2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示
  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ロシアンブリザード・ウォーホル(エメリヤーエンコ・ヒョードルファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝

    皇帝から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア出身、総合格闘家)皇帝 フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2000年代に入ると、今度は柔術・レスリングなどの寝技(グラウンド)・組み技を研究しつつ、あくまで打撃にこだわるスタイルの選手が活躍するようになる。シュートボクセ・アカデミー(ムエタイ系打撃)のヴァンダレイ・シウバや、K-1グランプリで準優勝したこともあるミルコ・クロコップなどがそれである。第2代PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルもベースにあるのは、豪快な投げと強力な関節技が特徴のサンボだが、得意とするのは(特長的なのは)パンチであり、立った状態はもちろん、グラウンド状態でも強烈なパンチ(これをパウンドと呼ぶ)を放つ技術を持っている。多彩な柔術技を駆使する初代王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとは好対照をなしている。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年8月1日、Affliction: Trilogyでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦予定であったが、試合前のドーピング検査でアナボリックステロイドの一種であるドロスタノロンの陽性反応が出たとして出場中止となり、その影響で同大会は開催中止となった。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    格闘技全般ではK-1やPRIDEなどが更に人気となり、大晦日に行われる興行がテレビ中継されるようになった。2003年には民放キー局3局が大晦日に格闘技中継をするなど、日本の格闘技界は絶頂を迎え世界をリードするようになる。しかし2007年のPRIDE消滅から総合格闘技人気は減退し、総合格闘技の頂点はPRIDEからアメリカのUFCに移ることになる。この時代の人気選手として桜庭和志、ボブ・サップ、魔裟斗、須藤元気、ヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、小川直也、吉田秀彦などが挙げられる。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ヘンダーソン

    ダン・ヘンダーソンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2011年7月30日、Strikeforce: Fedor vs. Hendersonのメインイベントでエメリヤーエンコ・ヒョードルとヘビー級契約で対戦し、TKO勝ち。ヘビー級契約ながら前日計量では94kgほどでヒョードルとは約7kg差あった。ダン・ヘンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年4月29日、「DEEP M-1 CHALLENGE 3rd EDITION in JAPAN」でエメリヤーエンコ・ヒョードルとサンボ衣着用・打撃ありのスーパーエキシビションファイトを行なった。お互いに見せ場を作った後、終了間際に青木がヒョードルのアキレス腱固めにタップアウト。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 高田延彦

    高田延彦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    宝酒造「ZIPANG」(2004年)桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバ、エメリヤーエンコ・ヒョードルと共演高田延彦 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンダレイ・シウバ

    ヴァンダレイ・シウバから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2006年、シウバは負傷欠場したエメリヤーエンコ・ヒョードルに代わって「PRIDE 無差別級グランプリ」の2回戦に出場し、藤田和之と対戦した。右ストレートでダウンを奪いサッカーボールキックを放つとセコンドがタオルを投入、TKO勝利となり準決勝進出を果たした。9月10日の「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦」で行われたトーナメント準決勝では、PRIDE.20以来の再戦となるミルコ・クロコップと対戦。1ラウンド5分過ぎに左ハイキックを受け失神、KO負けを喫した。ヴァンダレイ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・ローチ

    フレディ・ローチから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    総合格闘技の選手ではUFC元ヘビー級王者のアンドレイ・アルロフスキー、ダン・ハーディー、ティト・オーティズ、アンデウソン・シウバ、BJ・ペンを教えてきた。2010年以来、UFCウェルター級王者のジョルジュ・サンピエールとトレーナー契約を結んでいる。他にも著名な総合格闘家のトレーナーを務めている。また2010年3月には元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルのトレーナーを務めることに興味があると述べた。フレディ・ローチ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード