107件中 11 - 20件表示
  • ファブリシオ・ヴェウドゥム

    ファブリシオ・ヴェウドゥムから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2010年6月には総合格闘技のヘビー級世界最強と評価されていたエメリヤーエンコ・ヒョードルから史上初めて総合格闘技ルールでタップアウトを奪って大番狂わせの一本勝ちを収め、世界の注目を集めた。ファブリシオ・ヴェウドゥム フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大会ではヘビー級グランプリ1回戦の全8試合が行われ、ヒース・ヒーリング、セルゲイ・ハリトーノフ、ジャイアント・シルバ、セーム・シュルト、小川直也、ケビン・ランデルマン、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、エメリヤーエンコ・ヒョードルの8名が2回戦へ進出した。PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • やれんのか! 大晦日! 2007

    やれんのか! 大晦日! 2007から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDEが活動停止している間に日本人と外国人の多くの選手がUFCやHERO'Sといった他の大会に流出した中、PRIDE再開の望みをかけていたPRIDE武士道参戦選手の青木真也、川尻達也、桜井"マッハ"速人、石田光洋らを中心に、M-1 GLOBALからPRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルが加わり、PRIDE末期のスポンサーらが発足させたワールドビクトリーロードの総合格闘技イベント戦極に参戦する瀧本誠やDEEP王者の長谷川秀彦も参加。旧PRIDEの日本人と外国人選手同士の対決、旧PRIDEの選手とK-1から派遣された選手との対戦いった図式でカードが組まれた。やれんのか! 大晦日! 2007 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルク・ハン

    ヴォルク・ハンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ヴォルク・ハン格闘術とは、自らが培った技術・経験から考案されたハンオリジナルの格闘術。コマンドサンボをベースに、ボクシング、ムエタイ、レスリング、柔道などの技術を取り入れ、より総合格闘技の攻防に特化したスタイルとされる。一般的にセルゲイ・ハリトーノフや、かつての弟子であったエメリヤーエンコ・ヒョードルは、コマンドサンボをそのままバーリトゥードに転用していると思われがちだが、実際にはヴォルク・ハン格闘術から学んだノウハウに基づきコマンドサンボの技術を応用している。また、ヴォルク・ハン格闘術はサンボ着を脱いだ状態、裸体での徒手格闘を想定して構成されている点も特徴である。ヴォルク・ハン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルロフスキー

    アンドレイ・アルロフスキーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ボクシングテクニックとタックルを切るレスリング力、110kgとは思えない均整の取れた肉体にヘビー級トップクラスのスピードが特徴。またサンボ出身であるため、関節技も出来る。一方、顎が弱く負ける時は顔面にパンチをもらい崩れる場面が多かった。エメリヤーエンコ・ヒョードル戦以降は、4連敗のうち3試合が顔面にパンチをもらいTKO負けを喫していることからパンチドランカーになったとの声も多い。アンドレイ・アルロフスキー フレッシュアイペディアより)

  • セミー・シュルト

    セミー・シュルトから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    6月23日、PRIDE.21ではエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、判定負け。セミー・シュルト フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜にて4年ぶりの総合格闘技ルールマッチで北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト石井慧と対戦。スタンドで膝蹴りを浴びせ、寝技では石井の関節技をかわしきってマウントポジションを奪う場面もあり、バンナがパウンドを打つ際には日本人の石井が相手でありながら観客から掛け声があがったが、3Rに抑え込まれて判定負け。試合後、石井から「バンナ選手の寝技が予想以上にうまかった。僕は吉田秀彦さんからパスガードしてサイドポジションを奪うことは出来たし、今回の試合に備えてエメリヤーエンコ・ヒョードルに一本勝ちした柔術世界王者ファブリシオ・ヴェウドゥムと練習してきて、寝技スパーリングで僕はファブリシオからパスガードしてサイドポジションを奪って抑え込めていたから寝技には自信があった。しかし、バンナは寝技でもファブリシオと同じくらい足が利いていて、今までで一番パスガードするのが難しい相手だったし、アキレス腱固めやヒールホールドの防御のやり方も出来ていて、寝技で下から打ってくるパンチも強かった」」と評された。バンナは「今年はあまり寝技の練習ができなかった。自分も6歳から柔道をやっていたので、嘉納治五郎のような柔道マスターで金メダリストの石井と対戦できて光栄」と語った。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2000年12月22日、KING OF KINGS 2000の1回戦でイリューヒン・ミーシャにKO勝ち。2回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。高阪が放ったフックでカット・出血によりドクターストップ勝ち。ただし、ヒョードルは反則の肘打ちでのカットだと強く主張。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • ダナ・ホワイト

    ダナ・ホワイトから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    UFC以外の他の総合格闘技団体に対しては批判的な姿勢をとっており、BodogFightやEliteXCなど、2006年以降に勃興した多くの新興イベントを「ジョーク」と発言し、さらに、六本木でのMMA版スーパーボウル構想においての会見では「PRIDEとUFC以外はジョーク」と発言した。日本のHERO'Sのアメリカ興行であるDynamite!! USAを例に挙げて嘲笑するなど、UFCへの自負が強い。また、地上波のNBCでも放送されていてUFCに次ぐMMA団体と評価されているStrikeforceについては「UFC以外のMMA団体はジョークばかりだが、Strikeforceのことだけは認めている。スコット・コーカーは素晴らしいマッチメイカーだし、リスペクトに値する」と賞賛していた。しかし、2009年8月にUFCがエメリヤーエンコ・ヒョードルとの契約交渉が決裂し、ヒョードルがStrikeforceと正式契約した途端に「あそこは(Strikeforceじゃなくて)Strike-Farce(茶番劇)だ!彼らは田舎でドサ回りをしているだけで、金もなければファイターもいない。取るに足らない団体だ」と態度を急変して猛烈に批判している。後に「Strikeforceは素晴らしい団体だが、Strikeforceを放送しているShowtimeの連中がクソなんだ」と発言を訂正している。ダナ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • ブラゴイ・アレクサンドル・イワノフ

    ブラゴイ・アレクサンドル・イワノフから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2008年11月にコンバットサンボ世界選手権でエメリヤーエンコ・ヒョードルに勝利したことから「ヒョードルキラー」という異名を持つ。ブラゴイ・アレクサンドル・イワノフ フレッシュアイペディアより)

107件中 11 - 20件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード