121件中 91 - 100件表示
  • 柳澤龍志

    柳澤龍志から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    1993年5月のパンクラス設立当初からのメンバーであったが、2000年6月にパンクラスを離脱。前田憲作主宰のチームドラゴンへ移籍して、総合格闘技ではリングス、打撃格闘技ではK-1を主戦場に移した。パンクラスではセーム・シュルト、リングスではエメリヤーエンコ・ヒョードル、グローブ空手のトーワ杯では士道館の村上竜司にKO負け。K-1ではミルコ・クロコップ、キックボクシングではビタリ・クリチコ(後のボクシングWBC世界ヘビー級王者)といった選手との対戦経験を持つが結果を残せていない。柳澤龍志 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ホフマン

    ボビー・ホフマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2001年4月20日、RINGSワールドタイトル決定トーナメント・ヘビー級1回戦で柳澤龍志に判定勝ち。8月11日、準決勝でイリューヒン・ミーシャにTKO勝ちするも左肩を脱臼し、エメリヤーエンコ・ヒョードルとの決勝を棄権、準優勝となった。ボビー・ホフマン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2003年3月16日、PRIDE.25でエメリヤーエンコ・ヒョードルとの初防衛戦に挑んだが、ノゲイラの寝技を研究し尽くしたヒョードルの戦略と強烈なパウンドの前に圧倒され、判定で敗れ王座陥落。8月10日、PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦のワンマッチで元UFC世界ヘビー級王者リコ・ロドリゲスと対戦。判定により勝利を収めたが、PRIDEとUFCの判定基準の相違により物議を醸す結果となった。後に英語版公式サイトにて判定に関する説明が行われた。11月9日、ヒョードルの怪我によるミルコ・クロコップとのヘビー級暫定王座をかけた一戦では、テイクダウンを奪えずスタンドで劣勢に立ち、1R終了間際には左ハイキックでダウン、かろうじてゴングに救われた。2Rは開始早々テイクダウンからマウントを奪い、ミルコのブリッジに合わせて腕ひしぎ十字固めで逆転一本勝ちを収め王座獲得に成功した。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    9月28日 - エメリヤーエンコ・ヒョードル(ウクライナ、格闘家)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ヒクソン・グレイシー

    ヒクソン・グレイシーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    現在、MMAの試合からは完全に遠ざかったヒクソンであるが、本人がインタビューで答える内容からすると、いまだに世界のトップレベルの強豪と拳をまじえ戦いを制するだけの実力は秘めていると自称している。2009年に入ってからも(ヒクソンは50代)UFCヘビー級王者のブロック・レスナーやエメリヤーエンコ・ヒョードル相手に勝つ策はあると断言しているが実行はされていない。ヒクソン・グレイシー フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ロシアンブリザード・ウォーホル(エメリヤーエンコ・ヒョードルファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・アレキサンダー

    エメリヤーエンコ・アレキサンダーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルの実弟。兄(182cm)を大きく上回る巨体(198cm)に、高いボクシングテクニックと身体能力を併せ持つ。序盤からアグレッシブに攻め込むファイトスタイルで、KO率も高い。ヒョードルも「近い将来、サーシャ(アレキサンダーの愛称)が一番の脅威となるであろう」と話す。エメリヤーエンコ・アレキサンダー フレッシュアイペディアより)

  • ロシアン・フック

    ロシアン・フックから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    総合格闘技にてボクシングのフックを打つと、体の軸を腰を中心に切る必要があるので、そこをタックルに入られてしまうという弱点がある。そこで、相手に対し正面を向いた状態から肩を回して打つことで、この弱点をある程度カバーできる。ロシアン・フックの名は、この技を得意とした総合格闘家のイゴール・ボブチャンチンがロシア人(正確にはウクライナ人)であることから、佐山聡によって命名された。他にはエメリヤーエンコ・ヒョードルもよく使用する。ロシアン・フック フレッシュアイペディアより)

  • 千代大豪勇星

    千代大豪勇星から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    小学5年生で空手を始め、尼崎市立南武庫之荘中学校ではエメリヤーエンコ・ヒョードルに憧れて総合格闘技を始めた。千代大豪勇星 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルロフスキー

    アンドレイ・アルロフスキーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年1月24日、Affliction: Day of ReckoningのWAMMA世界ヘビー級タイトルマッチでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。相手をコーナーに追いつめ、跳び膝蹴りを浴びせようとするも、カウンターの右フックで失神KO負けを喫し王座獲得に失敗した。アンドレイ・アルロフスキー フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード