107件中 71 - 80件表示
  • ティム・シルビア

    ティム・シルビアから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2008年2月2日に開かれたUFC 81のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1Rではパンチでダウンを奪うが、3Rにフロントチョークで一本負け。敗れたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同年7月19日には、Affliction旗揚げ大会「Affliction: Banned」において、WAMMA世界ヘビー級王座決定戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パンチでダウンを奪われ、チョークスリーパーにより1ラウンド36秒で一本負けを喫した。ティム・シルビア フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックの聖火リレー

    北京オリンピックの聖火リレーから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    4月5日サンクトペテルブルクの聖火リレー。コースは、ヴィクトリー地区からパレス地区まで。20kmのコースを80人で走った。リレー参加者は、オリンピック金メダリストのLyubov Yegorova (クロスカントリー), Viktor Zhdanovich (フェンシング), ウラジミール・サルニコフ, アレクサンドル・ポポフ, Sergey Kopliakov, Andrey Krylov (水泳), アレクサンドル・ディチャーチン (体操競技), タチアナ・カザンキナ (陸上競技), Anatoly Alyabyev (バイアスロン), エフゲニー・プルシェンコ, タチアナ・トトミアニナ, マキシム・マリニン, アントン・シハルリドゼ, アレクセイ・ウルマノフ, オクサナ・カザコワ, アルトゥール・ドミトリエフ, オレグ・ワシリエフ (フィギュアスケート), Svetlana Zhurova (スピードスケート)。他にも、フィギュアスケートの監督タマラ・モスクビナ、総合格闘技のエメリヤーエンコ・ヒョードル、極地探検家のRobert Swan、Artur Chilingarov、宇宙飛行士のワレンチナ・テレシコワ、女優のAlisa Freindlich、サッカー選手のアンドレイ・アルシャヴィンが走った。北京オリンピックの聖火リレー フレッシュアイペディアより)

  • INOKI BOM-BA-YE 2003

    INOKI BOM-BA-YE 2003から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大晦日に3つの格闘技イベントが開催されることから、選手の争奪戦も生じ、PRIDEの王者だったエメリヤーエンコ・ヒョードルを出場させようとしたことで、当時PRIDEに参戦していたセーム・シュルトの出場を認めていたPRIDEとの関係が悪化。K-1からはマイケル・マクドナルドが派遣されたと言われるものの、主力選手を抱え込まれ、目玉となるはずだったミルコ・クロコップは欠場。開催直前になってもカードが決まらなかった。INOKI BOM-BA-YE 2003 フレッシュアイペディアより)

  • マット・リンドランド

    マット・リンドランドから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年4月14日、ロシア・サンクトペテルブルクで開催されたBodogFightにて、PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、アームバーで一本負け。マット・リンドランド フレッシュアイペディアより)

  • ヒース・ヒーリング

    ヒース・ヒーリングから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    その後はイゴール・ボブチャンチンには判定で勝利を収めるものの、エメリヤーエンコ・ヒョードルにはパウンドでドクターストップに追い込まれ、ミルコ・クロコップ戦ではミドルキックからのパウンドでTKO負けを喫するなど、ヘビー級の3強(ヒョードル、ノゲイラ、ミルコ)に差をつけられる状況に追い込まれた。ヒース・ヒーリング フレッシュアイペディアより)

  • kamipro

    kamiproから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    kamipro Special 2010 AUGUST 「ヒョードルよ、(Strikeforceでの完敗なんて)ウソだろ…」kamipro フレッシュアイペディアより)

  • BodogFight

    BodogFightから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年4月14日には、ロシア・サンクトペテルブルク大会を開催。PRIDEヘビー級王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦を実現し、メーンで、ヒョードルvsマット・リンドランドが行われた。この大会は、ロシアの当時大統領ウラジーミル・プーチン、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニなど政治家の観戦が目立った。BodogFight フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    9月28日 - エメリヤーエンコ・ヒョードル(ウクライナ、格闘家)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • フョードル

    フョードルから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    フョードル・エメリヤーネンコ(エメリヤーエンコ・ヒョードル) - ロシアの総合格闘家。フョードル フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND

    PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルの負傷欠場により、ヴァンダレイ・シウバがミドル級代表として急遽参戦し、ヘビー級の藤田和之と対戦。持ち前のラッシングファイトでKO勝ちを収めた。PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード