107件中 61 - 70件表示
  • 柳澤龍志

    柳澤龍志から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    1993年5月のパンクラス設立当初からのメンバーであったが、2000年6月にパンクラスを離脱。前田憲作主宰のチームドラゴンへ移籍して、総合格闘技ではリングス、打撃格闘技ではK-1を主戦場に移した。パンクラスではセーム・シュルト、リングスではエメリヤーエンコ・ヒョードル、K-1ではミルコ・クロコップ、キックボクシングではビタリ・クリチコ(後のボクシングWBC世界ヘビー級王者)といった選手との対戦経験を持つ。柳澤龍志 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ジョーンズ

    ジョン・ジョーンズから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    尊敬する人物にはエメリヤーエンコ・ヒョードル、モハメド・アリ、同じくUFCの王者であるアンデウソン・シウバを挙げている。ジョン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・スポーン

    タイロン・スポーンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    「King of The Ring(リングの王)」の異名を持ち、かつてキックボクシングのスーパーミドル級では最強と称され、ライトヘビー級、クルーザー級、ヘビー級でも世界トップクラスの実力を誇る。16歳でプロデビューして以来、驚異的な戦績と勝率を誇り、勝った試合のKO率は約70%前後と高い。ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、レミー・ボンヤスキーら歴代K-1 WORLD GP王者達から才能と実力を認められている実力者であり、ヨーロッパでは高い人気を誇る。また、ミルコ・クロコップとの決戦を控えたエメリヤーエンコ・ヒョードルの練習パートナーを務めたことがある。現在はK-1ヘビー級を主戦場としている。憧れの選手としてホーストを挙げており、そのホーストの誘いで2009年5月頃から指導を受けている。下の階級からヘビー級まで上げてきたことやテクニシャンタイプ、スリナム系であるなど共通点も多いため、自他共に認める「ホースト2世」である。ただし、ホーストは「彼はホースト2世ではなくスポーン1世だ。彼は彼だし、私はそういうのは好まない」と語っている。タイロン・スポーン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴川真一

    鈴川真一から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2012年3月25日放送、「USC 〜史上最大ガチ相撲トーナメント 2012 春〜」では、一回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルを破り、決勝では元小結・孝乃富士こと安田忠夫を破り優勝した、取組後には「今度は曙とやりたい」と語っている。鈴川真一 フレッシュアイペディアより)

  • パンチング

    パンチングから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDE等で活躍したイゴール・ボブチャンチンが開発した技。打ち出す瞬間に、深く前に屈み、手の甲の部分を顔面に打ち付ける技である。これはボブチャンチンがロシア人(正確にはウクライナ人)であるためにこう呼ばれており、かつては「タックルに入られないパンチ」とも言われ、同じくロシア人(こちらも正確にはウクライナ人)であるエメリヤーエンコ・ヒョードルも使用する。ただ、プロレスではあまり使用されない。パンチング フレッシュアイペディアより)

  • 玉海力剛

    玉海力剛から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    PRIDEのエメリヤーエンコ・ヒョードルの試合をテレビで見て、ヒョードルとの対戦を夢見てトレーニングを開始。吉田秀彦を師と仰ぎ吉田道場でトレーニングを積み、大相撲時代の144kgから100kg台に体重を絞り込んだ。玉海力剛 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルとミルコ・クロコップによるPRIDEヘビー級タイトルマッチがヒョードルの怪我により流れ、本大会のセミファイナルでミルコとアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのヘビー級暫定王者決定戦が組まれた。当時総合格闘技無敗のミルコがノゲイラを1Rから圧倒するも、耐えたノゲイラが2Rで逆転勝ちし、暫定王座を獲得した。PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND

    PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUNDから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メインイベントとなった2回戦最終試合のエメリヤーエンコ・ヒョードル対ケビン・ランデルマンは、ランデルマンが垂直落下バックドロップを放つもののヒョードルはリバーサルし、チキンウィングアームロックで勝利。小川直也はジャイアント・シルバにKO勝ち。また、セルゲイ・ハリトーノフ対セーム・シュルトは、マウントポジションのハリトーノフがシュルトの顔面を殴り続けTKO勝利を挙げるが、この試合は地上波放送ではほとんどカットされた。PRIDE GRANDPRIX 2004 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    セミファイナルでエメリヤーエンコ・ヒョードルとミルコ・クロコップのPRIDEヘビー級タイトルマッチが実現。ヒョードルが前に圧力をかけ、ミルコに自分の試合をさせずに判定勝ちし、2度目の王座防衛に成功した。PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦

    PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ヘビー級グランプリ準決勝第1試合ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがセルゲイ・ハリトーノフに判定で勝利。準決勝第2試合では小川直也とエメリヤーエンコ・ヒョードルが対戦するが、小川はヒョードルに手も足も出ず一本負け。決勝のヒョードル対ノゲイラは偶発的なバッティングにより無効試合となり、決着はPRIDE 男祭り 2004に持ち越しとなった。PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦 フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード