107件中 31 - 40件表示
  • チェ・ムベ

    チェ・ムベから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    グレコローマンレスリング出身であり、現PRIDE王者エメリヤーエンコ・ヒョードルとのスパーリングにおいてヒョードルを本気にさせたというエピソードにより、2004年2月15日の「PRIDE 武士道 -其の弐-」においてデビューを果たした。チェ・ムベ フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    決勝では激戦をミルコが制し、K-1時代を含め自身初のチャンピオンに輝き、エメリヤーエンコ・ヒョードルとの再戦の権利を手にする。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

    K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    同日に開催された総合格闘技イベント「やれんのか! 大晦日! 2007」でDynamite!!協力試合として行われたエメリヤーエンコ・ヒョードル vs. チェ・ホンマン、三崎和雄 vs. 秋山成勲の2試合がテレビ放送された。京セラドーム大阪では、閉会式後にパブリックビューイングという形で「やれんのか!」第4試合からメインイベントまでの5試合の模様が生中継された。K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.26

    PRIDE.26から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    藤田和之がエメリヤーエンコ・ヒョードルを効果的なカウンターでふらつかせる場面もあったが、最後はヒョードルの怒涛の反撃により、藤田の一本負け。PRIDE.26 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.24

    PRIDE.24から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. エメリヤーエンコ・ヒョードルのPRIDEヘビー級タイトルマッチが行われるはずだったが、ヒョードルの怪我で流れる。その代替カードとして、ノゲイラ vs. ダン・ヘンダーソンというリングスでのリベンジマッチが組まれ、ノゲイラが一本勝ちした。PRIDE.24 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.30

    PRIDE.30から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大会サブタイトル「STARTING OVER」の通り、エメリヤーエンコ・ヒョードルに敗れたミルコ・クロコップと、肩の負傷から復帰したジョシュ・バーネットの双方にとって「出直し」の舞台となった。体格差を生かし圧力で押すジョシュに間合いが取れず、苦しんだミルコだが、グラウンドではマウント・ポジションも奪い、終始試合をリード。終盤、ミルコのラッシュにジョシュが棒立ちとなり、3-0の判定でミルコが勝利した。PRIDE.30 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.21

    PRIDE.21から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    後にPRIDEヘビー級王者となるエメリヤーエンコ・ヒョードルが今大会でついに参戦し、セーム・シュルトを判定で下した。また第1試合に出場したボブ・サップは田村潔司に開始11秒でTKO勝ち。PRIDE.21 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.34

    PRIDE.34から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    同時期にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのUFCとの正式契約がアメリカにて発表された。これまでPRIDEヘビー級トップ3を担ってきた3人(エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ)の最後の男のPRIDE離脱が、10周年記念イヤー最初の、そしてDSE主催ラスト興行のこの日に明らかとなった。PRIDE.34 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.32

    PRIDE.32から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    セミファイナルでは2005年ミドル級グランプリ王者マウリシオ・ショーグンがケビン・ランデルマンと対戦し、膝十字固めで一本勝ち。メインイベントではPRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルがマーク・コールマンとノンタイトル戦で対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。PRIDE.32 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.23

    PRIDE.23から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    アイアム・プロレスラー高田延彦の引退試合はUWF時代から因縁のあった田村潔司との師弟対決となった。2R田村の右フックにより失神KO負け。試合後、田村は高田からの言葉を受け号泣した。またアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラやエメリヤーエンコ・ヒョードル、桜庭和志など人気選手が集う大会になった。今大会が正規のPRIDEデビュー戦となる吉田秀彦は、ドン・フライに一本勝ちを収め、白星デビューを飾る。PRIDE.23 フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード