121件中 81 - 90件表示
  • 青木真也

    青木真也から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年4月29日、「DEEP M-1 CHALLENGE 3rd EDITION in JAPAN」でエメリヤーエンコ・ヒョードルとサンボ衣着用・打撃ありのスーパーエキシビションファイトを行なった。お互いに見せ場を作った後、終了間際に青木がヒョードルのアキレス腱固めにタップアウト。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーリー・グッドリッジ

    ゲーリー・グッドリッジから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2003年に開催した 『PRIDE GRANDPRIX 2003』では開幕戦、決勝戦ともに第1試合のワンマッチに出場。8月10日の開幕戦ではエメリヤーエンコ・ヒョードルにTKO負け。しかし11月9日の決勝戦ではPRIDE初参戦のダン・ボビッシュにKO勝ちし、番人の面目躍如を果たした。ゲーリー・グッドリッジ フレッシュアイペディアより)

  • ディオ (歌手)

    ディオ (歌手)から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    メンバーの中で初めて演技のオファーを受けた。練習生時代に受けた共通教育課程の演技の授業を除き、専門的に演技を学んだ経歴はない。自身をからかったりするメンバーを柔術で懲らしめることから異種格闘技選手ヒョードルにちなんで「デョードル」、黒目が小さく白目部分が大きいことから「結膜セレブ」というニックネームがつけられた。趣味特技は歌詞解釈と歌うこと、ビートボックス。ロールモデルは作曲家ユ・ヨンジン、好みの音楽はR&Bとポップス。クリス・ブラウンやジャスティン・ビーバーをよく聴く。好きな食べ物はスパゲッティ、好きな色は黒、好きな映画はファンタジー映画、おとなしい性格、鼻歌を歌う癖があり、座右の銘は「一等」。BTOBのヒョンシクとは学生時代から親交がある。ドラマ『大丈夫、愛だ』で共演した俳優チョ・インソン、イ・グァンスとも親しい。ディオ (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・マルドナド

    ファビオ・マルドナドから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2016年6月17日、EFN初参戦となったEFN 50のメインイベントでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1Rダウンを奪いKO寸前まで追い詰めるも2、3Rやや巻き返され2-0の判定負け。試合後判定を不服としてロシアMMA連盟と世界MMA協会に提訴したものの裁定は覆らなかった 。ファビオ・マルドナド フレッシュアイペディアより)

  • THE MOMOTAROH

    THE MOMOTAROHから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    トーナメント準決勝の相手。モデルはエメリヤーエンコ・ヒョードル(名前は横山エンタツ・花菱アチャコから)。THE MOMOTAROH フレッシュアイペディアより)

  • マット・ミトリオン

    マット・ミトリオンから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2017年6月24日、Bellator NYCでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、ダブルノックダウンからのパウンドでTKO勝利を収めた。マット・ミトリオン フレッシュアイペディアより)

  • INOKI BOM-BA-YE 2003

    INOKI BOM-BA-YE 2003から見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    大晦日に3つの格闘技イベントが開催されることから選手の争奪戦も生じ、PRIDEの王者だったエメリヤーエンコ・ヒョードルを出場させようとしたことで、当時PRIDEに参戦していたセーム・シュルトの出場を認めていたPRIDEとの関係が悪化した。K-1からはマイケル・マクドナルドが派遣されたと言われるものの主力選手を抱え込まれ、目玉となるはずだったミルコ・クロコップも欠場が決まり、開催直前になってもカードが決まらなかった。INOKI BOM-BA-YE 2003 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・シウバ

    アントニオ・シウバから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2011年2月12日、Strikeforce: Fedor vs. Silvaのワールドグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、肩固めを極めかけるなど圧倒。終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップによりTKO勝ちを収めた。アントニオ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ケイン・ヴェラスケス

    ケイン・ヴェラスケスから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    尊敬する人物としてエメリヤーエンコ・ヒョードルを挙げており「ヒョードルは自分がこのMMAというスポーツを見始めてから常に『ザ・ベスト』のファイターなんだ。ヘビー級で体格差を克服しトップの座に君臨し続けた。ファイターとしても人間としても尊敬している。技術面でもグラウンドでの腰の動かし方などは大いに参考にさせてもらってるよ」と語っている。2015年には、ヒョードルとの面会を果たした。ケイン・ヴェラスケス フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ハント

    マーク・ハントから見たエメリヤーエンコ・ヒョードルエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2006年12月31日、『PRIDE 男祭り 2006』でエメリヤーエンコ・ヒョードルとPRIDEヘビー級タイトルマッチで対戦。ヒョードルから上のポジションを取りアームロックをしかけるなどグラウンドでヒョードルを支配し続けたが、最後はチキンウィングアームロックで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。マーク・ハント フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード