くなってもおかしくない状況なので、祖母に生で試合を見せてあげたい」「日本にある団体の中で、『戦極』では、自分が最も尊敬する、世界のヘビー級で一番強い選手・エメリヤーエンコ・ヒョードルと(当時)対戦予定のジョシュ・バーネット選手がいます。もし、ジョシュ・バーネット選手が勝てば、最強はジョシュ・バーネット選手になるので、そういう選手がいるのが『戦極』なので、そういう面でも『戦極』に惹かれました。」と語った。「本契約はファンの前でしたい」とし、6月4日に新宿ステーションスクエアにて本契約の公開調印式が行われた。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ハリトーノフ

    セルゲイ・ハリトーノフから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    モスクワの小さな総合格闘技大会に出た際、ヴォルク・ハンにスカウトされ、リングス・ロシア(ロシアン・トップチーム)入り。エメリヤーエンコ・ヒョードルがレッドデビルに移籍した後は、ロシアン・トップチームのエースとして活躍する。セルゲイ・ハリトーノフ フレッシュアイペディアより)

  • ゲガール・ムサシ

    ゲガール・ムサシから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ボクシングをバックボーンに持ち、優れたボクシングテクニックに加えて、アーネスト・ホースト直伝のパンチとキックのコンビネーション、リーチの長さを活かした打撃を得意とするストライカータイプの選手であるが、レッドデビル・インターナショナルに移籍し、エメリヤーエンコ・ヒョードルに帯同するようになってからは、寝技の技術も向上し、穴の無いオールラウンダータイプの選手となり、KO・一本率は90%を超えている。ムサシという名前に加えて「打撃も寝技も強い」「MMAルールでも立ち技ルールでも戦える」ということもあって、伝説の二刀流剣士・宮本武蔵にならって「拳豪」「若きバガボンド」とも呼ばれている。英語圏では「The Dreamcatcher」「The Armenian Assassin(アルメニアの暗殺者)」「The Real Deal(真の男)」の異名を持つ。ゲガール・ムサシ フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年10月25日、DREAM初のケージ開催となったDREAM.12のメインイベントでジェームス・トンプソンと対戦し、開始33秒フロントチョークで一本勝ち。試合後には「2010年4月にエメリヤーエンコ・ヒョードル選手と対戦したい」とコメントした。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • マーク・コールマン

    マーク・コールマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    その後、躊躇していた首の手術を決行し成功。2004年4月25日、PRIDE GP 2004に参戦し、1回戦でヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと"新旧王者対決"として対戦する。ヒョードルを2度にわたってテイクダウンし、一時はバックからスリーパーを狙うという好機も作るが、最後は下からの腕ひしぎ十字固めで敗北する。マーク・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • ローマン・ゼンツォフ

    ローマン・ゼンツォフから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    恰幅の良いどっしりとした体躯の持ち主。エメリヤーエンコ・ヒョードルのトレーニング・パートナーであることから、PRIDEでは「皇帝の影武者」とのニックネームが付けられた。ローマン・ゼンツォフ フレッシュアイペディアより)

  • Affliction: Banned

    Affliction: Bannedから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大会メインイベントではPRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと元UFC世界ヘビー級王者ティム・シルビアによる、世界初の総合格闘技の統一タイトルである初代WAMMA世界ヘビー級王座決定戦が行われた。Affliction: Banned フレッシュアイペディアより)

  • Affliction: Day of Reckoning

    Affliction: Day of Reckoningから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大会メインイベントではWAMMA世界ヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと元UFC世界ヘビー級王者アンドレイ・アルロフスキーによる、WAMMA世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。Affliction: Day of Reckoning フレッシュアイペディアより)

  • Affliction: Trilogy

    Affliction: Trilogyから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メインイベントではWAMMA世界ヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと挑戦者ジョシュ・バーネットによる、WAMMA世界ヘビー級タイトルマッチが予定されていた。Affliction: Trilogy フレッシュアイペディアより)

  • パウンド・フォー・パウンド

    パウンド・フォー・パウンドから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    しかし、もし体重差がなく、全階級の格闘家が同じ体重で戦った場合誰が一番強いのか。つまり、パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。基本的にパウンド・フォー・パウンドとは軽量級の選手を評価するための概念と言えるため、最重量級の選手がパウンド・フォー・パウンド最強と評価されるのは難しい。しかし、最重量級のヘビー級であるモハメド・アリやマイク・タイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルなどがパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補として頻繁に名前が挙がっている事実は、彼らの強さがいかに絶対的なものであるかを証明するものであると言える。パウンド・フォー・パウンド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード