149件中 41 - 50件表示
  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たジェフ・モンソン

    2011年11月20日、母国ロシアで開催されたM-1 Global: Fedor vs. Monsonでジェフ・モンソンと対戦し、判定勝ち。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たファブリシオ・ヴェウドゥム

    2010年6月26日、「Strikeforce: Fedor vs. Werdum」でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦。開始早々にヒョードルのフックがかすってファブリシオが寝技に誘うように後方に倒れこみ、追撃のパウンドを浴びせようとしたところで1R1分9秒腕ひしぎ三角固めを極められ、大番狂わせのタップアウト負け。2000年の高阪剛戦以来10年ぶりの敗戦であり、高阪戦が反則技による負傷でのTKO負けであるため、実質生涯初の敗戦となった。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たエギリウス・ヴァラビーチェス

    2003年3月16日、PRIDE.25にて、初代PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの持つタイトルに挑戦する。開始早々フックでノゲイラを吹き飛ばし、グラウンドではパウンドをまとめてダメージを与える。2R以降もテイクダウンからのパウンドで手堅くポイントを稼ぎ、3-0の判定によりノゲイラを下し、第2代PRIDEヘビー級王者となった。4月5日にはリトアニアでBUSHIDO-RINGSに参戦、エギリウス・ヴァラビーチェスに一本勝ちを収めた。同年6月8日のPRIDE.26ではノンタイトル戦で藤田和之と対戦し、直撃した藤田の右フックによってよろめくシーンを見せたが、やがて反撃、右フック・左ミドルキックを打ち込んでダウンを奪いチョークスリーパーで一本勝ち。ヒョードルは後年(2009年)のインタビューで『私に真っ当な打撃を与えたのはこれまでで藤田だけだよ。激しい打撃だったね。他の連中とは比較すらできない。』と回想している。同年8月10日の「PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦」ではゲーリー・グッドリッジと対戦し1R1分9秒でTKO勝ち。同年11月9日のPRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦はミルコ・クロコップとのタイトルマッチが行われる予定であったが、練習中に右手を骨折したため欠場し、ミルコ対ノゲイラの暫定王者決定戦が代わりに組まれた。この年の大晦日には3つのイベントによるヒョードル争奪戦が繰り広げられ、紆余曲折を経て最終的にイノキ・ボンバイエに出場、永田裕志に勝利した。なおこれに関連して、年末には弟アレキサンダーと共にロシアン・トップチームからレッドデビルに移籍している。後にヒョードルは、チーム代表であったウラジミール・パコージンとの確執があったことを述べている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た柳澤龍志

    2001年は4月6日にロシアでのミハイル・アポストロフ戦に勝利した後、ヘビー級王座決定トーナメントに出場する。4月20日の1回戦ではケリー・ショールに勝利し8月11日の決勝大会に進出すると、準決勝ではトーナメント本命と目されていた レナート・ババルに判定勝利し、決勝では対戦相手のボビー・ホフマンが左肩脱臼のため棄権し不戦勝となり、初代リングス世界ヘビー級王者に就いた。その後10月20日には無差別級王座決定トーナメントにも出場、1回戦では柳澤龍志に、準決勝ではリー・ハスデルに勝利し、決勝戦に進出した。リングス最後の興行となった2002年2月15日の決勝戦ではクリストファー・ヘイズマンと対戦、2度のダウンとロープエスケープでポイントアウトに追い込み、リングス2冠を達成している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たケイン・ヴェラスケス

    UFCヘビー級のケイン・ヴェラスケスやシェイン・カーウィン、パウンド・フォー・パウンドと称されるジョルジュ・サンピエール、BJペンなどから憧れの対象とされており、格闘技の団体を問わず、多くのファイターから尊敬され、目標とされている人物である。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たケリー・ショール

    2001年は4月6日にロシアでのミハイル・アポストロフ戦に勝利した後、ヘビー級王座決定トーナメントに出場する。4月20日の1回戦ではケリー・ショールに勝利し8月11日の決勝大会に進出すると、準決勝ではトーナメント本命と目されていた レナート・ババルに判定勝利し、決勝では対戦相手のボビー・ホフマンが左肩脱臼のため棄権し不戦勝となり、初代リングス世界ヘビー級王者に就いた。その後10月20日には無差別級王座決定トーナメントにも出場、1回戦では柳澤龍志に、準決勝ではリー・ハスデルに勝利し、決勝戦に進出した。リングス最後の興行となった2002年2月15日の決勝戦ではクリストファー・ヘイズマンと対戦、2度のダウンとロープエスケープでポイントアウトに追い込み、リングス2冠を達成している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たゲガール・ムサシ

    同年8月28日、「M-1 Global Presents Breakthrough」でゲガール・ムサシと道着ありのエキシビションマッチを行い、腕ひしぎ十字固めでタップを奪った。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たエメリヤーエンコ・アレキサンダー

    2003年3月16日、PRIDE.25にて、初代PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの持つタイトルに挑戦する。開始早々フックでノゲイラを吹き飛ばし、グラウンドではパウンドをまとめてダメージを与える。2R以降もテイクダウンからのパウンドで手堅くポイントを稼ぎ、3-0の判定によりノゲイラを下し、第2代PRIDEヘビー級王者となった。4月5日にはリトアニアでBUSHIDO-RINGSに参戦、エギリウス・ヴァラビーチェスに一本勝ちを収めた。同年6月8日のPRIDE.26ではノンタイトル戦で藤田和之と対戦し、直撃した藤田の右フックによってよろめくシーンを見せたが、やがて反撃、右フック・左ミドルキックを打ち込んでダウンを奪いチョークスリーパーで一本勝ち。ヒョードルは後年(2009年)のインタビューで『私に真っ当な打撃を与えたのはこれまでで藤田だけだよ。激しい打撃だったね。他の連中とは比較すらできない。』と回想している。同年8月10日の「PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦」ではゲーリー・グッドリッジと対戦し1R1分9秒でTKO勝ち。同年11月9日のPRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦はミルコ・クロコップとのタイトルマッチが行われる予定であったが、練習中に右手を骨折したため欠場し、ミルコ対ノゲイラの暫定王者決定戦が代わりに組まれた。この年の大晦日には3つのイベントによるヒョードル争奪戦が繰り広げられ、紆余曲折を経て最終的にイノキ・ボンバイエに出場、永田裕志に勝利した。なおこれに関連して、年末には弟アレキサンダーと共にロシアン・トップチームからレッドデビルに移籍している。後にヒョードルは、チーム代表であったウラジミール・パコージンとの確執があったことを述べている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たクリストファー・ヘイズマン

    2001年は4月6日にロシアでのミハイル・アポストロフ戦に勝利した後、ヘビー級王座決定トーナメントに出場する。4月20日の1回戦ではケリー・ショールに勝利し8月11日の決勝大会に進出すると、準決勝ではトーナメント本命と目されていた レナート・ババルに判定勝利し、決勝では対戦相手のボビー・ホフマンが左肩脱臼のため棄権し不戦勝となり、初代リングス世界ヘビー級王者に就いた。その後10月20日には無差別級王座決定トーナメントにも出場、1回戦では柳澤龍志に、準決勝ではリー・ハスデルに勝利し、決勝戦に進出した。リングス最後の興行となった2002年2月15日の決勝戦ではクリストファー・ヘイズマンと対戦、2度のダウンとロープエスケープでポイントアウトに追い込み、リングス2冠を達成している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たレナート・ババル

    2001年は4月6日にロシアでのミハイル・アポストロフ戦に勝利した後、ヘビー級王座決定トーナメントに出場する。4月20日の1回戦ではケリー・ショールに勝利し8月11日の決勝大会に進出すると、準決勝ではトーナメント本命と目されていた レナート・ババルに判定勝利し、決勝では対戦相手のボビー・ホフマンが左肩脱臼のため棄権し不戦勝となり、初代リングス世界ヘビー級王者に就いた。その後10月20日には無差別級王座決定トーナメントにも出場、1回戦では柳澤龍志に、準決勝ではリー・ハスデルに勝利し、決勝戦に進出した。リングス最後の興行となった2002年2月15日の決勝戦ではクリストファー・ヘイズマンと対戦、2度のダウンとロープエスケープでポイントアウトに追い込み、リングス2冠を達成している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード