159件中 51 - 60件表示
  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たBJ・ペン

    UFCヘビー級のケイン・ヴェラスケスやシェイン・カーウィン、パウンド・フォー・パウンドと称されるジョルジュ・サンピエール、BJ・ペン、ジョン・ジョーンズなどから憧れの対象とされており、格闘技の団体を問わず、多くのファイターから尊敬され、目標とされている人物である。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たシング・心・ジャディブ

    2015年12月31日、3年6か月ぶりの復帰戦となったRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYSでシング・心・ジャディブと対戦し、マウントパンチでギブアップを奪いTKO勝ち。試合前に馳浩文部科学大臣から「ロシアと日本の交流、スポーツ振興に大きな貢献」を果たしたとして記念のチャンピオンベルトを贈られた。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見た小斎武志

    ヒョードルのバックボーンは国際大会でも結果を残してきたサンボ・柔道である。柔道でヒョードルとの対戦経験がある小斎武志はバックボーンである組技の力が発揮されていると評価し、「あんなに力が強いロシア人とやったのは初めて」だったと証言している。グラウンドでは安定感と決定力に秀でており、持ち前の瞬発力を生かしたサブミッションとスイープが得意である。さらに強力なパウンドで攻め立てる。対戦したアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラは「休んでいる時はじっとしていて、動く時は数発集中して打ってくる」と証言しており、また「左のパンチの方が強くて焦った」と述懐している。パウンドを打つ時のボディコントロールが上手く、下からの仕掛けをことごとく制することが出来る。当然そのパンチはスタンディングの状態でも発揮され、彼のフックはイゴール・ボブチャンチンのロシアン・フックに似た軌道を描いているという。この強力なパンチを武器に幾多の試合で勝利を収めて来たものの、その威力故に拳への負担が大きく、慢性的な拳の怪我に苦しむこととなった。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たペドロ・ヒーゾ

    2012年6月21日、ロシアで開催されたM-1 Globalでペドロ・ヒーゾと対戦し、パウンドで失神KO勝ち。試合後の会見で引退を表明した。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たシェイン・カーウィン

    UFCヘビー級のケイン・ヴェラスケスやシェイン・カーウィン、パウンド・フォー・パウンドと称されるジョルジュ・サンピエール、BJ・ペン、ジョン・ジョーンズなどから憧れの対象とされており、格闘技の団体を問わず、多くのファイターから尊敬され、目標とされている人物である。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たズルジーニョ

    2005年4月3日、PRIDE 武士道 -其の六-でプロで唯一の敗北を喫した高阪剛と4年半振りの再戦を果たした。試合前に高阪は「(ヒョードルには)穴が一杯ある」と語っていたものの、試合ではテイクダウンからのパウンドでヒョードルが優勢に立ち、1ラウンド終了時にドクターストップによるTKOでリベンジを果たした。6月にはロシアのクストヴォで開かれた全ロシアコンバットサンボ選手権に出場し、100kg超級で優勝する。同年8月28日には「PRIDE GRANDPRIX 2005 決勝戦」にて2年越しにミルコ・クロコップとのタイトルマッチが実現。試合はヒョードルは打撃で圧力をかけ続け、ミルコはバックステップでリングを回りながらの打撃で応戦するという形となった。1ラウンド前半にミルコの打撃に押される場面もあったが、それ以外は打撃で攻め立て、投げや足払いからのテイクダウン・ポジショニングでも制し判定勝ちを収め、2度目の王座防衛に成功した。大晦日に出場した「PRIDE 男祭り 2005」ではズールと対戦。パンチでダウンを奪い、パウンドの連打により1ラウンド開始26秒でタップアウト勝ち。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たアレクサンドル・ミハイリン

    1976年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ルハンシク州ルビージュネにて。姉1人、弟2人の4人兄弟であった。2歳の時に家族とともにロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ベルゴロド州スタールイ・オスコルに移住し、11歳になってサンボ・柔道を始めた。1991年に高校を卒業、1994年には専門学校を卒業する。1995年から1997年まではロシア陸軍の消防隊と戦車軍に入隊し、曹長で兵役を終える。その後は柔道・サンボ両方の大会で活躍した(詳細はを参照)。当時は後に世界柔道選手権を制するアレクサンドル・ミハイリンとはライバル関係にあるなどヨーロッパではトップクラスの実力を有していたものの、国からの補助金が出なくなったため柔道を続けるには経済的な問題が生じていた。ヒョードルは「国の支援が続いていれば柔道を辞めずにオリンピックを目指していたかもしれない」と語っている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たヴォルク・ハン

    2000年初頭にニコライ・ピチコフの誘いでヴォルク・ハン率いるリングス・ロシア(現ロシアン・トップチーム)を見学し総合格闘技に興味を持ち、ヒョードルはこのジムで練習を始めた(このときよりボクシングの練習を開始している)。また来日のための新人オーディションに参加し、前田日明からバラチンスキー・スレンに次ぐ評価を受け日本大会への出場が決まった。同年5月にはリングスで総合格闘技デビュー。9月5日には初来日を果たし高田浩也と対戦、開始12秒で左右のフックによるKO勝利を収めている。同年12月22日、「KING of KINGSトーナメント」のBブロック1回戦でヒカルド・アローナに延長の末、3-0の判定勝ち。同日に行われた2回戦では高阪剛と対戦するも、出会い頭に目尻をカットし、ドクターストップによるTKO負けとなった。なお、このカットはフックをかわした後の反則である肘が当たったためである。高阪自身はのちにこの試合を振り返り、アクシデントだったと発言している。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たジェフ・モンソン

    2011年11月20日、母国ロシアで開催されたM-1 Globalでジェフ・モンソンと対戦し、判定勝ち。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たエギリウス・ヴァラビーチェス

    2003年3月16日、PRIDE.25にて、初代PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの持つタイトルに挑戦する。開始早々フックでノゲイラを吹き飛ばし、グラウンドではパウンドをまとめてダメージを与える。2R以降もテイクダウンからのパウンドで手堅くポイントを稼ぎ、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。4月5日にはリトアニアでBUSHIDO-RINGSに参戦、エギリウス・ヴァラビーチェスに一本勝ちを収めた。同年6月8日のPRIDE.26ではノンタイトル戦で藤田和之と対戦し、直撃した藤田の右フックによってよろめくシーンを見せたが、やがて反撃、右フック・左ミドルキックを打ち込んでダウンを奪いチョークスリーパーで一本勝ち。ヒョードルは後年(2009年)のインタビューで『私に真っ当な打撃を与えたのはこれまでで藤田だけだよ。激しい打撃だったね。他の連中とは比較すらできない。』と回想している。同年8月10日の「PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦」ではゲーリー・グッドリッジと対戦し1R1分9秒でTKO勝ち。同年11月9日のPRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦はミルコ・クロコップとのタイトルマッチが行われる予定であったが、練習中に右手を骨折したため欠場し、ミルコ対ノゲイラの暫定王者決定戦が代わりに組まれた。この年の大晦日には3つのイベントによるヒョードル争奪戦が繰り広げられ、紆余曲折を経て最終的にイノキ・ボンバイエに出場、永田裕志に勝利した。なおこれに関連して、年末には弟アレキサンダーと共にロシアン・トップチームからレッドデビルに移籍している。後にヒョードルは、チーム代表であったウラジミール・パコージンとの確執があったことを述べている。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

159件中 51 - 60件表示

「エメリヤーエンコ・ヒョードル」のニューストピックワード