107件中 51 - 60件表示
  • 腕立て伏せ

    腕立て伏せから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    総合格闘家のエメリヤーエンコ・ヒョードルもウエイトトレーニングをせず、懸垂や腕立て伏せなどの自重を使うトレーニングを積極的に行っている。腕立て伏せ フレッシュアイペディアより)

  • 小斎武志

    小斎武志から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    1998年1月24日、ロシア国際柔道の100kg級に出場し、3位入賞。準々決勝では日本デビュー前のエメリヤーエンコ・ヒョードルに一本勝ち。のちに「ヒョードルを倒した男」と呼ばれることとなった。小斎武志 フレッシュアイペディアより)

  • 流血の魔術 最強の演技

    流血の魔術 最強の演技から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    プロレスファンに与えた影響について井上譲二は、「おそらく、あの本を読むまでプロレスは真剣勝負であると思っていたファンは想像以上に多かったと思う。読まずとも知っていたという内容なら、あんなに反響があるはずがばない」と述べている。一方、高橋は2010年発行の『流血の魔術 第2幕』の中で、本書出版後、プロレスファンから「プロレスのいい加減さが好きだったのに」と本書を「悪魔の書」呼ばわりされたことがあったと明かした上で、「プロレスのいい加減さが好きといったマニアックなファン」について、「プロレスを馬鹿にしているように思えてならない」、「そうした人たちは極めて少数なコアな層に過ぎないので、そこだけを気にしていれば、方向性を見失ってしまうのだ。プロレス団体やマスコミが、コアな層にばかり目を向けがちになっているのは以前からのことだが、その部分を見直さなければプロレスに未来はない」と批判している。さらに高橋は、『プロレス「悪夢の10年」を問う』(宝島社、2008年)がファン歴10年以上の男性ファンに行ったアンケートで本書に対する感想を求めたところ、72%が「内容を知らないので特に感想はない」と回答した事実を挙げ、「プロレスファンが意外なほど読んでいないことに、かなり驚いた」と述べ、この結果から本書がプロレス衰退の後押しをしていたという懸念が払拭され安堵したと述べるとともに、本書が「もっと大きな影響力を持っていれば、私が望んでいたように、プロレスの新たな可能性を切り開いていく一助になったのではないかと、残念にも思われた」と述べている高橋は前述『プロレス「悪夢の10年」を問う』におけるアンケートの結果から、プロレスの人気が低迷した原因について「総合格闘技のリングでプロレスラーが負け続け幻滅した」とする意見(10.4%)が本書をはじめとする高橋の著書が原因とする意見(1.1%)よりもはるかに多いことを指摘し、K-1やPRIDEで「格闘家にあっさりと負けてしまったプロレスラーも責任は重い」、ルールがプロレスとは異なる大会に「出ていくべきではなかった」と述べている高橋は具体的に、ヒクソン・グレイシーに連敗した高田延彦、エメリヤーエンコ・ヒョードルやミルコ・クロコップに1分ほどで敗れた永田裕志の名を挙げており、とくにIWGPの連続防衛記録を作り、「新日本プロレスの顔的存在」となっていた永田が「無残な姿をさらした」事実は、プロレスにって大きな痛手になったと分析している。流血の魔術 最強の演技 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 男祭り 2005

    PRIDE 男祭り 2005から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルは、巨漢ズールに開始26秒KO勝ち。PRIDE 男祭り 2005 フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・アレキサンダー

    エメリヤーエンコ・アレキサンダーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルの実弟。兄(182cm)を大きく上回る巨体(198cm)に、高いボクシングテクニックと身体能力を併せ持つ。序盤からアグレッシブに攻め込むファイトスタイルで、KO率も高い。ヒョードルも「近い将来、サーシャ(アレキサンダーの愛称)が一番の脅威となるであろう」と話す。エメリヤーエンコ・アレキサンダー フレッシュアイペディアより)

  • ヒカルド・アローナ

    ヒカルド・アローナから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ADCCでの活躍により、日本の総合格闘技イベントリングスからオファーを受け、2000年4月20日にリングス初参戦。アンドレイ・コピィロフに判定勝ちを収めた。続く8月23日、ジェレミー・ホーンに判定勝ち。そして12月22日、KOK 2000予選ブロックでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。アローナは何度もマウントポジションを取ったが極めきれず、延長の末に判定負けを喫した。ヒカルド・アローナ フレッシュアイペディアより)

  • レナート・ババル

    レナート・ババルから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2001年6月15日、リングス・ヘビー級王座決定トーナメント1回戦で高阪剛に判定で勝利するが、8月11日のトーナメント準決勝でエメリヤーエンコ・ヒョードルに判定負け。この試合を最後にリングスを去った。レナート・ババル フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ヘイズマン

    クリストファー・ヘイズマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    リングス最後の興行となった2001年度の無差別級トーナメントでは決勝に進出。2002年2月15日の決勝ではエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し敗れたものの準優勝となった。クリストファー・ヘイズマン フレッシュアイペディアより)

  • リー・ハスデル

    リー・ハスデルから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2001年末 - リングス最後の興行である無差別級トーナメントに出場。1回戦で跳び膝蹴りでKO勝利し2回戦進出。当時リングス・ロシアに所属していたエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、ネックロックで敗北。リー・ハスデル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ホフマン

    ボビー・ホフマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2001年4月20日、リングス・ヘビー級王座決定トーナメント1回戦で柳澤龍志に判定勝ち。8月11日、準決勝でイリューヒン・ミーシャにTKO勝ちするも左肩を脱臼し、エメリヤーエンコ・ヒョードルとの決勝を棄権、準優勝となった。ボビー・ホフマン フレッシュアイペディアより)

107件中 51 - 60件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード