121件中 41 - 50件表示
  • PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルとミルコ・クロコップによるPRIDEヘビー級タイトルマッチがヒョードルの怪我により流れ、本大会のセミファイナルでミルコとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのヘビー級暫定王座決定戦が組まれた。当時総合格闘技無敗のミルコがノゲイラを1Rから圧倒するも、耐えたノゲイラが2Rで逆転勝ちし、暫定王座を獲得した。PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス最強論

    プロレス最強論から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2000年代に入り、プロレスラーが総合格闘技のリングに上がるようになる。プロレス最強論の中心だった新日本プロレスからは永田裕志が出場してミルコ・クロコップ、エメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦したが、開始数分で敗れている。しかし、同じプロレス出身の藤田和之や桜庭和志らは総合格闘技でも多くの勝利を収めた。特に桜庭は日本人格闘家の誰もが苦渋を舐めたグレイシー一族(ホイラー、ホイス、ヘンゾ、ハイアン)相手に4連勝を重ねるなど、日本総合格闘技人気の発展に大きく貢献した。その他も船木誠勝や柴田勝頼など、多くのプロレスラーが総合格闘技に挑戦している。プロレス最強論 フレッシュアイペディアより)

  • ズルジーニョ

    ズルジーニョから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、26秒でパウンドによるギブアップ負け。ズルジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • 小斎武志

    小斎武志から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    1998年1月24日、ロシア国際柔道の100kg級に出場し、3位入賞。準々決勝では日本デビュー前のエメリヤーエンコ・ヒョードルに一本勝ち。のちに「ヒョードルを倒した男」と呼ばれることとなった。小斎武志 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ロジャース

    ブレット・ロジャースから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年8月1日に開催予定であったAffliction: Trilogyで、薬物問題で欠場となったジョシュ・バーネットの代替選手としてエメリヤーエンコ・ヒョードルとの対戦が噂されたものの、結局大会がキャンセルとなった。ブレット・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.24

    PRIDE.24から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. エメリヤーエンコ・ヒョードルのPRIDEヘビー級タイトルマッチが行われるはずだったが、ヒョードルの負傷欠場により、ノゲイラ vs. ダン・ヘンダーソンというリングスでのリベンジマッチが組まれ、ノゲイラが一本勝ちした。PRIDE.24 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷太助

    熊谷太助から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2013年12月には「ジャイアントキリング3〜スポーツマン腕相撲世界一決定戦〜」を制作。晦日の夜の5時間半を腕相撲企画だけで構成し、世界各国の腕力自慢トップアスリート32名によるワンデートーナメントを生放送した。特に現役横綱である白鵬と元PRIDE世界王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの対決は格闘技ファンから反響を得た。その他にも、ロンドン五輪ンマー投げ金メダリスト クリスティアン・パルシュVS大相撲・遠藤聖大の対決や、山本KID徳郁VS亀田興毅の対決など、ドリームマッチが実現した。またこの番組がPRIDEを手がけた佐藤大輔 (映像作家)の、フジテレビ番組の演出復帰作第一弾となった。熊谷太助 フレッシュアイペディアより)

  • 島田ゆかり

    島田ゆかりから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    特技は、ダンス、極真空手(初段)、新体操、イラスト描画、バレエ。趣味は、ミッフィー&アンパンマン収集、格闘技観戦。好きな格闘家はエメリヤーエンコ・ヒョードルとミルコ・クロコップ。島田ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • Eurasia Fight Nights

    Eurasia Fight Nightsから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2016年5月、元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと契約した。Eurasia Fight Nights フレッシュアイペディアより)

  • チェ・ムベ

    チェ・ムベから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    グレコローマンレスリング出身であり、PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルとのスパーリングにおいてヒョードルを本気にさせたというエピソードにより、2004年2月15日のPRIDE 武士道 -其の弐-においてデビューを果たした。チェ・ムベ フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード