121件中 31 - 40件表示
  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルの負傷欠場により、ヴァンダレイ・シウバがミドル級代表として急遽参戦し、ヘビー級の藤田和之と対戦。持ち前のラッシングファイトでTKO勝ちを収めた。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 男祭り 2004

    PRIDE 男祭り 2004から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDE GRANDPRIX 2004決勝戦の再試合を兼ねたメインイベントのPRIDEヘビー級統一王座決定戦では正規王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをスタンドの打撃で攻め続け、判定勝ち。PRIDEヘビー級王座を統一すると同時に、同王座の初防衛に成功。また、PRIDE GRANDPRIX 2004優勝を果たした。PRIDE 男祭り 2004 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.21

    PRIDE.21から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDEデビュー戦となったリングス無差別級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルはセーム・シュルトを判定で下した。また第1試合に出場したボブ・サップは田村潔司に開始11秒でTKO勝ち。PRIDE.21 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ヘビー級グランプリ準決勝第1試合ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがセルゲイ・ハリトーノフに判定で勝利。準決勝第2試合では小川直也とエメリヤーエンコ・ヒョードルが対戦するが、小川はヒョードルに手も足も出ず一本負け。決勝戦のヒョードル対ノゲイラは偶発的なバッティングによるカットで無効試合となり、決着はPRIDE 男祭り 2004に持ち越しとなった。PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

    K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    同日に開催された総合格闘技イベント「やれんのか! 大晦日! 2007」でDynamite!!協力試合として行われたエメリヤーエンコ・ヒョードル vs. チェ・ホンマン、三崎和雄 vs. 秋山成勲の2試合がテレビ放送された。京セラドーム大阪では、閉会式後にパブリックビューイングという形で「やれんのか!」第4試合からメインイベントまでの5試合の模様が生中継された。K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.26

    PRIDE.26から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メインイベントのエメリヤーエンコ・ヒョードル対藤田和之では、藤田がヒョードルをカウンターでふらつかせる場面もあったが、スリーパーホールドで一本負け。ミルコ・クロコップが本格参戦。純PRIDEルールでヒース・ヒーリングと対戦し、TKO勝ちを収めた。PRIDE.26 フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    プロレスファンに与えた影響について井上譲二は、「おそらく、あの本を読むまでプロレスは真剣勝負であると思っていたファンは想像以上に多かったと思う。読まずとも知っていたという内容なら、あんなに反響があるはずがばない」と述べている。一方、高橋は2010年発行の『流血の魔術 第2幕』の中で、本書出版後、プロレスファンから「プロレスのいい加減さが好きだったのに」と本書を「悪魔の書」呼ばわりされたことがあったと明かした上で、「プロレスのいい加減さが好きといったマニアックなファン」について、「プロレスを馬鹿にしているように思えてならない」、「そうした人たちは極めて少数なコアな層に過ぎないので、そこだけを気にしていれば、方向性を見失ってしまうのだ。プロレス団体やマスコミが、コアな層にばかり目を向けがちになっているのは以前からのことだが、その部分を見直さなければプロレスに未来はない」と批判している。さらに高橋は、『プロレス「悪夢の10年」を問う』(宝島社、2008年)がファン歴10年以上の男性ファンに行ったアンケートで本書に対する感想を求めたところ、72%が「内容を知らないので特に感想はない」と回答した事実を挙げ、「プロレスファンが意外なほど読んでいないことに、かなり驚いた」と述べ、この結果から本書がプロレス衰退の後押しをしていたという懸念が払拭され安堵したと述べるとともに、本書が「もっと大きな影響力を持っていれば、私が望んでいたように、プロレスの新たな可能性を切り開いていく一助になったのではないかと、残念にも思われた」と述べている高橋は前述『プロレス「悪夢の10年」を問う』におけるアンケートの結果から、プロレスの人気が低迷した原因について「総合格闘技のリングでプロレスラーが負け続け幻滅した」とする意見(10.4%)が本書をはじめとする高橋の著書が原因とする意見(1.1%)よりもはるかに多いことを指摘し、K-1やPRIDEで「格闘家にあっさりと負けてしまったプロレスラーも責任は重い」、ルールがプロレスとは異なる大会に「出ていくべきではなかった」と述べている高橋は具体的に、ヒクソン・グレイシーに連敗した高田延彦、エメリヤーエンコ・ヒョードルやミルコ・クロコップに1分ほどで敗れた永田裕志の名を挙げており、とくにIWGPの連続防衛記録を作り、「新日本プロレスの顔的存在」となっていた永田が「無残な姿をさらした」事実は、プロレスにって大きな痛手になったと分析している。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • BodogFight

    BodogFightから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年4月14日には、ロシア・サンクトペテルブルク大会を開催。PRIDEヘビー級王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦を実現し、ヒョードル対マット・リンドランドが行われた。この大会は、ロシアの当時大統領ウラジーミル・プーチン、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニなど政治家の観戦が目立った。BodogFight フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・スポーン

    タイロン・スポーンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    「King of The Ring(リングの王)」の異名を持ち、かつてキックボクシングのスーパーミドル級では最強と称され、ライトヘビー級、クルーザー級、ヘビー級でも世界トップクラスの実力を誇る。16歳でプロデビューして以来、驚異的な戦績と勝率を誇り、勝った試合のKO率は約70%前後と高い。ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、レミー・ボンヤスキーら歴代K-1 WORLD GP王者達から才能と実力を認められている実力者であり、ヨーロッパでは高い人気を誇る。また、ミルコ・クロコップとの決戦を控えたエメリヤーエンコ・ヒョードルの練習パートナーを務めたことがある。2008年以降はK-1ヘビー級やIT'S SHOWTIMEを主戦場としている。憧れの選手としてホーストを挙げており、そのホーストの誘いで2009年5月頃から指導を受けている。下の階級からヘビー級まで上げてきたことやテクニシャンタイプ、スリナム系であるなど共通点も多いため、自他共に認める「ホースト2世」である。ただし、ホーストは「彼はホースト2世ではなくスポーン1世だ。彼は彼だし、私はそういうのは好まない」と語っている。タイロン・スポーン フレッシュアイペディアより)

  • リー・ハスデル

    リー・ハスデルから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2001年末 - リングス最後の興行である無差別級トーナメントに出場。1回戦で跳び膝蹴りでKO勝利し2回戦進出。当時リングス・ロシアに所属していたエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、ネックロックで敗北。リー・ハスデル フレッシュアイペディアより)

121件中 31 - 40件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード