121件中 11 - 20件表示
  • マーク・コールマン

    マーク・コールマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    その後、躊躇していた首の手術を決行し成功。2004年4月25日、PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦のヘビー級グランプリ1回戦でヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。ヒョードルを2度にわたってテイクダウンし、一時はバックからスリーパーを狙うという好機も作るが、最後は下からの腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。マーク・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • やれんのか! 大晦日! 2007

    やれんのか! 大晦日! 2007から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDEが活動停止している間に日本人と外国人の多くの選手がUFCやHERO'Sといった他の大会に流出した中、PRIDE再開の望みをかけていたPRIDE武士道参戦選手の青木真也、川尻達也、桜井"マッハ"速人、石田光洋らを中心に、M-1 GLOBALからPRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルが加わり、PRIDE末期のスポンサーらが発足させたワールドビクトリーロードの総合格闘技イベント戦極に参戦する瀧本誠やDEEP王者の長谷川秀彦も参加。旧PRIDEの日本人と外国人選手同士の対決、旧PRIDEの選手とK-1から派遣された選手との対戦、といった図式でカードが組まれた。やれんのか! 大晦日! 2007 フレッシュアイペディアより)

  • Strikeforce: Fedor vs. Rogers

    Strikeforce: Fedor vs. Rogersから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    本大会では、ジェイク・シールズ対ジェイソン・"メイヘム"・ミラーによるStrikeforce世界ミドル級王座決定戦と、エメリヤーエンコ・ヒョードル対ブレット・ロジャースによるWAMMA世界ヘビー級タイトルマッチが行われた。Strikeforce: Fedor vs. Rogers フレッシュアイペディアより)

  • Affliction: Banned

    Affliction: Bannedから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メインイベントではPRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと元UFC世界ヘビー級王者ティム・シルビアによる、世界初の総合格闘技の統一タイトルである初代WAMMA世界ヘビー級王座決定戦が行われた。Affliction: Banned フレッシュアイペディアより)

  • Affliction: Trilogy

    Affliction: Trilogyから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メインイベントではWAMMA世界ヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと挑戦者ジョシュ・バーネットによる、WAMMA世界ヘビー級タイトルマッチが予定されていた。Affliction: Trilogy フレッシュアイペディアより)

  • スポーツアコードワールドコンバットゲームズ

    スポーツアコードワールドコンバットゲームズから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    サンボ - エメリヤーエンコ・ヒョードル (60億分の1の男)スポーツアコードワールドコンバットゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2000年12月22日、KING of KINGSの1回戦でイリューヒン・ミーシャにKO勝ち。2回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。高阪が放ったフックでカット・出血によりドクターストップ勝ち。ただし、ヒョードルは反則の肘打ちでのカットだと強く主張。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・ヴェウドゥム

    ファブリシオ・ヴェウドゥムから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2010年6月には、総合格闘技のヘビー級世界最強と評価されていたエメリヤーエンコ・ヒョードルから総合格闘技ルールで初めてタップアウトを奪い、世界の注目を集めた。ファブリシオ・ヴェウドゥム フレッシュアイペディアより)

  • RIZIN FIGHTING FEDERATION

    RIZIN FIGHTING FEDERATIONから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2015年10月8日に六本木ミッドタウンで設立会見が行われ、12月29日と31日に大会を開催して、フジテレビ系列での地上波放送とスカパー!でのペイ・パー・ビュー放送を行うこと、PRIDEのエースだったエメリヤーエンコ・ヒョードル、桜庭和志ら参戦選手と高田延彦の統括本部長就任が発表された。また、元検事の弁護士2名と元警視庁刑事部理事官がコンプライアンス担当に就任、日本レスリング協会がRIZINに協力する意向を表明した。RIZIN FIGHTING FEDERATION フレッシュアイペディアより)

  • パウンド・フォー・パウンド

    パウンド・フォー・パウンドから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    しかし、もし体重差がなく、全階級の格闘家が同じ身長・体重で戦った場合誰が一番強いのか。つまり、パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。最重量級の選手がパウンド・フォー・パウンド最強にはなり難いとされているが、最重量級のヘビー級であるモハメド・アリやマイク・タイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルなどがパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補として頻繁に名前が挙がっているため、その限りではない。パウンド・フォー・パウンド フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード