107件中 81 - 90件表示
  • アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2003年3月16日、PRIDE.25でエメリヤーエンコ・ヒョードルとの初防衛戦に挑んだが、ノゲイラの寝技を研究し尽くしたヒョードルの戦略と強烈なパウンドの前になす術がなく、判定で敗れ王座陥落。8月10日、PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦のワンマッチで元UFC世界ヘビー級王者リコ・ロドリゲスと対戦。判定により勝利を収めたが、PRIDEとUFCの判定基準の相違により物議を醸す結果となった。後に英語版公式サイトにて判定に関する説明が行われた。11月9日、ヒョードルの怪我によるミルコ・クロコップとのヘビー級暫定王座をかけた一戦では、テイクダウンを奪えずスタンドで劣勢に立ち、1R終了間際には左ハイキックでダウン、かろうじてゴングに救われた。2Rは開始早々テイクダウンからマウントを奪い、ミルコのブリッジに合わせて腕ひしぎ十字固めを極め、会場が総立ちとなる劇的な逆転勝利を飾った。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・モンソン

    ジェフ・モンソンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2011年11月20日、M-1 Globalでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、0-3の判定負けを喫した。ジェフ・モンソン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・シウバ

    アントニオ・シウバから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2011年2月12日、「Strikeforce: Fedor vs. Silva」でのワールドグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、肩固めを極めかけるなど圧倒。終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップにより、大番狂わせのTKO勝ちを収めた。アントニオ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • Strikeforce

    Strikeforceから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年8月5日、日本の総合格闘技団体DREAMとの提携が発表され、以降は互いの団体に選手を派遣し合い、対抗戦を行っている。同月にはM-1グローバルと提携を結び、また総合格闘技のヘビー級世界最強と評価されているエメリヤーエンコ・ヒョードルとの契約を果たした。Strikeforce フレッシュアイペディアより)

  • 露鵬幸生

    露鵬幸生から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    露鵬 幸生(ろほう ゆきお、1980年3月9日 - )は、ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ウラジカフカス市出身で大嶽部屋(入門時は大鵬部屋)に所属していた元大相撲力士。本名は、ソスラン・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ(, サスラーン・フィエーリクサイチ・バラーヅァフ)。ロシア国籍のオセット人。最高位は東小結(2006年3月場所)。身長195cm、体重146kg。得意技は右四つ、寄り、上手投げ。趣味はロシア映画鑑賞と音楽鑑賞。好きな格闘家はエメリヤーエンコ・ヒョードル、愛称はソスラン、血液型はO型、星座は魚座。露鵬幸生 フレッシュアイペディアより)

  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    自身が主戦場としているK-1を愛し、誇りを持っているが故に過激な発言をすることも多い。2008年9月23日、総合格闘技イベントDREAMの大会、DREAM.6を観戦に訪れた際にリングに上がり「今日は抱き合ったりキスしたりするのしか見ていない(寝技で膠着状態になる場面が多かったことを揶揄してのコメント)」「誰でも、どこでも、いつでも挑戦を受ける!」と総合格闘技そのものを否定するような挑発的発言をし、更には観客に「本物の闘いが見たければK-1に来い」とコメントした。25日に行われたK-1 WORLD GP 2008 IN SEOUL FINAL16の記者会見でも「DREAMの試合はくだらない。何の競争心も感じなかった。」と発言した。後に雑誌のインタビューで「別に俺は総合格闘技そのものを否定してるわけじゃない。あのDREAM.6という大会だけがつまらなかっただけだ。だが、K-1の方が総合格闘技よりも面白くて本物の戦いだという意見は変わらない。それに現実としてMMAでも人気の高いファイターといったら、ミルコ・クロコップ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバといったストライカータイプの選手ばかりだ。グラップラータイプで人気がある選手なんてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラくらいしかいないじゃないか。MMAファイターの打撃よりも、打撃専門のK-1ファイターの方が優れてるんだから、MMAよりもK-1の方が皆が求める本物の戦いなのは当たり前だろう?」と語っている。また、「あの大会で唯一面白いと感じたのは所英男の試合だけだ。彼とは一緒に練習したことがあるし、俺は彼を友達だと思っている。あの大会でトコロは負けはしたが、負けを恐れずに積極的に動き続けていたことが素晴らしかった。一部のK-1ファイターや他の総合格闘家はトコロの姿勢を見習うべきだ」とコメントしている。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・クートゥア

    ランディ・クートゥアから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年10月11日、2試合の契約を残したままUFCからの離脱および世界ヘビー級王座の返上を表明(実際には王座の返上・剥奪は行われなかった)。これに関してクートゥアは、PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルがUFCとの契約が成立せず対戦が実現しなかったこと、ギャラへの不満等を理由に挙げている。前後して、ユニバーサル映画「スコーピオン・キング2」へ主演し、南アフリカで撮影を行った。ランディ・クートゥア フレッシュアイペディアより)

  • チェ・ホンマン

    チェ・ホンマンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年12月31日、やれんのか! 大晦日! 2007でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。チェ・ホンマン フレッシュアイペディアより)

  • Over Drive (漫画)

    Over Drive (漫画)から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    ミコト=ミルコ・クロコップ 遥輔=西島洋介山 寺尾=寺尾常史 兵藤=エメリヤーエンコ・ヒョードルなど。実在の人物からではないが、大和は『愛の戦士レインボーマン』の主人公、ヤマトタケシをもじっている。Over Drive (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=クロード・ヴァン・ダム

    ジャン=クロード・ヴァン・ダムから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2007年4月、ヴァンダムはサンクトペテルブルクを訪れ、総合格闘技大会BodogFightをウラジミール・プーチン、シルヴィオ・ベルルスコーニらと観戦、エメリヤーエンコ・ヒョードルに映画出演を依頼した。ジャン=クロード・ヴァン・ダム フレッシュアイペディアより)

107件中 81 - 90件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード